お役立ち情報 ダイエット、健康、美容 ブログ、Web、ガジェット

IQOS、glo、PloomTECH 比較 ~ 加熱式たばこはどれが良い?

タバコを吸われる方なら誰もが「加熱式たばこ」をご存じかと思います。

私は、IQOUが日本で発売された直後から「加熱式たばこ」にしています。

「加熱式たばこ」にしてからは普通の紙巻たばこを吸うことはありません。

ちなみに加熱式たばこの普及率について厚生労働省の調査結果がありましたので引用しておきます。



加熱式たばこの普及率

加熱式たばこ、男性喫煙者の3割利用 厚労省が初調査

たばこを習慣的に吸う人のうち、加熱式たばこの利用者は男性が30.6%、女性が23.6%に上ることが14日、厚生労働省の2018年国民健康・栄養調査で分かった。紙巻きたばこを含めた喫煙率は減少傾向が続いているものの、18年は前年調査から0.1ポイント増の17.8%だった。厚労省健康課は加熱式普及の影響を含め「要因分析をしていない」としている。

政府は22年度までに喫煙率を12%にする目標を掲げている。受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が20年4月に全面施行されることから、同課は「目標達成にむけ、引き続き施策を検討したい」と話している。

調査は18年11月に実施。喫煙率は男性が29.0%(前年比0.4ポイント減)、女性が8.1%(同0.9ポイント増)だった。

これまで喫煙率は紙巻きと加熱式を区別しておらず、加熱式の普及実態は不明だったが、今回から喫煙方法を尋ねた。

その結果、喫煙者のうち「加熱式のみ」は男性22.1%、女性14.8%、「紙巻きと加熱式」の併用は男性8.5%、女性8.8%。「紙巻きのみ」は男性68.1%、女性76.1%だった。男女とも20~40代で加熱式の利用者が多く、男性は20、30代で5割を超えた。

引用元:2020年1月14日 日本経済新聞オンライン

こちらの調査は2018年のものですが、今では加熱式たばこの普及率がもう少しあがっていると思います。

若い人ほど加熱式たばこが普及しているというのは興味深いことです。

いまの若者は健康志向が強いのですね。

 

「加熱式たばこ」は物足りない?

私が「加熱式たばこ」を使い始めたころ、日本ではまだIQOSしか発売されておらず選択肢はありませんでした。

会社の同僚がIQOSを使用しているのを見て、年齢的なことを考えたときに少しでも健康被害が少ないほうが良いかなと思い購入を決断しました。

当時は購入の方法も面倒で、IQOSの公式サイトから購入の申し込みをし、QRコードを発行してもらったうえで販売店(コンビニなど)に購入しに行くのですが、売り切れのお店が続出していました。

何とかIQOS本体を購入しましたが、本体が確か9,800円でインターネット予約をすると3割引き?になっていた気がします。

IQOS本体とスティック(タバコの部分)を購入し吸ってみましたが・・・物足りないw

「こりゃ煙草とは別物だな・・・。」

通常のフレーバーでは刺激が物足りないので、次にスティックをメンソールにしてみました。

すると刺激的にはかなり良い感じ。

しかし、メンソールを吸いなれていない私にとってはメンソールが少し強すぎる。

結果的には、少しメンソールが軽い「ミント」に落ち着きました。

 

始めの数日は「紙巻きたばこ」が欲しいと思うこともありましたが、10日ほどで慣れてIQOSだけで十分になりました。

IQOSに慣れたある日、夜に飲んでいるときにIQOSの充電を切らしてしまったので、友人から紙巻きたばこをもらって吸ってみました。

「紙巻きたばこマズいな。煙いし。いままでこんなマズいもの吸っていたんだ。」

しばらくIQOSにしていたことで、「紙巻きたばこ」の匂いや煙を不快に感じるようになっていたのです。

IQOS から gloに変更

その後3~4年はIQOSを利用していましたが、不満がないわけではありませんでした。

その不満は

・当時のIQOSは続けて吸えなかった。普段は良いのですが飲酒の席では続けて吸いたくなるのです。

・本体が高い。当時のIQOS本体の価格は少し高いなと感じていました。2年間の補償がついていて、期間内に1度は本体を交換してもらえるのですが、充電が切れた時のために複数台持ち歩くには少し高いと感じていました。

その時にブリティッシュ・アメリカン・タバコから「glo(グロー)」が発売されていて興味がありました。

価格は確か3,000円足らずで、コンビニですぐに買えるので、IQOS本体が故障したタイミングでgloに変えました。

スティックの特性なのか、グローのほうがタバコの味が濃い感じがしました。

しかし、すぐに慣れましたし、続けて吸えることと本体が安いので、今ではグロー本体を2台持ち歩いています。

なお、公式サイトのオンラインショップでglo本体を購入すると480円+送料570円で購入できます。しかも、480円のスティック・サンプルが1個付属するということで大変お得です。

gloの本体補償内容は、2年間の補償がついていて、期間内に1度は本体を交換してもらえるというものでIQOSとほぼ一緒だと思います。

ちなみに、私はIQOSにして煙草の本数が減っていたのですが、続けて吸えるgloにしてからは本数が増えてしまいました

 

ひとつお断りしておきますが、ploom TECHについては「タバコカプセル」というのが馴染めなくて、試してみたことはありません。

加熱式たばこのメリット

・ニコチンは吸引するがタールが大幅にカットされる。

各社の公式サイトではタールのほとんどがカットされ吸引しないと書いてあります。病院などで、肺がタールで真っ黒になったポスターを見たことがある人もいると思いますが、あれがタール(やに)です。

煙草を吸う人の部屋の壁紙が茶色くなるのもタールの仕業です。部屋がタバコ臭いというのも殆どがタールの仕業です。歯にヤニがつくというのもタールの仕業なのです。

副流煙による受動喫煙被害もほとんどタールの仕業だと思います。

 

・部屋や口がタバコ臭くならない。

煙草を吸わない人にとっては「加熱式たばこ」は、普通のタバコとは違うが匂いはあると言われます。しかし、通常のたばこのように煙が出るわけではないので、タールが部屋の壁についたり、歯に付着したりするものでは無いのです。

・灰が落ちない。

「加熱式たばこ」は煙草の葉や、巻いてある紙を燃焼させるわけではないので灰が落ちません。なので、車や部屋を汚すということがありません。

・吸殻をゴミ箱に捨てることができる。

「加熱式たばこ」は燃焼しないので、吸い終わった吸殻をゴミ箱に捨てても火事の心配がありません。ちなみに、私は、外出先や車の中で吸った吸殻を反対に向けて煙草の箱に戻しています。

 

加熱式たばこのデメリット

通常の煙草と比べた時のデメリットは、ライターの代わりに本体を持ち歩かなけれならないことと、本体のコスト、充電の手間位でしょうか?

しかし、加熱式たばこでも、ニコチンを摂取していることに変わりないので健康被害が無くなるわけではないということを認識する必要があります。

 

つづいて、いま日本で普及している加熱式たばこについて説明しておきましょう。

 

IQOS(アイコス) 販売元:フィリップ・モリス

デバイス

IQOS 3 DUO

ホルダーとポケットチャージャーからなる従来からある方式のデバイス。

IQOS 3 DUOでは従来のものと異なり2本連続で吸うことができるようになりました。

また、ホルダーの充電時間も短縮されているようです。

チャージャーにフル充電した状態で、スティック約20本分を吸うことができます。

価格:6,980円(税込・公式オンラインショップ価格)

 

IQOS 3 MULTI

グローと同じオールインワン型のデバイスで重さは約50g。

1回の充電で10本連続で使用可能。

価格:4,980円(税込・公式オンラインショップ価格)

 

スティックの種類

銘柄 本数 価格
マールボロ 20本 550円(税込)
マールボロ・ディメンション 20本 560円(税込)
ヒーツ 20本 500円(税込)

 

特徴

月々490円(税込・年間契約)~ の定額プランがあります。

定額プランは自損でも年間3回まで製品交換ができ、ポイントやアクセサリーなどの特典もあります。

また、14日間の無料お試しプランもありますので試してみるのも良いかも知れません。

詳細:IQOS公式サイト

 

glo(グロー) 発売元:ブリティッシュ・アメリカン・タバコ

デバイス

glo HYPER +

glo発売当初からの一体型デバイス。

通常モードと、より吸いごたえがあるブーストモードが選べます。

一回のフル充電で約20本のスティックを使うことができます。

価格:3,980円(税込・コンビニ価格)

価格:480円(税込・公式オンラインショップ価格)

 

glo nano

スリムさが特徴のnanoは、他のデバイスに比べると61gと軽量。

一回のフル充電で約10本のスティックを使うことができます。

価格:1,980円(税込)

 

その他にglo HYPER、glo proがあります。

 

スティックの種類

glo HYPER、HYPER+用

銘柄 本数 価格
KENT&COOL 20本 480円(税込)
NEO 20本 500円(税込)

glo pro、nano用

銘柄 本数 価格
KENT&COOL 20本 480円(税込)
NEO 20本 520円(税込)

なお、glo pro、nano用のスティックは細長いので中折れすることが多く合ったのですが、glo HYPER、HYPER+用は太くて短いので中折れしなくなりました。

 

特徴

今の主流はglo HYPER、HYPER+ですが、オンラインショップで購入すると激安

デバイス480円(税込)+送料570円なのですが、サンプルスティックが無料で付けられます。

送料を考えても実質570円でデバイスが買えることになります。

また、着せ替えやシーズンオリジナルデバイスなどオンラインショップだけで購入できるものもあります。

詳細:glo公式サイト

 

ploom Tech(プルームテック) 発売元:JT

デバイス

ploom TECH

発売当初からある細長いスティック状のデバイス。

タバコの葉を巻いたようね形状のものではなく「たばこカプセル」を使用するものです。

プルーム・テック・プラスはたばこ葉を燃やさないJT独自の「低温加熱方式」により、においの発生を軽減し、豊かな味わいを実現しているとしています。

タバコカプセルはひと箱に5個しか入っていませんが、1個で50回ほど吸引できるため、これで煙草20本分に相当すると言うことです。

フル充電でタバコカプセル5個分が使用できます。

価格:2,500円(税別・オンラインショップ価格)

 

ploom TECH+、ploom TECH+with

 

プルーム・テックに比べ、たばこ葉とたばこベイパーを増量し、吸いごたえもグッとパワフルになっています。withは、ploomTECHの中で最軽量、なんと37gしかありません。

ploom TECH+、ploom TECH+withともに、2種類の温度切り替えができ、5個のタバコカプセルを使用することができます。

価格:2,980円(送料別・オンラインショップ)

 

ploom S2.0

ploom Sは、IQOSやgloと同様で、紙巻式のスティックを使うタイプの加熱式たばこです。

なお、ploom Sが10本のスティックしか使えなかったのに対し、S2.0では20本のスティックが使えるように改善されています。

海外のタバコに抵抗があるという方には、なじみのタバコが吸えるといったメリットがあります。

価格:3,980円(送料別・オンラインショップ価格)

カプセル、スティックの種類

カプセルとスティックがあり、銘柄も多いのですべて書きませんが以下のようなお値段になっています。

銘柄 本数 価格
ploom TECH カプセル5個 540円(税込)
ploom TECH + カプセル5個 550円(税込)
ploom S 20本 500~540円(税込)

 

特徴

定額プランがあり、9カ月分の料金で12カ月使用できるキャンペーンなども行っています。

また、アクセサリーやクーポンが付くお得なプランもあるので、詳細は公式サイトをご覧ください。

なお、公式サイトを閲覧するには会員登録が必要になります。

詳細:ploom 公式サイト

 

 

以上、3つのブランドを紹介してきました。

まだ、紙巻タバコを吸っている方、この機会に加熱式たばこに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

有線イヤホンのおすすめ23機種 ☆ 結局は充電がいらないコード式イヤホンが良い



-お役立ち情報, ダイエット、健康、美容, ブログ、Web、ガジェット
-, , , , ,

© 2021 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。