お役立ち情報 スポーツ(ゴルフ、ラグビーなど)

ゴルフを上達するための第1歩「自分にあったゴルフクラブの選び方」~クラブの選択から買い方まで

今回は、これから本気でゴルフをやろうと思っている方向けにゴルフクラブの選び方についてお話します。

上級者ではなく、初心者の方向けですが、長年ゴルフをしている人でも意外と間違えたクラブ選択をしているかもしれませんよ。



 



 

「気候が良い時期に青空の下、芝生の上でゴルフをプレーする。」

 

健康的で楽しいそうですよね。

 

渋野日向子プロの影響で、女性のゴルファも増えているのではないでしょうか?

 

でも、初心者の人が初めてコースにいくと

「あたらない」
「飛ばない」
「思った方に飛んでくれない」

 

結果「つかれた・・・」で終わってしまうことが多いのがゴルフです。

長年やっている人でも、思ったように打てないのですから「あたりまえ」ですけどね。

「とにかく練習」ということでゴルフ練習場に通っても「いまひとつ上達しない」という人も多いはずです。

ちょっとまって下さい。

そもそも「間違えたクラブを使っていませんか?」


あたりまえの話ですが、ゴルフというスポーツは

次にボールを置きたい場所までの距離や、ボールがどんな状況にあるかを考え、クラブを選びながら一打一打前に進んでいきます。

キャディバックに入れることができるクラブの上限は14本。

14本の中で状況にもっとも適したクラブを選んでグリーンを目指していきます。

「この状況で使えるクラブが無い!」

というのは非常に困りますから、「状況に対処できる」だけのクラブを選択して用意しておかなければなりません。

 

 

 

クラブの種類

 

最初に初心者の方のためにゴルフクラブの種類をご説明しておきます。

 

ドライバー(1W)

最もヘッドが大きくて、シャフトが長く重いクラブです。
初心者の方には少々難易度が高いと言えます。
ティショット専用のクラブとして作られていて、もっとも遠くへボールを飛ばせるクラブです。

 

フェアウェイウッド(2W~)

ドライバーのヘッドを小さくしたクラブです。
地面の上にあるボールを比較的遠くに飛ばせるクラブで、ロフトの違いなどによって複数の番手があります。

 

ユーティリティ(2U~)

フェアウェイウッドとアイアンの中間のようなゴルフクラブです。
もともとはユーティリティアイアンと呼ばれ、ロングアイアンを「もっと簡単に打てないか」という考え方からアレンジ形として開発されたゴルフクラブですが、今では一般的に使われるクラブになっています。
複数の番手があります。

 

アイアン(2~9)

いまでは複数のロフトと番手がセットで販売されているゴルフクラブです。
セットで売られているものは5番~9番にピッチングウェッジがプラスされて6本のセットが一般的です。
コース半ばでもっとも使用頻度が多く、ボールがあるライの状況にかかわらず打つことができるクラブなので、アイアンを上手く使える人は、ミスからのリカバリーがしやすくなります。

 

ウェッジ(PW、AW、SWなど)

アイアンよりも短い距離を打つときにや「バンカー」など特殊なライで使うゴルフクラブです。

以前は、ピッチングウエッジとサンドウエッジの二つがポピュラーでしたが、最近ではその中間のアプローチウェッジを持つ方も多くなっています。

 

パター

グリーン上で唯一使うことができるゴルフクラブです。

これが無いとゴルフになりません。

 


これらのクラブのなかからルールで決められた14本以内でクラブを選んびキャディバッグに入れるわけですが最低限必要なゴルフクラブがあります。

 

・グリーン上では、パターしか使うことができないのでパターは必要です。

サンドウェッジ(S)は、バンカーに入ったボールを外に出すときに使うのでこれも必要です。

・ティーショットは、必ずしもドライバーで打たなくても良いのですが、最も距離を飛ばせるクラブなのでこれも入れておきましょう。

・アイアンセットは2打目以降や、ショートホールの1打目で使うのでこれも必要です。5番~9番まであれば良いでしょう。

ピッチングウェッジ(P)はグリーンに近づいた時に距離をコントロールしやすいクラブなのでこれもあったほうが良いでしょう。多くの場合アイアンセットを購入すれば付いています。

 

以上の9本は必要だと思います。

 

あとは、フェアウェイで遠くまで飛ばすクラブが必要だと思えば、フェアウェイウッドユーティリティを選択します。


番手が大きく(数字が少なく)なるほどシャフトが長くなり遠くまで飛ばすことができますが、ゴルフクラブはシャフトが長くなるなど、難易度が増します。

グリーン近くのアプローチショットを充実させたければアプローチウェッジを入れても良いと思います。

ちなみにサッドエウェッジのロフト角が56~58°くらいなので、アプローチウェッジは53~54°あたりを選びたいところです。

 

 

私のクラブラインナップ

ちなみに私のキャディバッグに入っているゴルフクラブは

ドライバー(1W)
スプーン(3W)
ユーティリティ(2、4、5)
アイアン(5~9)
ピッチングウェッジ(P)
アプローチウェッジ(53°)
サンドウェッジ(57°)
パター

の14本です。

ユーティリティは、フェアウェイウッドに比べてライ(ボールがある場所の状態)を選びませんし、

スイングの感覚的にアイアンとの差が少ないので比較的打ちやすい、

初心者にもオススメのクラブです。

 

 

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブはメーカーやシリーズごとに多種多様で、シャフトによっても特性が変わってきます。

私が、本気でゴルフをするキッカケになったのは、後輩にシングルプレーヤーのI君が配属されたことでした。

彼は、ほぼパーとかアンダーパーで回ってましたね。
大学のゴルフ部出身でした。

これは良い機会だと思って彼にゴルフを習うことにしました。
彼は、とても面倒見が良くて親切でしたので、いろいろ教えてくれましたよ。

おかげで私も、理論的には上級者ですw

彼と初めて練習に行ったときに言われたのが

「クラブ替えましょう」

でした。

私のスイングスピードにしてはシャフトが柔らかすぎたのです。

ゴルフクラブが自分に合っていなかったのですね・・・

彼が言うには「クラブは基本シャフトです。極端に言えばヘッドは何でも良いのです。」とのこと。

体の回転と、それに伴う腕や手首の動きはすべてシャフトを通じて、ヘッドに伝わり、最終的にボールに当たります。

ゴルフクラブのシャフトは、ボールを遠くに飛ばすために、「しなったり」「ねじれたり」します。

特にドライバーなどシャフトが長いクラブは、この「しなり」や「ねじれ」が結果を大きく左右します。

ゴルフクラブでは「しなり」のことをフレックス、「ねじれ」のことをトルクといいます。

 

 

フレックス(しなり)

シャフトの硬さ(フェレックス)は、X、S、R、A、Lなどで表現され、XSが最も硬く、Lが最も柔らかくしなりやすいシャフトになります。

AやLは主に子供や女性向きのシャフトになります。ちなみに硬いシャフトほど重くなります。

同じ表記でも統一した基準があるわけではないので、同じ「S」と表記されていても、シャフトメーカーやモデルによって硬さが違います。

クラブを選ぶ際には、WEBのクラブレビューを参考にしたり、実際にクラブを手にしたりして、シャフトがどのぐらいの硬さなのかを確認することが必要です。

柔らかいシャフトは良くしなるため飛距離が出やすくなりますが、ボールが大きく曲がる可能性があります。

一方、硬いシャフトはボールをミートしやすくなりますが、スイングスピードが速くないと飛距離が出ません。

 

 

トルク

シャフトの「ねじれ」はトルクで表現され、トルクの値が大きいほど「ねじれ」が大きいシャフトになります。

トルクについては、メーカーなどのHPでヘッドスピードごとに適合する参考数値が書いてありますので、ご自分のヘッドスピードに合ったトルクのシャフトを選ぶと良いでしょう。

ちなみに最もトルクが低いのは「スチールシャフト」で、飛ばすことを前提に作られていないアイアンやウェッジに使われています。

 

 

ドライバーのヘッド形状

某ゴルフショップにいくと、販売しているクラブを試打することができます。そこで、自分のヘッドスピードなどを測ってもらったり、自分のスイングに合うクラブをアドバイスしてもらえます。

以前、私がドライバーの試打をしに行ったときに言われたのは、

「手首を使うので、薄くて大きいヘッドよりも、団子型の丸いヘッドのほうが良さそうですね。」

それ以来、薄くて大きなヘッドのドライバーは使っていません。

 

 

 

ラインナップをシャフトで揃える

私の師匠が

「クラブはシャフト!」

と言っていた話をしましたが、どのゴルフクラブでも同じスイングをするためにはシャフトをある程度揃えたほうが良いと思います。

ちなみに私はドライバーとスプーンだけカーボンシャフトで、ユーティリティはスチールシャフトが始めから付いているものか、なければ同じスチールシャフトに差し替えています。

これによって、アイアンと同じ感覚でユーティリティを使うことができます。

ちなみにウェッジは、力を入れずクラブの重さで振れるように重めのスチールシヤフトにしています。

アイアンとユーティリティのシャフトはNS.PRO950GH S

ウェッジのシャフトはDynamic Gold です。

 


また、クラブ自体のメーカーもある程度そろえています。

ドライバーからアイアンまでは、15年以上ブリジストンを使っています。

アイアンはブリジストン・ツアーステージCBシリーズの顔(ヘッド)が好きなんですよ、フォージドなのに薄めで綺麗な顔してます。

ウェッジは、クリーブランドを、これはずっと同じクラブを使っています。

これは古くからある定番のウェッジです。

シャフトが、自身のスイングに合っていれば、顔(ヘッド)は好きなものを選ぶのが、愛着が沸いて良いと思います。

それとキャディバッグに入っているときに、同じメーカーで統一されていたほうがカッコイイです!

 

 

ゴルフクラブを安く買う方法

 

ゴルフクラブは毎年のようにモデルチェンジします。

しかも最新型は高いですよね。

でも、去年のものと何か大きく違うのか?

実際には、同じシリーズであれば、一年でいきなり大きく変わることはありません。

最新型を買っても翌年には旧型になってしまいますし、常に最新型を使うには大変なお金がかかります。

私がオススメする「ゴルフクラブ購入法」は、

 

①大手ゴルフショップで試打をして自分に合うクラブを探す。

②ロフトやシャフトが何だったかをメモし「また来ます」といって帰る(笑)。

②中古クラブショップやWEBショップで、試打したのと同じもの、無ければ型落ちを探して買う。

 

大手中古ゴルフショップのWEBでは、ゴルフクラブの程度も書いてありますし、写真も載ってますので安心して購入して良いかと思います。

これで、ゴルフクラブを揃えるための出費が、かなり抑えられます。

 

あ、それと最後に

女性ゴルファーの方で、学生時代運動をやっていた方や、自分は比較的力持ちだと思っている方

女性用のゴルフクラブはシャフトが柔らかすぎて合わないと思いますので、迷わず男性用クラブを選んでくださいね

 


ご自分に合ったクラブで楽しいゴルフライフを!

今回はここまで

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

初めてのコースでは「ゴルフナビ」が心強い味方になります。
こちらも併せてご覧ください。

・ゴルフナビ「EAGLE VISION NEXT(朝日ゴルフEV-732)」ユーザーレポート 

 


 



-お役立ち情報, スポーツ(ゴルフ、ラグビーなど)
-, , ,

© 2020 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。