スポーツ、エンタメ バイク、ツーリング

バイク de ゴルフのすすめ ~ 服装、荷物、料金の比較など疑問点を解決

今回は、バイクでゴルフに行く場合の服装や荷物のこと、そして車で行く場合との料金比較についてお話しします。

 

「ゴルフは基本車でいくもの」と思っていませんか?

場合によっては電車で行けるような場所もありますが、圧倒的にマイカーで行かれる方が多いかと思います。

 

私は横浜に住んでいるのですが、仕事の関係やプライベートも含めてゴルフに行く場合、行き先は神奈川のゴルフ場ばかりではありません。

むしろ埼玉や千葉のゴルフ場に行くことが多いと思います。

 

そんな時に厄介なのが「渋滞」。

朝は早めに出かけるようにしていますが、それでも途中で渋滞に巻き込まれ、スタート時間に間に合うかヤキモキすることがあります。

帰りも、16時を回ると道路が渋滞し、1時間半で行けるところなのに3時間かかるということもザラにあります。

とにかく首都圏の道路は渋滞が多く、ウンザリします(大阪時代はそこまでの渋滞は稀でした)。

 

 

そこで考えたのが「バイクでゴルフにいったらどうか?」ということです。

詳しくは言いませんが、バイクのほうが渋滞の影響が少ない・・・としたら。

しかも、バイクが好きな方であれば、ゴルフとバイクの両方が楽しめる、まさに一石二鳥です。

「せっかく良い天気なのにゴルフか・・・。バイクに乗りたかったのになあ」ということもありませんね。

 

 

 

そして、実際に何度かバイクでゴルフに出かけています。

最近では、ゴルフに行く交通手段の一つとして「バイク」という選択肢が増えました。

 

荷物はどうするの?

服装は?

車で行く場合との料金の差は?

 

さまざま疑問があると思いますので1つ1つ説明しましょう。

 

バイクでゴルフに行くとき「荷物はどうする?」

まずはじめに「キャディバッグ」はバイクに積めません。

仮に積めたとしても、積載違反になりそうですし、何よりも危ない・・。

 

サイドカーでもあれば別ですが、それでは実質的に車と変わりません。

 

なので、キャディーバッグは事前に宅急便で送る必要があります。

ゴルフシューズもしっかりキャディバッグに入れて家の近所のコンビニから往復宅急便で送ってしまいます。

往復であれば、帰りに伝票を書く必要がないので楽ですね。

 

料金は、首都圏のゴルフ場に往復便で送ると3,500円ほどかかってしまいます。

 

その他の荷物をバイクにどうやって積むかですが、私の場合はいつも使っているタナックスのシートバッグを使っています。

両サイドを拡張すれば、ゴルフ用にちょうど良い大きさのバッグになります。

また、デザインも落ち着いているため、これを持ってクラブハウスに入っても違和感がありません

 

先ほども書きましたが、シューズはガサばるのでキャディーバッグのほうに入れてください。

レギュラーサイズのキャディーバッグであれば、シューズを入れるスペースがあるはずです。

 

バイクでゴルフに行くとき「服装はどうする?」

ゴルフ場には大概「ドレスコード」というものがあります。

一般的には

ジャケット着用、襟付きシャツ着用

また

Gパン、ジャンパー、スニーカーなどはNG

こんな感じで設定されています。

 

一方、スラックスとジャケットでバイクに乗るのもちょっと・・・。

プロテクターが入っていないと不安。

 

となります。

 

そこで、私が考えたのはプロテクターを揃えることでした。

胸部プロテクター、肘プロテクター、膝プロテクター

この3種類を買いそろえたことで、圧倒的に服装の自由度が向上します。

【関連記事】胸・肘・膝 プロテクターのすすめ ☆ バイク死亡事故原因の第1位は胸部損傷

ゴルフに行く際には、行くときにあらかじめゴルフウエアを着用することが多いと思います。

例えば、比較的暑い時期にはゴルフウエアの上にプロテクターを付けて、上に薄手のスポーツパーカーを羽織るスタイル。

襟付きのジャケットは薄手のもの(例えばカットソーの生地のようなもの)、を畳んでバッグに入れていきます。

寒ければ、プロテクターはレッグプロテクターだけにして、上はバイク用のプロテクター入りジャケットを着用します。

 

靴ですが、ゴルフのときは、あまりライディングシューズっぽくないものを履いています。

例えばデイトナが発売しているヘンリービギンズのこんなシューズです。

これなら、クラブハウスの中でも大丈夫です。

 

ゴルフ場についたら、駐車場でプロテクターを外し、ジャケットを襟付きのものに着替えて、プロテクターはスーパーのレジ袋に入れてハンドルにかけておきます。

 

駐車場は、バイク専用の区画はまずないので、普通自動車用の区画を1台分使わせてもらいましょう。

中には屋根付きのところもあるので、あれば停めさせてもらいましょう。

 

バイク用のジャケットは羽織らず手に持ってクラブハウスに入ります。

これでドレスコードはOKです。

 

一方、帰りですが、チノパンやGパンっぽくない落ち着いた色合いのパンツをはいて、襟付きのシャツを着ますが、バイクに乗るときにはプロテクターを身に着けて、バイク用のジャケットを着用してバイクに乗ります。

 

バイクでゴルフに行くとき「費用はどうなのか?」

費用面ですが、バイクでゴルフに行く場合キャディーバッグをゴルフ場に送る費用は確かにかかるのですが、普通乗用車よりも高速料金が安く、燃費も良いという事実もあります。

例えば、私が先日アクアラインを使って千葉にゴルフへ行った時のことを例にとって、バイクで行った時と普通乗用車で行った時の費用を考えてみましょう。

距離は、片道約100キロほどありました。

ゴルフをするのに払う費用は変わらないので除外します。

 

普通乗用車 バイク
宅急便代 0円 3,500円
高速料金(往復) 6,680円 5,420円
ガソリン代(ハイオク@180円/L) 3,600円 1,800円
10,280円 10,720円

※燃費は普通乗用車10km/L、バイク20km/Lとして計算。

 

ある程度距離があるゴルフ場になると、バイクで行った場合の宅急便代3500円は、高速料金と燃費の違いでかなり吸収出来てしまうことがわかります。

 

当然、高速料金が安い道のりであったり、近場のゴルフ場の場合にはもう少し差が出てしまいますが・・。

 

 

しかし!

①渋滞のイライラはバイクのほうが少ない。時間的にも早い。

②好きなバイクに乗ることができる。

 

この2つの魅力が「バイク de ゴルフ」にはあります。

ゴルフが早めに終われば、少し寄り道をしてツーリングをしながら帰っても良いのです。

 

バイクもゴルフも両方やられる方、「バイク de ゴルフ」を試してみてはいかがでしょうか?

おすすめします!




【関連記事】

暑い夏はジェットヘルメットに限る ~ 売れ筋・おすすめのジェットヘルメット特集

タナックス(MOTO FIZZ)ミニフィールドシートバッグ ★ 日常使いから1泊ツーリングまで幅広く使えるバッグ

胸・肘・膝 プロテクターのすすめ ☆ バイク死亡事故原因の第1位は胸部損傷

RSタイチ ソフトシェル・マルチパーカ ★ 秋・冬・春3シーズン使えるライダーズジャケット

二輪車定率割引の利用方法 ~ 「使わない手はない」事前登録から利用までを解説

バイクの違反取締強化 ~ オートバイの違反取締が各地で強化されている

おすすめゴルフナビ ☆ EAGLE VISION NEXT(朝日ゴルフEV-732)ユーザーレポート

ゴルフクラブ選びはゴルフ上達の第1歩 ☆ ゴルフクラブの選び方と買い方





-スポーツ、エンタメ, バイク、ツーリング
-, , ,

© 2022 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。