グルメ、料理レシピ

革命バーガー「KAKUMEI Burger&cafe」☆ 蒲田で超粗挽きハンバーガーを食べてきた

東京・蒲田にある「KAKUMEI Burgar&cafe」

何が「革命」なのかと思い「百聞は一見に如かず」、食べに行ってみました。

1月の曇天で寒空のなか、夜までは雨が降らないことを確認してバイクでランチをしに出掛けることにしました。

当初の目的地は南大井にあるライダーズカフェ「Coffee Oka Garege」だったのですが、事前の調査不足で正午前に到着したものの営業は14:00~。

仕方なく、近くで別の目的地を検討した結果、蒲田にある「KAKUMEI Burgar&cafe」に行ってみることに。

「Coffee Oka Garege」から数キロの場所だったので12:30前に「KAKUMEI Burgar&cafe」に到着。

店舗の向かいに自転車が2台ほど停められていたので、そこに並べるようにバイクを駐車しました。

ロケーションと店舗外観

革命バーガーがあるのは、JR「蒲田駅」から徒歩5分、東急池上線「蓮沼駅」から4分ほどのところ。

「玉堤通り」から一本入った場所にあります。

周辺はスナックや居酒屋が点在していますが、昼間はあまり人通りが多くないところです。

恐らく「新型コロナ」の影響もあるのかと思います・・・。

店舗は、2階建ての雑居ビルにあって外観はこんな感じ

革命の「命」の字をデザインしたような「ロゴ」が入った看板が目印です。

そして、早速入店。

店内ヘ

店内はさほど広くなく、1Fが厨房と2人掛けと1人掛けの小さなテーブル席になっています。

2階は2人掛けのソファー席が1つ、そして面白いのは畳敷の座敷にテーブル席が3つあります。

当初、1階の1人掛けテーブルに案内されたのですが、次の予約まで時間があるということで2階のソファー席に移動させてもらいました。

このソファー席ならバイクのブーツを脱がなくても良いし、この店内で一番居心地が良い空間だと思います。

少し変わった作りですが、元々は民家か古い店舗だったのを改装したのでしょう。

ここで、「KAKUMEI Burgar&cafe」公式サイトから紹介文を引用しておきます。



KAKUMEI Burger&Café について

ステーキ肉を100%使用したパティは「ステーキバーガー」と呼びたくなる革命的な食感!!

お肉の旨味と肉々しさを思う存分味わいながらも、無駄な脂肪分や繋ぎを使っていないので驚くほどあっさりと食べられます。

サイドメニューは定番のフレンチフライと、日替わり和前菜の盛り合わせ「OBANZAI」から選択可能など、管理栄養士と協力し味だけでなく健康を考えた一食になることを追及。

こだわりの料理と古民家カフェの「和」のテイストを活かした居心地の良い空間をお楽しみください。

2階はソファ席や座敷席もありますので、PARTYや小さなお子様連れのお客様にも安心して素敵な時間を過ごして頂ければ幸いです。

引用元:「KAKUMEI Burgar&cafe」公式サイト

コチラは2021年12月のマンスリーだった「いぶりがっこのハンバーガー」

メニュー

革命バーガーのハンバーガーメニューは、パテの種類によって大きく2つに種別されます。

「KAKUMEI PATTY」・・・ステーキ肉100%のパテを使用したもの

「NORMAL PATTY」・・・ステーキ肉30%、超粗挽き牛肉70%を使用したもの

それぞれに数種類から十数種類のバリュエーションが用意されていてお値段は1,000円~。

その他にフィッシュバーガーやチキンバーガー、大豆パテを使用したベジバーガーなどがあります。

また、別料金にはなりますが、トッピングとして

数種類のチーズ、ベーコン、フライドエッグ、アボガドなどが用意されています。

ハンバーガーの付け合わせに「フライドポテト」のほかに「日替わりの和風おばんざい」が用意されているのも和を意識した面白いものです。

さらに月替わりのハンバーガーが用意されていて、この日に用意されていたのは姉妹店である「蒲田カフェ」とのコラボバーガー「海老が寝てるグラタンバーガー」でした。

さらに、ドリンクは各種ソフトドリンクのほかにクラフトビールなどのアルコール類も充実しています。

スイーツはブリュレフレンチトースト、ご飯ものでタコライスやロコモコなどのメニューもありました。

私は、初めての訪問だったので「革命バーガー」の特徴的(他ではなかなか食べられない)なもの、そしてなるべくプレーンなものということで

「KAKUMEIチェダーバーガー 1,100円」とアイスコーヒー400円を注文しました。

実食

しばらくすると料理が運ばれてきました。

注文してから10分ほどだったと思います。

それがこちら

バンズはさほど大きくなく、女性や子供でも無理なく食べられるサイズになっています。

サクサクのフライドポテトが多めに添えられています。

トッピングはチェダーチーズのみ。

ちなみに「NORMAL PATTY」のほうはレタスなどがトッピングされます。

早速食べてみると、ステーキ肉がガツンときます。

ハンバーグだと思って食べると見事に期待を裏切られます。

バーガーのバンズは 甘みのある黄色いブリオッシュタイプ。

そしてそこに挟まっているのが、少し赤みがかったステーキ肉。

脂身は殆どない赤身肉のステーキがガッツリ入っています。

歯ごたえがありながら固いということは無く、適度な大きさに手切りされたステーキがまとめられているので食べやすくなっています。

少し覗いてみましたが、繋ぎを使わずに細かく切ったステーキ肉がうまくまとまっているのが不思議です。

ソースはバターかマヨネーズ系?はたまたクリームチーズ?少し甘みがあるのですが、結構スパイスが効いています。

私見ですが、ヨシダの「グルメのたれ」に少し似てるかな?と思いました。

「革命バーガー」の革命パテハンバーガーは、ハンバーガーというよりも「ステーキサンド」といった方が良いかも知れません。

それでも赤身のステーキが美味しくて、あっという間にたいらげてしまいました。

ノーマルパテのほうはステーキ肉30%、超粗挽き牛肉70%なので、肉の歯ごたえがシッカリしたハンバーガーを食べたいときはこちらを選択しても良いかなと思いました。

次に行ったときは「ノーマルパテ」のほうを試してみます。

肉の歯ごたえをガッツリ感じるハンバーガーが食べたいという方におすすめの「革命バーガー」

お値段相応の価値は十分だと思います。

一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

席数が少ないので、行かれる際はネットで予約してから行くと間違いありません。

そうそう、1階にいるときにデリバリーのバイクが幾度となく出入りしていたので、デリバリーやテイクアウトを利用される常連さんもいらっしゃるようです。

お近くの方は試してみてはいかがでしょうか。

【KAKUMEI Burger&Café 店舗概要】

住所:東京都大田区西蒲田7-10-10

電話:050-5456-3667

営業時間:[月・水・木・金]11:00~15:00(L.O)/ 17:00~21:00(L.O 20:00)、[土・日・祝]11:00~21:00(L.O 20:00)

定休日:火曜日

公式サイト:KAKUMEI Burger&Café

ヨシダの「グルメのたれ」は鉄板。これ一本でいろいろ美味しくなりますね。




【関連記事】

和牛入れすぎカレー(牛長・秘伝)☆ 一度は食べたい極上・激うまレトルトカレー

 

丸亀製麺で食べるべき隠れメニュー ~ いつも「うどん」ばかりでは飽きませんか?

市場の移転で築地場外市場はどうなった?~ 築地から浜離宮は散歩やデートに最適コース

川崎駅 おすすめ隠れ家居酒屋 ~ 炭火工房あさば 川崎西口店は知っていると鼻高

餃子百珍 一味玲玲 ~ ヤエチカ(八重洲地下商店街)で美味しい中華

ニルヴァーナ・ニューヨーク ★ 東京ミッドタウンのイルミネーシュンが見える絶景レストラン

銀座オザミデヴァン 本店 ★ ここはおすすめ!かなり使えるカジュアル・フレンチ

おすすめうどん 新宿「切麦や甚六」☆ 絶品うどんと天ぷらに舌鼓

川崎 人気のラーメン店「日陰」~ 行列必至の人気店に行ってきた

台湾屋台料理 大龍 ~ 横浜駅で美味しいサンマーメンと焼き餃子

やみつきワンタン麺 ~ 広州市場のプリップリ雲吞がメチャ旨かった

入鹿(IRUKA) TOKYO ~ 六本木・おすすめラーメン店

上野「珍々軒 (ちんちんけん)」★ アメ横・昔ながらの美味しいラーメン店

らーめん 鶏喰(TRICK)☆ 鶏だし系の間違いなく美味しいラーメン



-グルメ、料理レシピ
-, , ,

© 2022 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。