お役立ち情報 グルメ、旅行など

大阪観光・大阪遊びおすすめスポット~「大阪いいとこやで、いっぺん遊びにおいで」

こんにちわ! コージーです!
大阪は楽しい場所・美味しいもんがいっぱい!
大阪に来たら行っていただきたい場所をまとめてみました。

 

 

 

 

早いもので横浜から単身赴任で、大阪に来てから5年目になります。

大阪5年生の私が、大阪に来たら行ってほしい場所をまとめてみました。

観光や出張で大阪に来る時には是非参考にしてくださいね。

タウン情報

①ミナミ(心斎橋~難波)

心斎橋から難波にかけての俗にいう「ミナミ」は恐らく日本で一番インバウンドが盛り上がっていた大阪でナンバーワンのナイトスポットです。

心斎橋商店街を中心にショッピングやグルメスポットが立ち並んでいます。

繁華街で夜は数えきれない数の飲食店・スナック・クラブなどが軒を連ね朝方まで盛り上がっている地域です。

東京でいうと、歌舞伎町・六本木・上野などが混在しているような感じでしょうか?

ただし飲みに行かれる方はキャッチが多いので気をつけて下さいね。

「北新地」に比べると物価は安く、スナックなら1時間セット3000円~といったところです。

 

②アメ村

心斎橋商店街の大丸デパートあたりから御堂筋を渡って西に入っていくと若者の街「アメ村」があります。

東京でいうと渋谷の裏筋といった感じです。

若い人にオススメのスポットですが、夜はヤバそうな人もいるので気を付けて下さい。

 

③梅田

大阪では同じ場所で鉄道会社によって呼び方が違うことがよくありますが、大阪駅=梅田です。

大阪・梅田は大阪で一番のターミナル駅。

梅田周辺には商業施設やオフィスビルが建ち並んでいます。

大阪駅から南側のエリアはほとんどが巨大な地下街でつながっていますが、初めての方はまず迷います。

買い物などは梅田ですべて済んでしまいます。

飲食も各ビルごとにありますので数えきれません。

主な繁華街は茶屋町・中通り・東通り・お初天神など。

リーズナブルにグルメを楽しむなら駅前1ビル~4ビルの地下飲食街がお勧めだと思います。

大阪駅の北側は再開発エリアでヨドバシカメラやグランフロント大阪があります。

ヨドバシカメラの隣に最近オープンした商業施設「LINKS UMEDA」を覗いてみるのも良いと思います。

ちなみに梅田の由来は埋め立て地(埋めた)から来ているようです。

 

④北新地(しんち)

梅田の地下街を抜けて南に歩き国道二号線を超えると「北新地」、俗に言う「しんち」があります。

東京でいうと少し小さい銀座という感じですね。

高級クラブやミニクラブなど少しお高めなお店が多く、

それらが入ったビルが建ち並びます。「ミナミ」のように朝まで賑わうという感じではなく、社用族も多いためか25時には閑散としてきます。

私もプライベートではほとんど行きませんが、お金がある人は行ってみて下さい。

⑤天神橋商店街・天満

大阪には多くのアーケード商店街が残っていますが、ここが一番長いアーケード街です。

大阪天満宮あたりから天神橋六丁目(通称てんろく)まで数キロにわたってアーケードが連なります。

インバウンドが比較的少ないので日本人観光客には嬉しいかもですね。

その中心あたりにあるのがJR天満駅なのですが、駅の北側の「裏天満」が特に面白いと思います。

路地をドンドン入っていくと、東南アジアの異空間に迷い込んだようですごく面白いところです。

狭い路地沿いに多くの飲食店が建ち並び、お客さんが道路まで溢れていて遅くまで賑やかです。隠れた名店もあるので探してみて下さいね。

ここの特徴は安くて安心。

学生やOL、サラリーマンが多いので安心して酔っぱらえます。

私は、東京から知人が来ると一番連れていきたい町で、面白がってもらえること請け合いです。

 

⑥鶴橋

大阪で一番の焼肉の町です。

駅のホームにいても焼肉の匂いが漂ってきます。

最近では観光地化しているようでそれほど安くは無いですが、昔は安かったみたいですね。

いまでも少しは昔ながらのお店が残っているようです。

私の感想では、焼肉は大阪が日本一美味しいと思いますよ。

コスパも高いです。

本格キムチや韓国食材もたくさん売っていますので、お土産に買っていっても良いかと思いますよ。

 

ランドマークなど

①通天閣・新世界

通天閣は大阪のシンボルとして有名ですが、高さは東京タワーの3分の1程度の高さしかありません。

でも、内部に入ると洒落気の効いたお土産をたくさん売っていたり、ミニシアターでは通天閣の歴史ムービーを上映していて意外と面白いです。

「ビリケン」さんの足の裏を撫でるのを忘れずに。

土日は観光客が多いので登るのに30分以上待つ可能性があります。

通天閣のお膝元にある新世界商店街は飲食街があり、大阪名物である「串カツ」屋さんが軒を連ねています。

「串カツ」はこちらでお試し下さいね。

近くには「天王寺動物園」「スパワールド」もあります。

 

②あべのハルカス

ご存じの通り、現在のところ日本で一番高いビルです。

この辺りも大阪に多い1箇所に複数の駅名がある場所ですが「阿倍野」=「天王寺」です。

通天閣に近いので、ついでに行ってみると良いでしょう。

 

③大阪城

大きなお濠に囲まれた言わずと知れた「大阪城」

観光客も多いですが、大阪城公園も含めとても広いので、あまり混雑感はありません。

お城も立派でインスタ映えしますし、露店なども出ているので散歩がてら行ってみて下さい。

有料ですが天守閣にはエレベーターで上がれます。

イベントなどもやってますのでチェックしてみて下さいね。

 

④今宮戎

正月の10日位から3日間開催される「えべっさん」の時は大変な人混みになります。

笹の枝をもらって、そこに小判や招き猫などの飾りをつけて家にもって帰って一年間飾ります。

飾りは一つ2000~3000円ほどするので諭吉がすぐに飛んでいきます。

「商売繫盛笹持って来い」の歌声がしばらく耳から離れなくなります。

 

アミユーズメント・パーク等

①USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)

東のディズニーランド、西のユニバと言われるほどのテーマパークです。

私も一度いきましたが、思っていたより大きくて盛り上がっていました。

年パスを買う人もいるようですが結構高いです。

一度は行っておいて損は無いと思います。

 

②海遊館

大阪にある世界最大級の水族館「海遊館」。

大きなジンベエザメたちが悠々と泳ぐ巨大な水槽や、自然を体感するエリアなどで、たくさんの感動に出会えます。

観覧車もあり、お土産屋さんやフードコートも充実しています。

観覧車は割と立派で眺めが抜群です。

 

③関西国際空港・りんくうタウン

関西空港は海に浮かぶ空港です。

その陸側にあるのが「りんくうタウン」。

アウトレットやレストランなどがあるデートスポットです。

付近にある「マーブルビーチ」はライダーが集まるスポットで、石がマーブルチョコのようにゴロゴロ転がっている人工のビーチです。

飛行機の発着がよく見え、夕焼けのタイミングに出会えればベストショットが撮影できます。

 

④万博記念公園・エキスポシティ

1970年に開催された「日本万国博覧会」の成功を記念し、その跡地に「緑に包まれた文化公園」として、

「日本庭園」「自然文化園」さらに文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設群が整備された、総面積約260haの公園。

「自然文化園」は岡本太郎氏による博覧会のシンボル「太陽の塔」を中心に広大な公園が広がっています。

公園内には「ららぽーと」を中心とする商店街「エキスポシティ」があり、週末には買い物客で賑わいます。

 

⑤中之島記念公園

 

 

明治24年(1891年)、大阪市で初めて誕生した公園です。

堂島川と土佐掘川にはさまれた延長約1.5キロの緑あふれる都心のオアシスで、川の流れと中央公会堂、

府立中之島図書館などの重厚な建築物が緑に映えすばらしい景観を見せてくれます。

春にはバラ園に無数のバラが咲き誇りインスタ映え間違いなしのスポットです。

テラス付きのレストランもあり、週末には私も良く散歩しています。

 

⑥箕面の滝

大阪駅から電車で時間をかけずに行けるパワースポットです。

初めて行ったときは「こんな近くにこんな自然が」と驚きました。

駅から渓流沿いに歩いて滝まで散歩すればマイナスイオンをこれでもかというほど浴びられます。

車で行くのであれば、近くの達磨寺「勝尾寺」まで足を伸ばしてみるのも良いと思います。

 

⓻ひらぱー(ひらかたパーク)

ひらかたパーク(ひらパー)は、各種アトラクションやイベントのほか、夏はプール(ひらぷー)、

秋はイルミネーション、冬はスケートなど、小さなお子さまから大人まで一年中楽しめるテーマパークです。

 

⑧生駒山

 

大阪と奈良の境に位置する生駒山(標高642m)は、明石海峡大橋や関空まで見渡せる景色が人気で、夜景はまるで宝石箱のようです。

中腹に広がる大阪府民の森の他、山頂の生駒山上遊園地や、大阪と奈良を結ぶ阪奈道路、

生駒山上から信貴山(しぎさん)に至る20.9kmの有料道路の信貴生駒スカイラインなどから楽しむことができますが、

スカイラインは2輪通行止めになっています。

私の好きな場所みたいになってしまいましたが、友人が遠方から遊びにくれば連れていきたい場所ですから、

皆さんも気に入ってもらえると思います。


この他にも、大阪には「魅力的」なスポットが盛りだくさん

その魅力が知れ渡りつつあることから、多くの外国人観光客がくるようになったのでしょう。

今回はここまで最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-お役立ち情報, グルメ、旅行など
-, , , ,

© 2020 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。