お役立ち情報 グルメ、旅行、キャンプ バイク、ツーリング

日帰り「鯖」ツーリング ~ 小浜(オバマ)に「酔っぱらい鯖」を食べに行く

2021年3月20日 大阪での生活もあと二週間となってしまいました。

今回は仲間と4台で福井県小浜市に「酔っぱらい鯖」なるものを食べに行ってきました。

今年は桜の開花が早いので道すがら少し開花した桜を見ることもできましたが、夕方から雨の予報だったのであまり寄り道ができなかったのが少し残念でした。

 

 

今回のツーリングコース

大阪市内発 7:30

↓ 約60km(高速)

ガレリア亀岡 8:30 ここでメンバーと合流

↓ 約60km (町道からR477、R162 周山街道)

道の駅 名田庄 休憩

↓ 約40km (R162)

SABER 小浜田烏店 11:00 昼食

↓ 約30km (R303、R367)

道の駅 くつき新本陣 休憩

↓ 約50km (一般道、湖西道路)

京都東ICで解散

↓ 約60km (高速)

大阪市内 帰宅 14:50

走行距離合計 約300km

 

ガレリア亀岡

「道の駅 ガレリア亀岡」は京都縦貫道 亀山ICから近く山陰方面へのツーリングの待ち合わせ場所や休憩場所に最適。生涯学習施設を備えた新しいスタイルの道の駅です。

所在:京都府亀岡市余部町宝久保1-1

電話:0771-29-2700

参考:ガレリア亀岡公式HP

 

前の日は送別会で飲んでいたのですが、しっかり起きて大阪市内の自宅を7:30に出発。

8:30の待ち合わせ時間より少し前に付きました。

他のメンバーも時間通り到着。

この日は

・BMW K1100LT

・Kawasaki GPZ900R

・HONDA GL700(超レア!)

・YAMAHA MT-09 SP(筆者)

の大型4台でツーリングを楽しみます。

天候が不安だったのですぐに出発することにしました。


町道から周山街道を走って目的地の小浜に向かいます。

周山街道は、適度なワインディングがあり、道路のコンディションも良いので、京都の山々などの美しい景色を眺めながら気持ちよく走ることができるのでライダーに人気のツーリングロード。

「美山かやぶきの里」に向かうライダーが良く通る道でもあります。

渋滞も全くなく、適度なワインディングがあって飽きることないので楽しく走れる国道です。

 

 

道の駅 名田庄

途中、「道の駅 名田庄」で休憩タイム。

バイク専用駐車場が無かったので一般車両の駐車場に駐車しましたが、空いていたので余裕をもって駐車することができました。

私たちのほかにも20台近いバイクが来ていました。

やはり周山街道はライダーに人気のツーリングロードなんですね。

「道の駅 名田庄」には「よってっ亭」という、お蕎麦屋さんがあって食事もできます。

敷地内にはかやぶき屋根の民家もありました。

「自然薯」が名物らしく「自然薯そば」や「自然薯ジェラート」などが人気のようです。

蕎麦が美味しそうで食べたいところですが「酔っぱらい鯖」を美味しく食べるために我慢、我慢。

住所:福井県大飯郡おおい町名田庄納田終109-4-1

電話:0770-67-2255

参考:あおい町観光協会公式サイト

 

道の駅名田庄を後にして、周山街道を小浜に向けて走ります。

しばらく走ると小浜市内にはいり、目的地のSABARへ。

 

SABAR 小浜田烏店

11時に予約をしていたのですがその少し前に到着。

お店の外には営業開始時間は11:38と書いてあります。

(いいサバ)という洒落なのですね。

普通に11:00に店内に入ることができました。

このSABAR小浜田烏店の目の前は小浜湾、この日は晴れていたので海がすごく綺麗でした。

店内は、鯖料理店というより、海辺のサーフショップという感じの雰囲気。

この雰囲気からは「酔っぱらい鯖」は連想できません。

トイレには酔っぱらい鯖のイラストがありました。

ところで「酔っぱらい鯖」とはどんなものなのでしょうか?

酔っぱらい鯖

「小浜よっぱらいサバ」は、臭みがなく、ほのかにさわやかな香りを楽しんでいただけます。それは、適度に潮流が流れ込み、地下水が湧き出ている清らかな小浜の海で育っていることに加え、酒粕が独特の香りを身に与えていることが考えられます。

また、「小浜よっぱらいサバ」は、舌先が捉え喉に残る深い旨みと甘さ、爽やかな酸味を持ちます。
これは、美しい海で適切な食事量で育ち、しっかりと運動することに加え、餌に含まれた酒粕に含まれる豊富なアミノ酸の働きだと考えられます。

引用元:小浜酔っぱらい鯖 公式サイト

小浜で酒粕を与えられ育てられた養殖のサバなのですね。

この日私が注文したのは「酔っぱらい鯖お造り定食」

新鮮な酔っぱらい鯖のお造りに、鯖寿司、しめ鯖のぬた、鯖のフリットなど5種類の小鉢がつきます。

お値段は税別2,400円と少しお高め。

鯖は、当然新鮮な生サバで、身がプリプリで脂がくどい感じが無く美味しいです。

その他の鯖料理もすべて満足いく味でした。

それと、ご飯が炊きたてで美味しかった!

福井のお米って美味しいんですね!

メニューは他にも沢山あって

・酔っぱらい鯖のひつまぶし定食

・天然まさばの塩焼き定食

・漬け丼定食

珍しい

・焼き鯖ラーメン

のどよりどりみどりです。

鯖の棒寿司はお土産で買うことができます。

その他に、鯖缶、カップ鯖ーメンなどお土産も充実しています。

【SABAR小浜田烏店情報】

住所:福井県小浜市田烏63-14-1

電話:0770-54-3338

営業時間:11:38~16:00(LO.15:00)

営業日:土、日、祝のみ営業

参考:SABAR 公式サイト

※メニューは少し違うと思いますがSABARは京都や大阪、銀座、シンガポールにも店舗展開をしています。

 

お腹も満足したので、帰りは鯖街道を通って帰ります。

鯖街道とは、美味しい鯖がとれる小浜の港町と京都を結ぶ街道のことで、古くからこう呼ばれています。

街道は1本ではなく複数あります。

周山街道の一部も鯖街道の一つで西の鯖街道と呼ばれているようです。

参考:Wikipedia 鯖街道

小浜からR303、367鯖街道を通って帰路につきます。

鯖街道だけあって、途中「鯖のヘシコ」や「鯖寿司」を販売しているお店がいくつもあります。

 

 

道の駅 くつき新本陣

帰りの休憩は「道の駅 くつき新本陣」

ここの食堂では地元の食材を使った料理が並ぶ「バイキング」1,100円(税込)を味わうことができます。

カレーやデザート、ドリンクもあるのでお得感があります。

お土産品の品数も多いのでお土産を買われる方は利用してみてはいかがでしょう。

なお、こちらには二輪専用駐車場があります。

住所:滋賀県高島市朽木市場777

電話:0740-38-2398

参考:道の駅くつき新本陣公式サイト

休憩を終え、「湖西道路」から帰ります。

「湖西道路」大津付近はいつも渋滞がありますがこの日はそれほどでもありませんでした。

この日のメンバーは住んでいる場所もまちまちだったので、京都東IC付近でメンバーに別れをつげ解散。

私は高速で家へ向かいました。

家に付いたのは15時前だったので、雨に降られることもなく、大阪最後のツーリングを無事終えることができました。

【関連記事】

伊勢神宮・鳥羽の旅 ☆ バイク・車で行きたい「黒潮」の絶品!プリップリ海鮮丼

関西発 日帰りツーリング ☆ 伊勢グルメ!絶品「鰻」を食べてきた!

関西 丹後グルメツーリング ☆ 蒲入水産「漁港飯」は絶対に食べるべき!

 

-お役立ち情報, グルメ、旅行、キャンプ, バイク、ツーリング
-, , , , , ,

© 2021 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。