お役立ち情報 バイク、ツーリングなど

関西日帰りツーリング「ビワイチはやっぱイイっ!」琵琶湖一周おすすめスポット

ビワイチとは、ご存じのとおり琵琶湖一周。回り方も人それぞれですが、今回は、私のおすすめスポットをご紹介しましょう。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


blank

blank

 

世の中新型コロナで何かと大変ですが、家の中だけでは息がつまります。

市街地ウロウロするよりも、感染リスクとか考えると、バイクで郊外にソロツーリングが一番かなと思う今日この頃。

久しぶりにビワイチ行きたいと思い立ちいってきましたよ。

前回は前のバイク(V TWIN MAGNA)だったのでBoltで行くのは初めて。

それと、前回は奈良から彦根に入ったので、厳密に言うと3/4周だったのですよ。

今回は大津から入って大津に戻る「まるっと一周」に挑戦。

ちなみに琵琶湖の外周は240キロ程らしいです。

大阪市内からの往復と寄り道考えると約400キロほどの行程になりますな。

9時頃に大津をスタートしたかったので、8時過ぎに大阪市内を出発。

私は道覚えるの苦手なのでナビが頼り(笑)

ビワイチはナビの設定が難しい。

大津~大津で経由地全部入れるのは面倒なので、休憩の都度設定します。

もちろん定番の「反時計回り」です。

とりあえず大津市の琵琶湖の南端あたりを目的地にして、コンビニに一休み。

その間に目的地を設定「彦根城」は前回行ってるし、桜の季節で人が多そうなので、今回はパス。

 

最初の目的地を「道の駅近江母の郷」に設定。

 

ナビ通りだと「琵琶湖沿い」ではない道路を選択することがあるので、なるべく湖に近い道を、その都度選ん走ると良いです。

撮影スポットが結構あるので、良さそうなところで写真を撮りながら走ります。

blank

この時期は、あちこち桜が綺麗ですね。

道の駅近江母の郷

blank

blank

 

大津から70キロ程で到着。

バイクが7、8台ありました。

ここには土産物屋やレストランがあり、レストランでは、「フルフルラーメン」という絹が練りこまれたラーメンが名物のようです。

絹=蚕の繭ですよ・・・(笑)

今回は、人込みを避けたいので、トイレ休憩と写真撮影だけにしておきました。

このあたりからかなり道も空いてきます。

湖を左手に見ながら、バイクでゆったり走るには最高です。

で、次の目的地は「余呉湖」。

余呉湖は琵琶湖の北側にポツンとある小さな湖です。

Twitterのフォロワーさんが写真あげてたのを見て一度行ってみたいと思っていたので立ち寄ってみました。

余呉湖

blank

blank

 

Boltはタンクが小さいので、途中で一回給油していきました。

湖につくと、休憩所がありますが、通過して湖の周りを走ります。

道がどんどん狭くなり、たまに対向車もきます汗

良さそうなところで写真をとって、迷ったあげく、一周せずに来た道をもどりました。

余呉湖は花見や釣りをしている人がポツポツいて、地元の人の憩いの場所といった感じの綺麗な湖でしたよ。

奥琵琶湖パークウエイ

blank

次の目的地は、奥琵琶湖パークウエイ。

山の上から琵琶湖が見渡せる「絶景スポット」です。

道路沿いの桜がとてもきれいです。

blank

途中、工事中の片側通行箇所が二か所ほどありましたが、気持ちよく山を登っていくと、ほどなく「尾崎展望台」に到着。

車もバイクも多かったです。

展望台の桜越しに見る琵琶湖はまた格別。

blank

うどん等が食べられる食堂がありますが、人込みを避けようと思い、「フランクフルト」をテイクアウトし、景色を見ながら小腹を満たしました。

 

マキノ高原メタセコイア並木

blank

一度行っていたのですが、Boltとの記念撮影のために再度挑戦

マキノ高原は、温泉施設「さらさ」や、グランドゴルフ、キャンプなどが楽しめる観光スポット。冬にはスキーが楽しめます。

blank

この時期は車もまばらでした。

で、メタセコイア並木で記念撮影

blank

今回も葉っぱが無いw

青々しい画像をよく見るのですが、夏に行かないとだめなのか・・・。

メタセコイア並木の一番南側には「マキノピックランド」という施設があります。
オシャレっぽいレストランなどが併設されています。

ちょうどランチの時間でしたが、今回はトイレ休憩だけにしておきました。

次の目的地を「白髭神社」に設定し、ナビを無視してひたすら湖岸を走ります。

大津を目的地にすると、内陸を走る「湖西道路」につれていかれます。
ただの自動車専用道路(無料)で面白くないので注意してください。

琵琶湖は湖西(西側)の湖岸道路が一番気持ちいいです。

blank

blank

 

白髭神社

blank

湖の中に鳥居があることで有名な神社です。駐車場台数は多くないですが無料でバイク専用の場所も確保されています。

blank

記念撮影を済ませ、そろそろ何か食べようかと見渡すと、食堂発見。

バイクを神社に置いて50m程のところにある「白ひげ食堂」さんに。

blank

覗くと混んで無さそうだったので入ってみました。

店内に入ると愛想の良い女将さんが出迎えてくれます。
他のお客は地元の人のようでした。

豚汁と看板に書いてあったので、豚汁うどん(辛口)を注文。

blank

また、おでんの鍋がありセルフで好きなものを選ぶ方式です。
ここのは関東風のおでん、大根に味が染みてて美味しかったですよ。
あとでググってみると結構評判の良いお店でした。

「白ひげ食堂」詳細

腹ごしらえを済ませ、たまに停まって撮影をしながら湖岸道路を大津に向かって走ります。

最後の目的地は琵琶湖大橋のたもとにある「道の駅びわ湖大橋米プラザ」

白髭神社から40キロ強だったかな。

道の駅びわ湖大橋米プラザ

blank

湖岸道路から大津市に入ると、町の雰囲気になり、旅が終わりに近づいたことを感じます。

大津の市街地近くを通って

びわ湖大橋米プラザに到着

ここは滋賀のお米を使ったお土産が名物なので米プラザのようですね。

レストラン等も併設され、施設の裏手から遊覧船も出ています。
琵琶湖大橋が見渡せる絶景スポットでもあります。

blank

ここで休憩。
このあとは高速オンリーになるので、トイレ休憩を済ませ、缶コーヒーで一服。

ちなみに、道の駅を出るとき「インコース(オレンジライン)」を通ると橋を渡って遠回り、橋の通行料金も取られます(笑)

「アウトコース(グリーンライン)」を通って、高速道路で大阪へ。

道も空いてて快適でした。

17時位には大阪市内に到着。

でも、一日400キロあちこち走ると疲れますね。

でも、また行きますけど。
一度反対周りもしてみようかな?

やっぱ「ビワイチ」オススメです!

 

今回はここまで

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


blank

blank

 


blank

blank

 

 


blank

blank

 


blank

blank

 

世の中新型コロナで何かと大変ですが、家の中だけでは息がつまります。

市街地ウロウロするよりも、感染リスクとか考えると、バイクで郊外にソロツーリングが一番かなと思う今日この頃。

久しぶりにビワイチ行きたいと思い立ちいってきましたよ。

前回は前のバイク(V TWIN MAGNA)だったのでBoltで行くのは初めて。

それと、前回は奈良から彦根に入ったので、厳密に言うと3/4周だったのですよ。

今回は大津から入って大津に戻る「まるっと一周」に挑戦。

ちなみに琵琶湖の外周は240キロ程らしいです。

大阪市内からの往復と寄り道考えると約400キロほどの行程になりますな。

9時頃に大津をスタートしたかったので、8時過ぎに大阪市内を出発。

私は道覚えるの苦手なのでナビが頼り(笑)

ビワイチはナビの設定が難しい。

大津~大津で経由地全部入れるのは面倒なので、休憩の都度設定します。

もちろん定番の「反時計回り」です。

とりあえず大津市の琵琶湖の南端あたりを目的地にして、コンビニに一休み。

その間に目的地を設定「彦根城」は前回行ってるし、桜の季節で人が多そうなので、今回はパス。

 

最初の目的地を「道の駅近江母の郷」に設定。

 

ナビ通りだと「琵琶湖沿い」ではない道路を選択することがあるので、なるべく湖に近い道を、その都度選ん走ると良いです。

撮影スポットが結構あるので、良さそうなところで写真を撮りながら走ります。

blank

この時期は、あちこち桜が綺麗ですね。

道の駅近江母の郷

blank

blank

 

大津から70キロ程で到着。

バイクが7、8台ありました。

ここには土産物屋やレストランがあり、レストランでは、「フルフルラーメン」という絹が練りこまれたラーメンが名物のようです。

絹=蚕の繭ですよ・・・(笑)

今回は、人込みを避けたいので、トイレ休憩と写真撮影だけにしておきました。

このあたりからかなり道も空いてきます。

湖を左手に見ながら、バイクでゆったり走るには最高です。

で、次の目的地は「余呉湖」。

余呉湖は琵琶湖の北側にポツンとある小さな湖です。

Twitterのフォロワーさんが写真あげてたのを見て一度行ってみたいと思っていたので立ち寄ってみました。

余呉湖

blank

blank

 

Boltはタンクが小さいので、途中で一回給油していきました。

湖につくと、休憩所がありますが、通過して湖の周りを走ります。

道がどんどん狭くなり、たまに対向車もきます汗

良さそうなところで写真をとって、迷ったあげく、一周せずに来た道をもどりました。

余呉湖は花見や釣りをしている人がポツポツいて、地元の人の憩いの場所といった感じの綺麗な湖でしたよ。

奥琵琶湖パークウエイ

blank

次の目的地は、奥琵琶湖パークウエイ。

山の上から琵琶湖が見渡せる「絶景スポット」です。

道路沿いの桜がとてもきれいです。

blank

途中、工事中の片側通行箇所が二か所ほどありましたが、気持ちよく山を登っていくと、ほどなく「尾崎展望台」に到着。

車もバイクも多かったです。

展望台の桜越しに見る琵琶湖はまた格別。

blank

うどん等が食べられる食堂がありますが、人込みを避けようと思い、「フランクフルト」をテイクアウトし、景色を見ながら小腹を満たしました。

 

マキノ高原メタセコイア並木

blank

一度行っていたのですが、Boltとの記念撮影のために再度挑戦

マキノ高原は、温泉施設「さらさ」や、グランドゴルフ、キャンプなどが楽しめる観光スポット。冬にはスキーが楽しめます。

blank

この時期は車もまばらでした。

で、メタセコイア並木で記念撮影

blank

今回も葉っぱが無いw

青々しい画像をよく見るのですが、夏に行かないとだめなのか・・・。

メタセコイア並木の一番南側には「マキノピックランド」という施設があります。
オシャレっぽいレストランなどが併設されています。

ちょうどランチの時間でしたが、今回はトイレ休憩だけにしておきました。

次の目的地を「白髭神社」に設定し、ナビを無視してひたすら湖岸を走ります。

大津を目的地にすると、内陸を走る「湖西道路」につれていかれます。
ただの自動車専用道路(無料)で面白くないので注意してください。

琵琶湖は湖西(西側)の湖岸道路が一番気持ちいいです。

blank

blank

 

白髭神社

blank

湖の中に鳥居があることで有名な神社です。駐車場台数は多くないですが無料でバイク専用の場所も確保されています。

blank

記念撮影を済ませ、そろそろ何か食べようかと見渡すと、食堂発見。

バイクを神社に置いて50m程のところにある「白ひげ食堂」さんに。

blank

覗くと混んで無さそうだったので入ってみました。

店内に入ると愛想の良い女将さんが出迎えてくれます。
他のお客は地元の人のようでした。

豚汁と看板に書いてあったので、豚汁うどん(辛口)を注文。

blank

また、おでんの鍋がありセルフで好きなものを選ぶ方式です。
ここのは関東風のおでん、大根に味が染みてて美味しかったですよ。
あとでググってみると結構評判の良いお店でした。

「白ひげ食堂」詳細

腹ごしらえを済ませ、たまに停まって撮影をしながら湖岸道路を大津に向かって走ります。

最後の目的地は琵琶湖大橋のたもとにある「道の駅びわ湖大橋米プラザ」

白髭神社から40キロ強だったかな。

道の駅びわ湖大橋米プラザ

blank

湖岸道路から大津市に入ると、町の雰囲気になり、旅が終わりに近づいたことを感じます。

大津の市街地近くを通って

びわ湖大橋米プラザに到着

ここは滋賀のお米を使ったお土産が名物なので米プラザのようですね。

レストラン等も併設され、施設の裏手から遊覧船も出ています。
琵琶湖大橋が見渡せる絶景スポットでもあります。

blank

ここで休憩。
このあとは高速オンリーになるので、トイレ休憩を済ませ、缶コーヒーで一服。

ちなみに、道の駅を出るとき「インコース(オレンジライン)」を通ると橋を渡って遠回り、橋の通行料金も取られます(笑)

「アウトコース(グリーンライン)」を通って、高速道路で大阪へ。

道も空いてて快適でした。

17時位には大阪市内に到着。

でも、一日400キロあちこち走ると疲れますね。

でも、また行きますけど。
一度反対周りもしてみようかな?

やっぱ「ビワイチ」オススメです!

 

今回はここまで

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


blank

blank

 


blank

blank

 

-お役立ち情報, バイク、ツーリングなど
-, ,

© 2020 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。