お役立ち情報 ファッション、グッズ 時事問題、災害など

Google Pixel 4a 届いたのでmineoの機種変更を自分でやってみた

スマホが高機能化し価格も高額になっていたなかで、最近コストパフォーマンスに優れたスマートフォンが続々登場しています。

私のスマホもそろそろ替え時だと思っていたので、いくつかの新しい機種を比較し機種変更を決断。

 

そしてGoogleストアで予約注文をしていた2020年8月20日発売の高コスパスマートフォン「Google Pixel 4a」が届きました!

大きさは
69.4×144.0×8.2(mm) 重量143g

バイクにナビ替わりとして取付けるため「大きすぎるのはちょっと・・・」と思っていた私にとってはジャストサイズ。

2年ほど前にAUからMineoにキャリアを変更していたので、

早速、mineoのHPから機種変更のやりかたを探すことに。

 



mineo(マイネオ)

スマホの料金って結構高いですよね。

私は2年前にキャリアをauからmineoに替えました。

実はうちの家族(妻・娘2人)も全員mineoに替えています。

私が契約しているプランは「Aプラン デュアルタイプ 5ギガ」というもので、au VoLTE対応です。

これはauのLTE通信をつかったプランになるので回線はauのものを使っているのです。

その他にdocomoやsoftbankの回線を使ったプランもあります。

mineoの特徴として「マイネ王」というページから余ったギガを譲り合えるシステムなどもあるので面白いですね。

残りのギガ数はアプリで確認できます。

前月から繰り越しできるのでこんなにありますw

いまはゲームをしなくなったのでギガが足りなくなったことはありません。

ちなみに、このプランの基本料金は 2,409円

そこから家族割引55円ほどが差し引かれています。

mineo同士なら無料で通話ができる「mineo電話」というのがありますが、使ったことはありません。

そもそもスマホで通話をほとんどしませんし、どうしてもしたい時でもLINE通話などのネット通話で十分に事が足りています。

 

 

不満はあまりありませんが、すごく人が多くてみんながau回線を使用していればネットが遅くなるようなので、そこぐらいでしょうか。

スマホ料金が高すぎるとお思いの方は、mineoへの切り替えを検討してみたらいかがでしょうか?

現在他のキャリアで使用しているスマホをそのまま使うことができます

 

 

mineoのホームページを見ると・・・

mineoでは自身で別途購入したスマホを使うこともできるのですが、ホームページを見てみると「動作確認済み端末」と「動作不可端末」の一覧が掲載されています。

本来は端末を購入する前に確認しておけば良かったのですが、まったく見ていませんでした。

そちらを見てみると・・・。

Google PixelシリーズでAプランの動作確認ができているのは

「Pixel 3」「Pixel 3 XL」まで。

ちなみにsoftbankの回線を使ったSプランですと

「Pixel 3」「Pixel 3 XL」「Pixel 4」「Pixel 4XL」まで動作確認されていました。

んんん?使えないのかな!?

 

 

mineoサービス窓口に電話

仕方ないのでmineoサービス窓口に電話してみました。

感じの良いスタッフが対応してくれましたが、
「残念ながら動作確認ができておらず、お使いいただけません。」

という回答。
SIMが使えるのだから「そんなはずはない」と内心思いながら。

「確認できていないものを使えるといったら責任が発生してしまうから言えないのだな」

と思い、潔く引き下がりましたw

 

それでは機種変更の作業にいってみましょう。



 

データ移行

この作業が一番面倒だと思っていました。

でもPixel 4aには「Google Pixel 4a 初期設定ガイド」なるものが付属しており、それを開くと

「データ移行する」というページがあります。

Pixel 4aの箱の中にはクイックスイッチアダプターというのが付属しています。

これがなくても付属の充電器は両端がマイクロUSB端子(Cタイプ)になっています。

これを「元のスマホ」と「Pixel 4a」の端子につなげ案内にしたがって何度かクリックするだけでデータ移行は「ほぼ完ぺき」に完了します

すごく簡単にできてしまいました。

時間は少しかかりますが10分程度だったでしょうか?

アプリや検索履歴、保存されたパスワードまで移行されていたのには驚きました。

ただホームページに貼ったWEBのショートカットなどはコピーされないので改めて貼り付ける必要があります。

 

 

元のスマホ側の準備

念のため入れているアプリとID、PASSワードなどはノートにメモしておきました。

アプリによって機種変更の際に元のスマホ側で準備しておかなければいけないものがありますので注意が必要ですね。

 

私の場合は
・楽天Edy
・LINE
・Quick Pay

の3つが転出作業が必要だったのでまずはそれをやっておきます。

 

転出作業のさいに新しいスマホで使うときの転入IDやPASSが発行されるものがありますので忘れずにメモしておきましょう

ちなみにQuick Payは移行IDとPASSが必要になります。

私はIDの方をメモし忘れたため郵送での手続きをしなくてはならなくなりました。

やっちまった汗



 

SIMカードの入れ替え

元スマホ、新しいスマホともに電源を切ってから、元のスマホからSIMカード取り出し、新しいスマホに移植します。

元のスマホはSIMを抜いてしまうと通信ができなくなりますし、新しいスマホも初期設定をしないと使えないため、

WiFi環境があるところで行ったほうが良いでしょう

繋がらなかったときにWiFiを繋げて作業をすることができます。

 

 

Pixel 4a の mineo 初期設定

SIMカードを入れてスマホのスイッチをONにしてもすぐには通信できません。

mineoの回線を使うための初期設定が必要です。

手順を追って説明しましょう。

 

①「設定アプリ」を起動

②「ネットワークとインターネット」をクリック

③「Wi-Fi」をOFFにする

④そのすぐ下の「モバイルネットワーク」をクリック

⑤一番下の「詳細設定」をクリック

⑥「アクセスポイント名」をクリック

⑦すでにAPNが記載されていればそれをクリックして内容を打ち換える。
なにもなければ右上のメニューボタンをおして「新しいAPN」を押して内容を打ち込む。

⑧打ち込む項目・内容

 ・前/ネットワーク名 → 任意(なんでもかまわない)
・PN/APN設定 → mineo.jp
・ーザーID/ユーザー名 → mineo@k-opti.com
・スワード/PASSWORD → mineo
・証タイプ/PPP認証方式/PPP認証設定 → CHAPを選択

⑨右上のメニューで保存。これでmineoネットワークに接続できるはずです。

参考:mineoご利用ガイド(Aプラン)

 

 

アプリの転入

転出作業をしたアプリには、それぞれ転入作業の期限があります。
忘れずに転入の作業をしてください

その他のアプリも一旦ログインしておくと使うときに慌てずに済むと思います。

 

 

Google Pixel 4a の使い心地

まだ一日しか使っていないのですがかなり慣れてきました。

起動は指紋認証が裏面にあるので始めのうちは慣れないと思いますが、慣れればなかなか使いやすいと思います。

もちろん、電源ボタンとPINコードでも起動できます。

画面はすごく綺麗だと感じます。

WEBページなどで戻るボタンが無いので戸惑いましたが、感覚的に触っていたらわかりました。

画面の右端から左へフリックなんですね。

隠れているページを表示するのも下から真ん中あたりまでフリックで出てきます。

ページを消すのは下からのフリックです。

いろんな作業がフリックになっているんですね。

理解してしまえばフリックだけでいろいろと操作できるので便利かもしれません。

表示や動きの速度も十分にヌル速だと思います。

画面もかなり綺麗で見やすいですね。

今までのスマホと違い、電池は一日使っても問題ないくらいの容量を備えています。

まあ、古くなれば消耗が早くなるのかもしれませんが・・・。

今のところ不満無し!と言って良いかと思います。

 

とりあえず「mineo」で「Google Pixel 4a」に機種変更できたことをお伝えしておきます!

 





-お役立ち情報, ファッション、グッズ, 時事問題、災害など
-, , ,

© 2020 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。