お役立ち情報 その他 ダイエット、健康、美容

お酒が強くなるにはどうしたら良い?☆ お酒を飲めるようになりたい

同僚や友人と酌み交わすお酒は楽しいものです。

仕事上の接待や、同僚との会食、友人との飲み会など今では楽しくて飲みすぎることもあります。

こんな私は若いころ「酒」が苦手でした。

どちらかと言うと義務でお酒を体に流し込み、毎回のように吐いていました。

酔うと頭が痛くなるのでギブアップ。

「千鳥足」になるほど酔える人が羨ましかった。

そんな私が今では、自宅でもお酒を飲むようになりました。

何故でしょう?

 

 

酒は不味い

私の両親は、母親は酒が強く、父親はビール一杯で顔が真っ赤になって寝てしまうというような感じでした。

自分は酒が弱かったので、大学に入ってお酒を飲む機会が増えたときには

「なぜ母親に似なかったのか・・・」

と思っていました。

自宅にグラスやアイスペールを買い込み、ワイルドターキー(バーボン)のボトルを買ってロックで飲む練習をしましたが・・・

「不味いし、きもち悪くなるのに何故こんなもの飲むのか?」

と思い辞めてしまいました。

「コーラや牛乳のほうが旨いし何故みんな酒なんか飲むんだろう?」

と思っていました。

 

当時の私は、

・酒を飲むと頭が痛くなる。

・酒を飲むと吐いてしまうので苦しい。

という感じでしたので酒を飲んでも楽しくありませんでした。

 

それでも周りの雰囲気を悪くするのが嫌だったので我慢してそこそこ飲んでいました。

 

そんな私にもある時変化が。

 

救世主登場

30代前半で結婚したのですが相変わらず酒は苦手でした。

ある時妻が、

「お酒が苦手なのに飲まなければいけないなんて大変ね。ウコンでも飲んだら?」

妻は差ほどお酒が強いわけではないのですが、比較的好きで、夕食の時に一人でワインを飲んだりしていました。

 

「ウコンか・・・。肝臓に良さそうだし飲んでみるか」

 

早速、ウコンの錠剤タイプのものを購入してお酒を飲む前に飲むようにしたのです。

すると、いきなり酒が強くなったり好きになったりはしないのですが、

頭が痛くなることが減ったのです。

 

それからと言うものお酒を飲むときは必ず「ウコン」を飲むようにして、切らしている時にはコンビニに行って「ウコンの力」を飲んでから酒を飲むようにしました。

頭が痛くならないだけで段違いに楽になったのです。

 

得意な酒を造る

それでも酒が旨いと思って飲むことはありませんでした。

特に苦手意識があったお酒は、

・ビール 大学の頃死ぬほど飲まされたから、苦い、今でも少し苦手。

・スコッチウイスキー あの香料のような匂いだけでダメ。

この2つはダメでした。

 

一方で酸味がある飲み物が好きだった私は比較的得意なお酒を見つけました。

それが「レモンサワー」です。

関西では「酎ハイ レモン」ですね。

なので、いつもコイツを注文していました。

そこから派生的に「芋焼酎の水割り」も得意になりました。

麦焼酎はツンとした感じがあまり得意ではなく、よりまろやかな「芋焼酎」のほうが飲みやすくて飲めるようになってきました。

でもロックやストレートはダメでした。

あとはワインも少しなら飲むようになっていました。

 

良い酒は飲みやすい

仕事上、目上の人と飲む機会が多くなって、今までよりも高級な飲食店に行く機会が増えてきました。

いままであまりなかった高いお酒や、希少なお酒を飲む機会ができました。

あるとき、すごく希少な日本酒を飲ませてもらうことがありました。

「日本酒ってツーンと来るやつ・・・。」

銘柄は忘れましたがなかなか入荷しないお酒のようでした。

お猪口についでもらい飲んでみると、

ツーンとすることもなく、スッと体に入ってきます。

・・・あれツーンとしない、なんだか美味しいのかも?

 

徳利からお猪口についで飲むというのも良かったのでしょう。

一杯の量が少ないのがありがたい。

マス酒やコップ酒だと「こんなに飲まなきゃいけないのか?」という強迫観念が働いてしまうのですがお猪口だとそれが無いのが嬉しい。

 

結局その日、私は腰が立たなくなり、ふら付きながら千鳥足で帰りました。

「これが千鳥足か~。何だか気持ちいいな~。」

 

そうそう、日本酒やワイン、ストレートのお酒を飲むときはチェイサー(お水)を飲みながら呑むと悪酔いしないので試してみて下さいね。

 

覚醒

その後、お酒に対する苦手意識は薄れていき、自ら進んで飲みにいくようになりました。

酒が好きとは感じませんでしたが、お酒を飲んで酔っ払うことが楽しくなったのです。

ワインをがぶ飲みしたり、テキーラをショットで飲んだり。

テキーラも日本酒とおなじでショットの量が少ないので一気に飲んでしまえばカーッとはなりますがすぐに無くなるのが良いのでしょう。

今まででは考えられなかった

・千鳥足

・飲んで記憶をなくす

なんてことがあります。

これがまた楽しいと思うようになりました。

 

最近では自宅でも晩酌をするようになりました。

酒は得意ではないのですが「嫌い」とは言えなくなってきましたね。

いまはウコンは飲んでいません。

飲み会が続いてちょっと体が辛いという時に、たまにコンビニで「ウコンの力」を買うことはあります。

 

お酒を楽しく飲めるようになると人生の楽しみが広がります。

全く体に合わないという人もなかにはいるかと思いますが、ほとんどの人は「苦手意識」と「身体が酒に慣れていない」ことで「酒が苦手」と思っているのではないかと思います。

 

まとめ

酒がのめるようになるコツ

・ウコンを飲む(肝臓の負担が減る」

・自分の得意な酒をつくる

・良い酒を飲む

 

あとは歌をうたったり、騒いで発散したり、とにかく楽しんで下さい。

そうすれば「お酒を飲む」=「楽しい」という経験が脳に植えつけられるはずです。

 

-お役立ち情報, その他, ダイエット、健康、美容
-, , ,

© 2021 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。