この記事にはアフィリエイト広告を利用しています

広告 グルメ、料理レシピ バイク、ツーリング

ご当地グルメツーリング 埼玉県 ☆ せっかくツーリングに行くならご当地グルメを食べるべし

ツーリングの楽しみの一つにグルメがあります。

日本には海あり山あり清流あり、南北に長い地形で四季があるので、グルメも地域ごとに様々です。

折角ツーリングに行くなら地元のご当地グルメを是非頂きたいもの。

ただ、情報なしに行っても美味しいものにはありつけません。

今回は、ツーリングで埼玉県を訪れる際におすすめのご当地グルメをご紹介します。

武蔵野うどん

「武蔵野うどん」は、東京都の多摩地域から埼玉県の西部を指す「武蔵野台地」の周辺を発祥とするご当地グルメです。

麺は一般的なうどんよりも太くてコシが強く、ガシガシとした食べ応えなのが特徴。

水で締めてざるうどんのように盛った麺を、具がたっぷりと入ったつけ汁につけて食べるのが最もポピュラーな食べ方です。

腰のあるうどんと、濃い目のつけ汁がマッチしてとても美味しいご当地うどんなのです。

【柿屋うどん】

住所:埼玉県所沢市大字下富520 カクイチショールーム所沢店【地図】

営業時間:[火~木]11:00〜15:00、[金・土・日]11:00〜15:00、17:30〜21:00

定休日:月曜

電話:042-968-5448

参考:食べログ

冷汁うどん

江戸時代から小麦の生産が盛んだった埼玉県。

様々な場面でうどんが食されてきた歴史があり、うどん生産量は、香川県に次いで第2位となっています。

「冷汁うどん」は、ゴマ、白味噌、砂糖をすり鉢で混ぜ合わせ、だしでのばした冷やし汁にうどんをつけていただく家庭料理。

シソ・きゅうり・ミョウガなどの薬味を入れていただきます。

【手打ちうどん・そば 子亀】

住所:埼玉県加須市諏訪1-15-6【地図】

営業時間:11:00~15:00、17:00~20:00

定休日:木曜日、第3水曜日

電話:0480-62-2876

参考:公式サイト等

わらじカツ

わらじかつとは、埼玉県秩父市発祥のご当地グルメで、履き物の「わらじ」ほどの大きさのロースとんかつを指します。

やわらかな豚肉を使い、一般的なとんかつよりも厚みが薄く、どんぶりからはみ出すほどサイズが大きいのが特徴です。

わらじかつの発祥・元祖は、安田屋 小鹿野店のわらじカツ丼と言われています。

かつにたっぷりと染み込んだ甘辛たれがごはんによく合い、一度食べるとやみつきになる味わい。秩父観光の際には外せない秩父名物です。

【わらじカツ 安田屋本店】

住所:埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野392【地図】

営業時間:11:00~13:30 (ごはんがなくなり次第終了)、17:00~18:00

定休日:水曜日

電話:0494-75-0074

参考:食べログ

うなぎ料理

江戸時代に、中山道の宿場町として栄えた浦和。

当時の浦和地区は、川や沼地が多く、うなぎがよく獲れたそうで、浦和宿を行き交う人々にふるまう、浦和のうなぎが評判だったと言います。

江戸時代から続く「浦和のうなぎ」の特徴は、蒸す前に軽く焼く「白焼き」という工程を入れ、うなぎの旨味を閉じこめていること。

現在でも、浦和地区には、伝統の技を受け継ぐ老舗が点在しています。

【味処ふる川】

住所:埼玉県さいたま市浦和区岸町7丁目1−3【地図】

営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00(日祝は20:00まで)

定休日:月曜

電話:048-822-1101

参考:公式サイト等

煮ぼうとう

「煮ぼうとう」は、特産の深谷ねぎをはじめとする地産の野菜をたっぷり入れ、幅広の平打ち麺とともに煮込んだ深谷市に伝わる料理。

「近代日本経済の父」と称される、深谷出身の渋沢栄一も愛したと言われる郷土料理です

山梨のほうとうと違い、かぼちゃは入れず、醤油ベースの味付けが特徴。

生麺から煮込むため、独特なとろみが生まれ、寒い冬に体を温めてくれる冬の定番メニューです。

【割烹 楓】

住所:埼玉県深谷市大塚334【地図】

営業時間:11:30~15:00(14:30LO)、17:00~22:00(21:30LO)

定休日:火曜日定休 ※水曜日17:00以降は宴会等の予約のみ営業

電話: 048-587-3260

参考:公式サイト等

スタミナラーメン

「スタミナラーメン」は、醬油ベースのスープに、豆板醤入りのピリ辛餡をかけた、さいたま市発祥のご当地ラーメン。

北浦和にある「娘娘」や大宮の「漫々亭」、その姉妹店などで提供されてきたメニューで、独特な辛みが学生やサラリーマンから絶大な支持を受けています。

【娘々 北浦和店】

住所:埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-2-13【地図】

営業時間:12時~20時(L.A.19時45分)

定休日:月曜日、火曜日

電話:048-824-6791

参考:公式サイト等

ゼリーフライ

「ゼリーフライ」とは、じゃがいもとおからをベースに、数種類の野菜を入れ、小判型に成形して揚げた行田市のB級グルメ。

名前の由来は、「銭フライ」が訛って、こう呼ばれるようになったようです。

コロッケのような見た目ですが、衣をつけずに揚げるのが特徴で、甘みのある特製ソースにくぐらせて仕上げます。

市内にある一福茶屋の店主が、中国に従軍中、現地で食べた野菜まんじゅうをアレンジして作って提供したのが始まり。

リーズナブルな価格で、行田市のおやつとして親しまれている名物グルメです。

【かねつき堂】

住所:埼玉県行田市本丸13-13【地図】

営業時間:11:00~18:00

定休日:月曜

電話:048-556-7811

参考:公式サイト等

みそポテト

「みそポテト」は、ふかしたジャガイモを天ぷらにしたものに、甘辛い味噌ダレをつけていただく、秩父地方の名物グルメ。

もともと、秩父地方には、農作業の合間や小腹がすいた時などに食べる「小昼飯(こぢゅうはん)」と呼ばれる風習があり、「みそポテト」は、その定番料理。

現在も、秩父のおやつやおつまみとして親しまれており、秩父の食べ歩きグルメとしても知られる名物です。

【道の駅 ちちぶ】

住所:埼玉県秩父市大宮4625【地図】

営業時間:10:00~15:00

定休日:年末年始

電話:0494-21-2266

参考:公式サイト等

豚味噌丼

秩父豚肉味噌漬本舗「せかい」は1915年創業、精肉の老舗です。

秩父豚肉味噌漬本舗「せかい」の『秩父豚肉味噌漬け』はその伝統の技から生まれた豊かな風味、厳選された素材が醸し出す素朴な滋味は誰からも愛される秩父の逸品です。

その「せかい」直営の豚味噌漬丼のお店が「秩父新世界」。

秩父で「せかいの豚味噌丼が食べたい!」という多くの声に応えて、令和2年5月24日に直営店「豚味噌丼お食事処 秩父新世界」ができました。

【豚味噌丼お食事処 秩父新世界】

住所:埼玉県秩父市本町4-23【地図】

定休日:毎週火曜日、12/31、元日

営業時間:

【月・水・木・金曜】
11:30~15:00(ラストオーダー 14:30)
16:30~18:00 テイクアウトのみ

【土・日曜日・祭日】
11:30~16:00(ラストオーダー 15:30)
夕方の営業はなし

参考:豚味噌丼お食事処 秩父新世界公式サイト

埼玉へツーリングに行かれる際には是非チェックしておいて下さいね。

【関連記事】

埼玉県レジャー情報まとめ ★バイク、旅行、グルメ、温泉などが一目でわかる

埼玉県のインスタ映えツーリングスポット ~ 絶景とバイクの思い出を収めるならココ

ご当地グルメツーリング 関東編 ★ せっかくツーリングに行くならご当地グルメを食べるべし

秩父グルメ 豚味噌漬本舗せかい ☆ 名店・秩父新世界で美味しい豚味噌漬丼を堪能

小鹿神社からの安田屋 ~ 秩父のバイク神社&わらじカツの老舗ツーリング

所沢「柿屋うどん」が旨い!~ 知る人ぞ知る武蔵野うどんの名店に行ってみた

埼玉県 ツーリング&ドライブスポット10選 ~ 埼玉に行くなら外せないスポット

埼玉県のおすすめ紅葉スポット12選 ~ ツーリングやドライブで素敵な紅葉を観に行こう

埼玉県 桜ドライブ&ツーリングスポット12選 ~ バイクや車で行きたい花見の名所

埼玉 ライダーズカフェ巡り日記 ☆ 天気が良い日はバイクでカフェに行こう!

宿泊できるスーパー銭湯・埼玉県 ~ ホテル替わりに安く泊まれるスーパー銭湯が便利

埼玉県 日帰り温泉&スーパー銭湯22選 ~ キャンプやツーリングで利用したいお風呂


-グルメ、料理レシピ, バイク、ツーリング
-, , ,

kouziii ちゃんねるをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む