バイク、ツーリング

バイクパラダイスから絶景の石廊崎へ ~ 南伊豆日帰りソロツーリング

予定の無い日曜日。少し早めに出て西伊豆方面にソロツーリングに行くことにしました。

とはいったものの前日の夜更かしがたたり早起きできず。

出発は8:30と遅くなってしまいました。

 

高速道路は味気ないので、とりあえず一般道で伊豆を目指します。

 

予想外の雨

前もって確認していた週間天気予報では土曜日は曇り、日曜日は晴れだったのですが。

直前には確認しておらず・・・。

平塚あたりでかなり雨脚が強くなったので、釣り具の上州屋さんの屋根付き駐輪場をお借りしてしばし雨宿り。

小一時間避難していましたが、西に行けば雨はあがっているだろうと考え、小止みになったところで出発しました。

 

大磯あたりまで雨だったのでそれなりに濡れてしまいました。

箱根の山に入ると気温も下がるので体が冷えて寒くなってきたためとりあえずグリップヒーターをON。

 

最初の休憩場所を目指しました。



バイカーズパラダイス

伊豆スカイラインの熱海ICに入る手前にある「バイカーズパラダイス」

まだ行ったことが無かったので、この日の第1チェックポイントにしていました。

行ったことがある方もいると思いますが少し説明を

2019年にオープンしたバイカーズパラダイス。

その時の記事がこちらです。

 

 湯河原パークウェイ料金所の前(湯河原峠)に8月6日、オートバイ愛好者向け施設「バイカーズパラダイス南箱根」がオープンした。閉店していた旧湯河原峠ドライブイン(伊豆箱根鉄道(株)所有)の建物を改装し、運営は(株)バイカーズパラダイス(東京都/加藤稔代表取締役社長)が担う。

オープニングセレモニーでは加藤社長や伊豆箱根鉄道・伍堂文康代表取締役社長らがテープカットを行った。

施設内には休憩スペースやカフェが設けられ、国内外のオートバイも展示。ソファーの脇に専用のヘルメット掛けが装備されるなどライダーを想定した仕様も随所に施されている。また、施設を飾るアート作品にデザインされているのは「ハコネウツギ」「ウラシマソウ」など箱根の植物だ。

敷地が国立公園内にあり、許認可の関係で開業が当初見通しから遅れていた同施設。オープンを迎え加藤社長は「これからはアクセル全開でライダーを迎えたい。ここからバイク文化を発信していく」と抱負を語った。

駐車スペースはバイクが3千台で施設運営協力費として500円(1台/1日)、自動車は10台で同2千円(同)。営業時間は平日/午前9時〜午後6時、休日/午前7時〜午後6時。

引用元:神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙「タウンニュース」

 

バイカーズパラダイスでは、飲食のみならず様々なイベンントを随時発信し、レンタルバイクなども手掛けています。

入口はゲートになっており、入場は原則としてバイクのみ。

 

ゲートはそのまま入れますが、入ったあとで入場料500円を支払う仕組みです。

 

入場して入場料500円を支払い、入場証明のステッカーをもらいます。

ステッカーは体のどこかに貼って身に着けて置くことになっています。

この日はジャケットが濡れて寒かったので、とりあえず温かいコーヒーを注文。

雨に濡れて寒がっている私のような人が多かったようで、この日はストーブをつけてあるとのこと。

 

ストーブの近くの席に陣取り、ジャケットを脱いで乾かしつつ熱いコーヒーで暖をとりました。

店内は広く、様々なバイクが展示されているほか、カフェやバイクウェアのショップなどがあります。

ラーメンの屋台も出ていました。

私の席の目の前に大きなスピーカーがあったのですが、

流れている音楽がなぜか「昭和歌謡」

私も含め、来場客にそのあたりの年代の方がおおいのでしょうかw

 

しばしコーヒーを飲んだり、店内をうろうろと見て回っている間にジャケットもそこそこ乾いて(メッシュなのですぐ乾くw)、体も温まったので出発しました。

入場料500円、コーヒー600円かかっているので本当はもっとゆっくり過ごしたかったのですが、まだ先は長いので・・・。

【バイカーズパラダイス概要】

名称:バイカーズパラダイス南箱根

住所:静岡県田方郡函南町桑原1348-2(→ Google Maps)

営業時間:
3月~5月/9月~11月 平日9:00~17:00 土日祝8:00~17:00
6月~8月 平日9:00~17:00 土日祝7:00~17:00
12月~2月 9:00~17:00(曜日問わず)

電話番号:0460-83-5819

公式サイト:バイカーズパラダイス

 

伊豆スカイライン

バイパラを後にして、伊豆スカイライン熱海峠ICへ。

伊豆スカイラインはETCは使えないので現金払い。

熱海峠から終点の天城高原ICまで二輪車は580円です。

この日は霧が出ていたのであまり眺めは良くなかったのですが、

晴れていれば眺めは抜群。

通行車両も少なく、路面のコンディションも良いのでとても気持ち良い道路です。

 

静岡県にある伊豆半島の付け根部分の東側を、熱海峠と天城高原をつなぐように南北へと走る有料道路。開通から半世紀以上の歴史を持ち、首都圏や東海地方のライダーを中心に「伊豆スカ」の愛称で親しまれている。

伊豆スカイラインは緩やかな中高速コーナーが主体。路面も綺麗に整備されているのでベテランからビギナーライダーまでが存分に走りを楽しめる。

加えて、稜線を縫うように走るルートなので、景観の素晴らしさも最高レベルだ。

随所で、相模湾や駿河湾そして富士山を眺めることができ、道中に設けられた多数のパーキングは、人気の休憩ポイントとなっている。

また、半島東側の海沿いを走る国道135号の渋滞時の迂回ルートとしても便利な道だ。

さらに、中伊豆はもちろんのこと、南伊豆や西伊豆へもルートを伸ばしやすく、走り応えのあるワインディング、見所たっぷりの観光道路、渋滞時のショートカットルートと、さまざまな顔を持つ。

近年はとくに、事故が問題になることが多いルートなので、運転はくれぐれも慎重かつ安全に楽しんでいただきたい。

引用元:Bikejin Web

 

ということで、今回もイズスカを快走して天城高原まで。

そこから海沿いの国道135号に降りてバイクにガソリンを補充。

Aモードにするとやはり燃費が悪い・・・。

 

ランチタイム

135号線を下田方面に南下し、せっかくなので海の幸を食べたいと思い、バイクを走らせながらお店を物色。

海沿いにバイクが停めやすそうな食堂があったので入ってみました。

 

お食事処 磯辺

観光地のお店だったので覚悟はしていましたが、やはり少しお高い。

最後まで「鯵丼」と「刺し身定食」で迷ったあげく、結局「刺し身定食」にしました。

刺し身はどれも新鮮でおいしかったのですが、隣のテーブルの人が注文した「鯵丼」を見て

「やっぱり鯵丼だったか~!」と少し後悔。

鯵がてんこ盛りです!

お店のメニューに載っている鯵丼の写真がもう少しイケてたら・・・。

ちなみに

さしみ定食1,760円(税込)

鯵丼1,980円(税込)です。

【お食事処 磯辺 概要】

住所:静岡県賀茂郡東伊豆町白田1733-82

営業時間:10:00~20:00

定休日:不定休(日曜営業)

電話:0557-23-1160

参考:食べログ

 

食事を終えてスマホのナビを見ながら次の目的地を考えたのですが、

南伊豆「石廊崎」に設定しました。

時間も押していたので最短コースで走ることにしました。

 

石廊崎へ

伊豆半島も南伊豆までくると車の通行量がかなり少なくなるようです。

海辺の135号線から途中内陸に入り、空いている道を快走して「石廊崎(いろうざき)」を目指しました。

石廊崎は伊豆半島の南端にある岬です。

石廊崎は相模湾と「日本一深い湾」といわれている駿河湾の境目に位置しています。

廊崎は断崖絶壁のスポット。

岬の先端から眺める海は、まさに絶景そのもの。

スポットとしては

①石廊崎灯台

②石室神社(いろうじんじゃ)

③熊野神社(くまのじんじゃ)

④石廊崎オーシャンパーク

があります。

私がとりあえず寄ってみたのが石廊崎周辺が見渡せる「あいあい岬」

ここは県道16号沿いにある駐車場で、正式名称は奥石廊崎大根展望台、通称「愛逢(あいあい)岬」と呼ばれる場所です。

ここは夕日の名所としても知られています。

駐車場内では「南伊豆町ジオパークビジターセンター」があり、伊豆の大地をお菓子にしたジオ菓子などが販売されています。

あいあい岬からの眺めはこちら

海に沈む夕日を観ることができたらさぞや絶景でしょう。

なんとなく地球の丸さを感じます。

【奥石廊崎大根展望台 概要】

住所:静岡県 南伊豆町 入間1839-1

営業期間:年中無休(南伊豆町ジオパークビジターセンター)

営業時間:10:00~16:30(南伊豆町ジオパークビジターセンター)

 

本当なら、石廊崎灯台などにも寄ってみたかったのですが、この日はタイムリミットがあったためここで撤収。

西伊豆探索はまたのおあずけ。

帰りは最短コース、高速道路も利用して約3時間の道のりをノンストップで帰りました。

次に行くときはこんな絶景を見たいと思っています。

最近のツーリングではこのシートバッグが大活躍です。


【関連記事】

富士山ツーリング2021 秋 ~ 富士山とMT-09のベストショットを求めて



-バイク、ツーリング
-, , ,

© 2021 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。