キャンプ、旅行 バイク、ツーリング

秋田県のおすすめ紅葉スポット9選 ☆ ツーリングやドライブで素敵な紅葉を観に行こう

日本にはツーリングやドライブで日帰りでいける紅葉スポットがたくさんあります。

大都市圏に住んでいても少し足を延ばせばすばらしい絶景を眺めることができる場所に事欠きません。

今回は、秋田県のなかで日帰りで紅葉を楽しむことができるスポットについてご紹介しましょう。

グループや家族、カップル、お一人様でも是非行ってみて下さい。

 

私は群馬県に生まれたのですぐ近くに、妙義山や吾妻渓谷など素晴らしい紅葉スポットがたくさんあって、家族でドライブに出かけることも多かったのですが、当時はあまりにも当たり前でありがたみを感じていませんでした。

しかし都会生活が長くなった今では、桜や紅葉など季節の景色の良さが少しは判るようになったと思います。

ここでは、日本各地にあるバイクや自家用車で日帰りで行くことができる「紅葉スポット」のなかでおすすめの場所をいくつかセレクトしてご紹介します。

 

 

角館(仙北市)

 

秋田藩の支藩、佐竹北家の城下町だった角館は、「みちのくの小京都」とも呼ばれています。

町全体に昔ながらの懐かしい風情が残っていますが、特に武家屋敷が並ぶ内町は独特の雰囲気。

萱葺きの屋根、古めかしくも風格漂う門構えとヤマモミジやイチョウなどの彩りは、まさに一幅の絵画を思わせます。

ライトアップ(10月1日~11月30(※予定)16:30~22:0)

見頃:10月下旬~11月中旬

住所:秋田県仙北市角館町 武家屋敷通り【地図】

電話:0187-54-2700(仙北市観光情報センター)

アクセス:【車】秋田自動車道大曲ICから国道105号を角館方面へ車で25km

駐車場:160台(有料)

参考:仙北市公式サイト

 

鳥海山(にかほ市)

秋田県と山形県にまたがる鳥海山は、標高2236m。

「出羽富士」とも呼ばれ、日本海を間近に望みます。

寒暖の差が激しく、四季の変化がはっきりとしているため、紅葉シーズンの景色は抜群です。

五合目鉾立まで登る「鳥海ブルーライン」をドライブしながら色づいたブナなどを見るのがおすすめです。

見頃:9月下旬~10月中旬

住所:秋田県にかほ市象潟町小滝鉾立【地図】

電話:0184-43-6608(にかほ市観光協会)

アクセス:【車】日本海東北自動車道象潟ICから県道58号を経由し、県道131号(鳥海ブルーライン)を鳥海山方面へ車で19km

駐車場:300台

参考:にかほ市観光公式サイト

 

抱返り渓谷(仙北市)

田沢湖の南に広がる抱返り渓谷は、東北の耶馬溪とも称される景勝地です。

紅葉の時期になると、色鮮やかに染まったブナやカエデの原生林がすばらしい。

荒々しい渓流の岩肌を赤く装い、数々の滝は自然の絶妙な演出と思える見事さです。

遊歩道は「神の岩橋」から「飯村少年弔魂碑」までの区間のみ通行可。

見頃:10月中旬~11月上旬

住所:秋田県仙北市田沢湖卒田~角館町広久内【地図】

電話:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)

アクセス:【車】秋田自動車道大曲ICから国道105号を経由し、県道257号をあきた芸術村方面へ車で32km

駐車場:120台(紅葉祭期間中有料)

参考:仙北市観光公式サイト

 

安の滝・中ノ又渓谷(北秋田市)

中ノ又渓谷上流にある安の滝は、標高800メートルにあり、落差90mと、自然の美しさで紅葉の観光客を感動させてくれます。

悲恋伝説が残り、この滝へくると恋が叶えられるとも言われています。

また日本の滝100選にも選ばれています。

見頃:10月上旬~10月下旬

住所:秋田県北秋田市阿仁打当菅谷地中ノ又渓谷【地図】

電話:0186-62-1851(北秋田市観光案内所)

アクセス:【車】秋田自動車道鷹巣ICより70分

駐車場:15台

参考:北秋田市観光公式サイト

 

太平湖・小又峡(北秋田市)

太平湖は、秋田県最後の秘境「小又峡」への拠点となっており、10月の紅葉シーズンまでは、秘境小又峡へ太平湖から遊覧船が運行しています。

10月上旬~10月末までは、例年太平湖・小又峡紅葉祭りが開催されます。

見頃:10月上旬~10月下旬

住所:秋田県北秋田市森吉桐内沢字国有林太平湖【地図】

電話:0186-62-1851(北秋田市観光物産協会)

アクセス:【車】東北自動車道鹿角八幡平ICより55分

駐車場:100台

参考:北秋田市観光公式サイト

 

秋の宮温泉郷(湯沢市)

秋田県内で最古の温泉地と伝えられる「秋の宮温泉郷」は、かつて文人にも好まれ、武者小路実篤らが長く滞在したことでも知られています。

今も湯量豊富な温泉として人気で、温泉宿からは春は新緑、秋は紅葉の情景が楽しめます。

また、近くを通る国道108号は「仙秋サンライン」とも呼ばれ、周辺を覆う原生林が見事に色づきます。

見頃:10月中旬~11月上旬

住所:秋田県湯沢市秋ノ宮【地図】

電話:0183-55-8180(湯沢市産業振興部観光・ジオパーク推進課)

アクセス:【車】東北自動車道古川ICから国道47号を経由し、国道108号を横堀方面へ車で60km

駐車場:40台

参考:湯沢市公式サイト

 

きみまち阪県立自然公園(能代市)

かつて街道の難所で険しい山道だった場所で、明治14(1881)年、ここを訪れた明治天皇がその景色に感動したといいます。

その際、天皇の旅を気遣う皇后の手紙が渡されたことから「きみまち阪」と名づけられました。

岩肌を彩るハウチワカエデ、ヤマモミジ、ベニイタヤなどを背景にハート型の鐘を鳴らすのもロマンチックです。

見頃:10月中旬~11月上旬

住所:秋田県能代市二ツ井町小繋【地図】

電話:0185-73-5075(二ツ井町観光協会)

アクセス:【車】秋田自動車道二ツ井白神ICから国道7号を大館方面へ車で6km

駐車場:200台

参考:東北観光公式サイト

 

三途川渓谷(湯沢市)

「三途川」(冥土への路)という名称が示すとおり、渓谷の奥にあるのは「川原毛地獄」。

青森県の恐山、富山県の立山と並ぶ日本三大霊地の一つです。

渓谷の断崖絶壁には高さ約40mの橋が架かり、そこから真っ赤に色づいた渓谷を眺めると、美しい紅葉風景も少し足がすくみそうになります。

見頃:10月中旬~10月下旬

住所:秋田県湯沢市桑崎【地図】

電話:0183-55-8180(湯沢市産業振興部観光・ジオパーク推進課)

アクセス:【車】湯沢横手道路須川ICから県道51号を高松方面へ車で12km

駐車場:20台

参考:湯沢市公式サイト

 

小安峡(湯沢市)

宮城県に接する湯沢市を代表する景勝地・小安峡は、古くからの温泉地としても知られています。

深くえぐられた渓谷を彩る紅葉は、岩肌とのコントラストが印象的。

さらに温泉地のすぐ近くには、熱湯と蒸気が噴出する小安峡随一の名所「大噴湯」があります。

紅葉をバックにシューっと噴き上がる白い蒸気は迫力満点です。

見頃:10月下旬~11月上旬

住所:秋田県湯沢市皆瀬【地図】

電話:0183-55-8180(湯沢市産業振興部観光・ジオパーク推進課)

アクセス:【車】湯沢横手道路湯沢ICから国道398号を築館方面へ車で28km

駐車場:50台

参考:湯沢市公式サイト

 

 

コチラに取り上げていない紅葉絶景スポットがまだまだあるはずですが、まずはここにある中で未踏の地に行ってみてはいかがでしょうか?

そして、お気に入りの絶景を探してみて下さい。




【関連記事】

東北地方おすすめ紅葉スポット62選 ☆ ツーリングやドライブで素敵な紅葉を観に行こう

秋田県 日帰り温泉&スーパー銭湯34選 ☆ キャンプやツーリングで利用したいお風呂

秋田県 バイクで行きたいキャンプ場 ★ 5000円以下で行けるオートキャンプ場18選

青森県のおすすめ紅葉スポット10選 ☆ ツーリングやドライブで素敵な紅葉を観に行こう

岩手県のおすすめ紅葉スポット11選 ☆ ツーリングやドライブで素敵な紅葉を観に行こう

山形県のおすすめ紅葉スポット12選 ☆ ツーリングやドライブで素敵な紅葉を観に行こう

宮城県のおすすめ紅葉スポット9選 ~ ツーリングやドライブで素敵な紅葉を観に行こう

福島県のおすすめ紅葉スポット11選 ★ ツーリングやドライブで素敵な紅葉を観に行こう

北海道・東北 道の駅ランキング 35選 ☆ 道の駅で地元グルメを食べつくそう!

東北・北海道 冬でも使えるオートキャンプ場12選 ~ 通年営業のオートキャンプ場

東北地方 バイク・ソロキャン向きキャンプ場102選 ☆ 低価格・バイク乗り入れ可能

冬キャンプはバンガローがおすすめ ☆ 東北・北海道の格安バンガロー&ケビン6選



-キャンプ、旅行, バイク、ツーリング
-, , , ,

© 2022 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。