グルメ、料理レシピ

ここはおすすめ!ニルヴァーナ・ニューヨーク ~ 東京ミッドタウンの絶景レストラン

実は、東京ミッドタウンが完成してから4年余り、私はミッドタウンのオフィス棟に勤務していました。

なので、冬のイルミネーションや春の桜をオフィスの特等席から眺めることができたのです。

 

六本木(住所は赤坂7丁目)の東京ミッドタウンの東側にあるのが「桧町公園」

もともとは薄暗い公園でした。

また、東京ミッドタウンが建築された場所は「元防衛庁跡地」で、このあたりは夜になると真っ暗で少し怖い場所でした。

防衛庁跡地を大手デベロッパーが開発する際に「桧町公園」との一体開発をすることにしたため、今の緑あふれる公園のある「東京ミッドタウン」ができたのです。

東京ミッドタウンは、春には桜を観に訪れる花見客でにぎわいを見せますが、圧巻は冬のイルミナーション。

冬になると桧町公園も含めて壮大なイルミネーションに輝き、多くの見物客が訪れます。

ただ、最近は芝生広場の真ん中に大きな「スケートリンク」が作られるので、以前ほどの壮大さはありません。

それでも、非常にきれいなイルミネーションなので、見物客の数は衰えを見せません。

最近のイルミネーションの画像をいくつか紹介しておきましょう。

 

広場を散歩しながらイルミネーションを観るのも良いのですが、寒い時期なので身体が冷え切ってしまいます。

おすすめは、イルミネーションを眺めながら広場を散歩したあと、ミッドタウン内のイルミネーションが見えるレストランで、食事をしながら余韻に浸るという楽しみ方です。

ただし、イルミネーションが見渡せるレストランはそれほど多くは無いのです。

 

今回は、イルミネーションが見えるおすすめレストラン「ニルヴァーナ・ニューヨーク」をご紹介しましょう。

 

ニルヴァーナ・ニューヨークとは

ニルヴァーナ・ニューヨークは、その名にもあるとおりニューヨーク発祥のインド料理レストランです。

ニルヴァーナ・ニューヨークはニューヨークのセントラルパークを見下ろせる建物にあり、ニューヨークでも人気のレストランだったようです。

公式サイトではその店名の由来から、東京ミッドタウンに出店することになったいきさつが簡単に紹介されています。

 

ニューヨークで始まった伝説

1970年8月14日、ニューヨーク・マンハッタンで本格的なインド料理レストランが誕生しました。店名はサンスクリット語で「地上の楽園」を意味する「Nirvana」。その名の通り、別世界のように美しくエキゾチックな空間で味わうインド料理に人々は夢中になり、アーティストやミュージシャンなど著名人も訪れる人気店になりました。

アメリカでのオープンは創業者の夢

創業者のシャムシャー・ワデュートはダッカの出身。カルカッタのホテルを通じてホスピタリティビジネスを学び、交換留学生として渡米した際に、当時はアメリカになかった本格的なインド料理レストランをオープンする夢を抱きます。その夢は見事に現実のものとなったのです。1990年代には、ニルヴァーナの名はアメリカのみならず世界にも広く知れ渡るようになります。

33年の歴史に幕を下ろし、舞台は日本へ

2002年7月23日早朝、老朽化していた建物の壁が落下したために、ニルヴァーナの存続は困難な状況に。ワデュートと息子のウォーレンは世界各国を回り、新たなロケーション探しに奔走します。そこで選ばれたのが、緑豊かで素晴らしい眺望を誇る東京ミッドタウンでした。
日本在住の経験をもち、日本文化に精通していたウォーレンは、日本でニルヴァーナコンセプトが受け継がれることを確信。2007年、東京ミッドタウンで、地上の楽園の伝説が再び紡がれることとなったのです。

引用元:ニルバーナ・ニューヨーク公式サイトより

 

東京ミッドタウンのなかではかなり使えるレストラン

4年余りのミッドタウン勤務のなかで、私は数えきれないほど「ニルバーナ・ニューヨーク」を利用しました。

その多くは「ランチ」。

顧客や大事な相手とのランチでニルヴァーナ・ニューヨークのブッフェランチをよく利用しました。

以前は、ミッドタウンで働いていることで10%のワーカーズディスカウントを使えたことと、今よりももう少しお安かったと思います。

現在のランチブッフェのお値段は

【ランチブッフェ料金】
お一人(平日)   3500円(税込)
お一人(土日祝日) 3800円(税込)
デザートブッフェとコーヒーorハーブティー付

数種類のカレーのほか、美味しい料理やデザートを食べることができ、初めてニルヴァーナ・ニューヨークを利用する人にはおすすめです。

 

また、広場が見渡せるテラス席もあるので、冬場以外は公園の緑や夜景を見ながら食事をすることができとてもロマンチックです。

もちろん、テラス席からはイルミネーションも良く見えるのですが、ストーブを付けてもらっても寒いのであまりおすすめしません。

 

先日久しぶりにニルヴァーナ・ニューヨークに行ってきた

5年程、関西に転勤していたのでニルヴァーナ・ニューヨークに行く機会がなかったのですが、先日久しぶりに訪れました。

注文したのは、プリフィックス・コースで1人5,800円(税込)。

前菜、主催、カレー、デザートの4品があって、それぞれ数種類のなかから好きなものを選べるコースです。

飲み物もお酒・ソフトドリンクなどかなり充実しています。

お店があるのはミッドタウン・ガレリアの1階。

1階といっても土地に高低差があるので広場側からみると2階の高さになります。

この赤いドア枠の入り口が目印です。

入り口を入ると床がガラス張りになっていて、その下には牛が行列をなしています。

インテリアは開店当時と変わっていません。

 

内装は割とモダンな感じのインテリアでまとめられています。

中ほどの席に案内され、注文を済ませました。

 

まずはスパークリングワインで乾杯。

テラス席ではありませんが、窓の向こうにイルミネーションと東京の夜景がきれいに見えてとても良い雰囲気です。

 

前菜

まずは前菜(2名で伺ったので2品ずつ紹介します)

◆チコリーと葡萄のサラダ 高秀牧場ブルーチーズ

臭みがあまりキツくないブルーチーズと葡萄が、少し苦いチコリーとよく合います。

◆プラッティーネと苺 花山椒

プラッティーネはフレッシュなチーズ、こちらも苺との相性がバッチリです。

 

主催

 

◆岩手県産タンドリーチキン

ここのタンドリーチキンは私の大好物。スパイシーで旨い。レモンチャツネを付けて頂きます。

◆紅ズワイガニの甲羅焼きグラタン

蟹の風味がシッカリしていて、まろやか。美味しかったです。

 

カレー

次はニルヴァーナ自慢のカレーです。

◆海老のゴアカレー

プリプリの海老が2匹はいったカレー。辛さは押さえていて生姜が効いた美味しいカレー。ナンと一緒に美味しく頂きました。

◆山椒ビーフキーマカレー

山椒がピリッと効いた美味しいキーマカレー。菊の花びらがあしらってありました。

デザート

デザートは二人とも同じもの。

なぜなら時節柄、そちらのほうが美味しそうだったからです。

◆栗のアイスクリーム

栗の粒が感じられ、栗の美味しさが詰まった美味しいアイスクリーム。カレーの〆にピッタリでした。

 

以上ですが、ワインなどを頂き夜景を楽しみながらゆっくりといただき充実したディナーになりました。

その他、ディナーコース(7000円)もありますが、好きなものを選べるので私はプリフィックスのほうがオススメです。

 

ミッドタウンにはこのほかにも人気のピザ店「ナプレ」や高級レストラン、和食店などが多く入っていますが、私が好きなのは「ニルヴァーナ・ニューヨーク」。

イルミネーション、クリスマスの時期だけでなく一年を通じて美味しいインド料理を味わうことができます。

インド料理がカレーだけではないことも良くわかります。

 

ニルヴァーナ・ニューヨーク。

是非一度足を運んでみてください。

 

【ニルバーナ・ニューヨーク  概要】

住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア ガーデンテラス 1F

電話:03-5647-8305

営業時間:ランチ:11:00〜15:30(L.O.15:00)、ディナー:17:00〜23:00(L.O.22:00)

定休日:無休(東京ミッドタウンに準ずる)

公式サイト:ニルバーナ・ニューヨーク

東京ミッドタウン公式サイト




【関連記事】

餃子百珍 一味玲玲 ~ ヤエチカ(八重洲地下商店街)で美味しい中華

入鹿(IRUKA) TOKYO ~ 六本木・おすすめラーメン店

ホワイト餃子が相模原にあった ★ ギョウザの萬金でホワイト餃子を食べてきた

銀座オザミデヴァン 本店 ★ ここはおすすめ!かなり使えるカジュアル・フレンチ

オステリアQ.T.8 ★ 大阪 本町界隈で気軽な美味しいイタリアンバル

「オステリア・レーブ」☆ 大阪のおすすめ大人のイタリアンレストラン!



-グルメ、料理レシピ
-, , ,

© 2022 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。