バイク、ツーリング

SSTRに参加して分かったポイントゲット法 ☆ 2022 SSTR PREMIUM に参加・なぎさドライブウェイを走る

皆さんSSTRのことはご存じでしょうか?

ライダーなら、多くの方がご存じのSSTR

SSTRは、Sunrise Sunset Touring Rally の略称です。

日の出とともに太平洋岸(日本海の反対側)を出発し、当日日没までに石川県の千里浜なぎさドライブウェイに設けられたゴール地点にゴールするというイベントです。

私は、今回初めてエントリーしたので、その様子をリポートします。

SSTRは通常年に1回、春に開催されるのですが、今回は10周年ということで、春の他に秋にも開催されました。

秋の大会は「SSTR PREMIUM」と銘打たれています。

私自身、SSTRのことは知ってはいたものの、今まではなんとなく見送ってきました。

今回はPREMIUMということで参加費用が通常よりも少しお高かったのですが、関東・関西のバイク仲間も参加するということだったので重い腰をあげた次第です。

なお、今回は別会場で表彰式とパーティーが催され、老舗旅館の加賀屋さんの宿泊プランもあったのですが・・・。

仲間と金沢に一泊して飲みにいったほうが楽しいし、宿泊プランはかなりお高いと感じたので、ホテルは自分で予約しました。

SSTR PREMIUM エントリー

SSTRのエントリーは2カ月前からWEBで受け付けています。

受付開始時間は、2カ月前の日の出時刻だったのですが、今回はすぐに枠が埋まってしまったようです。

ちなみに、宿泊付きのほうが、予約開始日がはやかったのですが、こちらは余裕があったみたいです。

また、エントリー後すみやかに参加費16,000円を支払うことになります。

(通常は確か12,000円位だったと思います。)

SSTR PREMIUM のゼッケンなどが届く

今回は開催日の2週間ほど前主催者からゼッケン等が届きました。

バイクに貼るゼッケンステッカー、リストバンド、ルールブック、そして粗品などです。

特に初めて1人で参加される方は、こちらのルールブックをしっかり読んでおくことをお勧めします。

私はそもそもゴール地点の進入方法を間違えるところでした。

SSTR のコースを検討

私は初参加だったので、所要時間の見当がつきません。

一度でも参加すれば、感覚的にわかるのでしょうけど・・・。

なので「ツーリングの工程表」を事前に作成したのです。

それがこちら。

スタートからゴールまで、立ち寄る道の駅などと各所要時間を表にしたものです。

時間の記載は余裕をもって少し長めにとっています。

なお、「指定道の駅」が各県ごとに決まっていて、最低一か所は立ち寄る必要があります。

その他、道の駅、高速のSAやPA、岬ポイントなどに立ち寄って、最低10ポイント獲得してゴールしなくてはいけません。

なお、当日発表されるビックリポイントもあります。

私の計画だと時間ギリギリのゴールですが、これは昼食時間などを多めにとっているのと、ポイントも多めに獲得する計画にしているからです。

SSTR PREMIUM 当日のポイント獲得方法

SSTRには専用のアプリがあって、まずこちらをダウンロードします。

こちらにゼッケン番号とIDを入力し、マイページにいくと。

こんな感じになっています。

このアプリは位置情報と連動して、自分が今いる場所を簡単に登録でき、そうすればポイント履歴を残すことができるのです。

そしていよいよSSTR当日がやってきました。

SSTR PREMIUM 出発

前日は早めにベッドに入ったのですが、なかなか寝付けず。

結局、寝たのか寝ていないのか良くわからない寝不足の状態でした。

朝、4:30に自宅を出発、自分でスタート地点として決めた「大磯ロングビーチ」の駐車場に向かいました。

大磯ロングビーチに着いたのが5:10、この日の日の出時間は5:37となっています。

「大磯ロングビーチ」は神奈川にお住いの方なら誰でも知っているメジャーな場所なので、他にも参加者がいると思っていましたが、結局私1人でした。

少し余裕をみて5:40に出発

「いくぞ!相棒!」

私の作戦は早いタイミングでポイントを稼ぐ戦法。

そしてコースは山越えの最短コースです。

スタート地点も、東名高速道路のICから近い場所を選びました。

道の駅3連発

まずは道の駅3連発

「朝霧高原」「しもべ」「みのぶ富士川観光センター」とポイントを重ねます。

「みのぶ富士川観光センター」は指定道の駅なので、朝のうちにこの条件もクリア。

さすが指定道の駅だけあってSSTRライダーが続々と集まっていました。

ただ、道の駅はどこも営業しておらず「しもべ」に至ってはゲートも閉まっていました。

なので、朝ご飯になかなかありつけず・・・。

慣れていればコンビニに寄って朝ご飯も有りなのですが、初参加なのでとにかく先を急ぎました。

中央自動車道

その後、高速道路に入りましたが、SAやPAがあるたびに、チョイ寄りしてポイント登録をしたので、あっという間に10ポイントクリアしてしまいました。

朝食は八ヶ岳PAで「かき揚げ蕎麦」

こいつが最高に旨かった!!

天候にも恵まれ景色も最高です。

道の駅 風穴の里

計画ではこちらでランチタイムの予定で小一時間時間をとっていたのですが、まださほどお腹が空いていなかったので、ソフトクリームにしておきました。

こちらの道の駅では、SSTR協賛サービスとして通常350円のソフトクリームが、SSTRリストバンドを見せれば100円引きの250円でいただく事ができました。

道の駅 ななもり清見

道の駅ななもり清見も指定道の駅になっていました。

ここは飛騨高山、ゴールまでさほど遠くないのでSSTRライダーがたくさん!

とりあえず小腹が空いたので「飛騨牛牛まん」を頂きました。

旨し!

前日の寝不足がたたってこのあたりで睡魔が・・・。

東京から参加しているバイク仲間に連絡を取ると、40分ほどでこの駅に来るとのこと。

ここで仲間を待ちながらゆっくり休憩をとることにしました。

時間的には、短縮でき余裕があったのです。

SSTR PREMIUM ゴールを目指す

仲間はSSTRに4回参加のベテラン。

要領がすべてわかっていて助かりました。

このままだと早く着き過ぎるので、いくつかポイントを貯めてからゴールを目指すことにしました。

最終的には「道の駅 のと千里浜」から関西のバイク仲間と連絡をとり、彼らがゴールしているのを確認してから「なぎさドライブウェイ」に入りました。

なぎさドライブウェイ

なぎさドライブウェイは砂浜を車両が走ることができるスポットです。

仲間から聞いて知ったのですが、じつはこれがれっきとした国道なのです。

近年は砂浜の浸食で、人工的に砂を入れているようなのですが、昔はもっと横幅が広かったらしいです。

こちらはSSTR翌日に再度行ってみたときの画像です。

SSTR PREMIUM ゴールへの道

今宿ICがわから「なぎさドライブウェイ」に入るのですが、ライダーでごった返しています。

この日の参加者は恐らく2500前後かと思います。

中には原付2種参加の強者もかなりいました。

ちなみにゴールしてしまうと、砂浜から出なくてはいけないために、参加者は思い思いの場所にバイクを停めて、写真撮影をしています。

(スタンドが埋まらないような対策が必要です。)

時分は100均で小さなバーベキュー鉄板(小さすぎてバーベキューで役に立つとは思えんが・・・)にカラビナを付けて持参しました。

海の塩で少し錆びましたがコイツです。

仲間が一緒だったので、思い出の写真を何枚も撮ることができました。

そしてなんとゴール地点にも仲間が!

ゴールの写真も撮ってもらいました。

ちなみにイベント主催者側でも写真を撮ってくれているので、後でダウンロードしたり、パネルなどにもしてくれますが、もちろん有料です。

SSTR PREMIUM ゴール受付

ゴール後は、バイクを指定された駐車場に駐車してから、ゴール受付をします。

結局私が獲得したポイントは28ポイントもありました。

大磯ロングビーチからゴールまでの走行距離は520kmほどでした。

もっとノンビリ来ても余裕でしたが、初心者なのでしかたなし。

SSTRの最も効率的なポイント獲得法

一番効率的に10ポイント貯める方法は、指定の道の駅を1か所(3pt)、そしてゴール近くの「道の駅 のと千里浜」(2pt)、それ以外は高速道路のPA、SAにチョイ寄りすれば簡単に10ポイントクリアできてしまいます。

所要時間もかなり短縮できるし、早くゴールすれば近くの駐車場にバイクを停めることができるのでそれも有りですね。

ゴール受付が済むと、完走バッジなど記念品がもらえます。

今回、ボタンダウンのシャツが入っていましたが、パーティーにドレスコードがあるからですね。

パーティーに参加しない人は荷物になるから要らないと思いますが・・・。

そして貝汁が頂けるのですがこれは滲みる。

主催者はステージの上でなんやかんや喋ったりしていますが、聞いているひとはそれほど多くありません。

自分がゴールしてからは、続々ゴールする人たちの出迎えに回ります。

最期に主催者側のカメラで記念撮影をして、パーティに参加しない参加者のSSTRは閉幕となります。

今回初参加でしたが、天候にも恵まれ、これほど大規模なイベントに参加したのも、砂浜をバイクで走るのも初めての経験だったので、正直、参加して大正解でした。

懐かしい関西のバイク仲間と久しぶりに会えたこともあって最高の一日になりました。

少し疲れますが十分に楽しむことができました。

そして、私たちはこの後、金沢駅周辺に予約したホテルへ向かい、それぞれチェックイン後、予約していた居酒屋へ行って関東・関西・地元組総勢8名の宴会へとなだれ込むのですが、それは続きの記事で。

ライダーの方でSSTRに参加経験がまだないという方。

一度参加してみてはいかがでしょうか?

 

P.S.)11月半ばにSSTR事務局から写真販売開始の連絡がありました。

とりあえず、ダウンロード版を1枚(1,000円)購入しました。

 

今回SSTRがらみで2泊しましたが、このバッグでOKでした!

【関連記事】

オートバイ関連記事まとめ ~ おすすめバイク、メンテナンス、ツーリングなど

北陸地方の美味しいご当地鍋3選 ~ キャンプでも是非!寒い冬は「ご当地鍋」が最高!

T.O.T.(テイスト・オブ・ツクバ)が面白い ★ バイクレースに興味がある人は一度見に行くべき

ふじてんリゾート(山梨)ヤマハ・モーターサイクルデーから「野沢温泉」一泊ツーリング

ペレファカフェヘ行くの巻 ★ 長野・松本に行って元国際ラリーストの三好礼子さんに会ってきた

バイクのタイヤって意外とパンクする ~ いざという時に備えてパンク修理キットは準備するべき

SUZUKI V-ストローム SX が欲しい!★ 軽量アドベンチャーモデルがすごく良い!!

能登半島ツーリングスポット ~ SSTRの翌日に行ってみた能登半島おすすめのスポット

SSTR PREMIUM 参加後の一人旅ツーリング ★ 能登半島から飛騨高山へ、そしてビーナスライン

関東周辺 目的別バイクツーリングスポット ☆ 目的やエリアで簡単に記事を探せる

関西周辺 目的別バイクツーリングスポット ~ 目的やエリアで簡単に行きたい場所がわかる

ヤマハコミュニケーションプラザ(静岡県磐田市)☆ MT-09オーナーズクラブのオフ会に参加

石川県のおすすめ紅葉スポット10選 ~ ツーリングやドライブで素敵な紅葉を観に行こう

YAMAHA MT-09 owners japan ミーティング ~ in ライコランドTOKYO BAY東雲


-バイク、ツーリング
-, , ,

© 2022 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。