キャンプ、旅行 バイク、ツーリング

北海道(道南・道北・道東)日帰り温泉&スーパー銭湯48選 ★ キャンプやツーリングで利用したいお風呂

ここでは北海道(道南・道北・道東)にある「日帰り温泉」と「スーパー銭湯」をまとめてみました。

キャンプやツーリングの時に使えると思いますので是非チェックしてみてください。

 

キャンプ場には施設として温水シャワーが付いていることも多いかと思いますが、時間制のシャワーは慌ただしくてゆっくり体を温めるわけにはいきません。

特に冬場は、寒いシャワー室で温水シャワーを浴びても凍えてしまいそうになります。

 

そんな時近くに「日帰り温泉」や「スーパー銭湯」があると良いですよね。

ということで、今回は北海道(道南・道北・道東)にある「日帰り温泉」「スーパー銭湯」の情報をまとめています。

利用するキャンプ場の近くや、ツーリングコースに使える施設がないかチェックしてから出かけると良いと思います。

 

※レジャーでの利用を想定しているので市街中心部の施設は除外しています。

※ついでに寄ることを想定しているため料金は概ね1000円前後までとしています。

※運営上の理由で料金等が改定される場合がありますので、ご利用の際は公式サイト等をご確認ください。

※お値段、営業時間は、については条件によって変わる場合がありますのでご確認ください。

また、ホテルや旅館などは混雑時には宿泊客優先となり利用できない場合がありますので事前に電話で確認することをおすすめします。

 

目次

谷地頭温泉(函館市・温泉)

函館山の麓にある日帰り温泉施設「谷地頭温泉」では、黄金色の「塩化物泉」が楽しめます。

内湯は広々としていて開放的で、どことなく昭和の雰囲気が残る懐かしい感じがします。

露天風呂は五稜郭を模した五角形の浴槽で、外気を浴びながらのんびりと入浴が楽しめます。

休憩所や食堂もあり、浴後にのんびりとくつろげることができます。

住所:北海道函館市谷地頭町20-7【地図】

料金:大人430円、小人140円

営業時間:6:00~22:00(第2火曜定休)

参考:公式サイト等

 

函館乃木温泉 なごみ(函館市・スーパー銭湯)

日帰り温泉施設「函館乃木温泉 なごみ」は、シャンプー等はありませんが、450円とお安い料金で利用できます。

天然温泉は、黄色みがかった「塩化物泉」で、露天風呂ではテレビを見ながら入浴ができます。

その他、ジェットバスや電気風呂サウナなどいろいろな浴槽があり、女性限定の岩盤浴は、浴衣・バスタオルを持参すれば無料。

また、お食事処はリーズナブルな価格なのでオススメです。

住所:北海道函館市乃木町4番25【地図】

料金:大人450円、小人140円

営業時間:11:00~23:00

参考:公式サイト等

 

花園温泉(函館市・温泉)

日帰り温泉施設「花園温泉」の施設は新館と旧館があり、女湯は新館と旧館が繋がっているため両方楽しめますが、男湯はつながっていないため、どちらかを選択して入浴します。

温泉は源泉かけ流しの2種類の湯が楽しめ、露天風呂もあります。

浴後は、休憩スペースがある他に「うたた寝処」もあります。

住所:北海道函館市花園町40-34【地図】

料金:大人450円、小人140円

営業時間:6:00~23:00

参考:公式サイト等

 

函館高温源泉 湯の箱 こみち(函館市・温泉)

健康ランド「函館高温源泉 湯の箱 こみち」は600円という低料金で1日のんびりと過ごせます。

風呂は、かけ流しの温泉で、露天風呂や滝岩風呂、サウナなどが楽しめます。

浴後は、お食事処やリクライニングシートの休憩エリア、仮眠室などがあり、のんびりとした時間を過ごすことができます。

24時間営業なので、深夜料金を払えばかなりお安く宿泊することが出来ます。

住所:北海道函館市昭和3丁目22-1【地図】

料金:大人600円、中人390円、小人140円

営業時間:24時間営業(4:00~7:00は清掃のため入浴不可、第1火曜定休)

参考:公式サイト等

 

北美原温泉(函館市・温泉)

見た目が美術館のような感じの「北美原温泉」。

天然温泉は「塩化物・硫酸塩泉」で、かけ流しで楽しむことが出来、露天風呂もあります。

また「飲泉」でき、慢性消化器病と便秘に効果があると言われているので、訪れた際には是非飲んでみて下さい。

住所: 北海道函館市北美原1-18-16【地図】

料金:大人450円、小人140円

営業時間:5:00~8:00、12:00~24:00(月曜定休)

参考:公式サイト等

 

湯元 花の湯(函館市・スーパー銭湯)

スーパー銭湯「湯元 花の湯」の天然温泉は茶褐色の「塩化物泉」で、ポカポカと体の芯から温まるいい湯。

露天風呂は広々していて開放的な庭園風で、植栽が上手く配置されていて、すごく良い雰囲気です。

浴槽も高温、中温、低温と分かれているので、好きな温度を選択できます。

休憩スペースや床屋や整体、マッサージなど付帯施設も充実しています。

住所: 北海道函館市桔梗町418-414【地図】

料金:大人440円、小人140円

営業時間:10:00~23:00

参考:公式サイト等

 

函館伏白稲荷温泉(函館市・温泉)

「函館伏白稲荷温泉」の風呂は、炭酸泉と高温風呂、低温風呂、水風呂があります。サウナはテレビ付で、10人くらいが入れるサイズ。

2階にある「展望風呂」は眺めがよく、函館山や函館湾を一望することができます。

天然温泉は「単純硫黄泉」で、ヌルっとする柔らかい浴感が特徴の気持ち良い湯。

浴後は、男女別の休憩スペースや軽食が頂ける食堂でのんびりと過ごすことができます。

住所: 北海道函館市陣川町122-7【地図】

料金:大人500円、小人150円

営業時間:13:00~22:00

参考:公式サイト等

 

ふれあい湯遊館(函館市・温泉)

キャンプ施設「函館市戸井ウォーターパーク」内にある日帰り温泉施設「ふれあい湯遊館」は、デイサービスセンターも併設されていることから、地元の年配者に愛されている温泉施設で多くの方でにぎわっています。

お風呂は、ガラス貼りの大浴場で開放感があり、足を伸ばして悠々と楽しめます。

天然温泉は、津軽海峡に注ぐ原木川流域に湧き出た単純温泉で、癖のない気持ちの良い湯。

浴後は大きな休憩室で、ゆったりと過ごすことが出来ます。

住所: 北海道函館市原木町285-1【地図】

料金:大人360円、小人150円

営業時間:10:00~21:00(月曜定休)

参考:公式サイト等

 

東前温泉 しんわの湯(北斗市・スーパー銭湯)

スーパー銭湯「東前温泉 しんわの湯」は、ホテル秋田屋に隣接しており、宿泊も可能です。

異なる2種類の源泉があり、それも「かけ流し」で楽しめるという贅沢な湯使いを楽しめます。

風呂も広々していて低温、中温、高温と温度が分かれているので、好みの湯でまったりと過ごせます。

露天風呂の種類も豊富で、眺めも良く、飲泉も可能なので、五感を使って温泉を堪能できます。

住所: 北海道北斗市東前85-5【地図】

料金:大人450円、小人210円

営業時間:5:00~22:00

参考:公式サイト等

 

北斗市健康センター せせらぎ温泉(北斗市・温泉)

日帰り温泉施設「せせらぎ温泉」は公営のため350円という超低料金にも関わらず、立派な天然温泉が楽しめます。

露天風呂は、黄色っぽい源泉が掛け流しされており、湯口付近の岩には湯の華が堆積しているので、温泉成分が濃いことがわかります。

水風呂、サウナもあり、毎年10月下旬ごろには、北斗市の特産品であるマルメロを湯船に浮かべた「マルメロ風呂」が実施されます。

浴後は、畳敷きの大きな休憩スペースやお食事処があるので、のんびりと過ごすことができます。

住所: 北海道北斗市本町4-3-20【地図】

料金:大人350円、中人300円、小人140円

営業時間:9:00~22:00(月曜定休)

参考:公式サイト等

 

七飯町健康センター アップル温泉(亀田郡七飯町・温泉)

日帰り温泉施設「アップル温泉」は、七飯町が、日本の西洋りんご栽培発祥の地ということからその名がつけられたそうです。

風呂は露天風呂と内湯2つ、サウナ、水風呂のシンプルな造りで、露天風呂からは横津岳が眺められます。

天然温泉はトロっとした浴感が特徴の「アルカリ性単純泉」で、お肌に優しい湯。

浴後は、畳敷きの休憩スペースがあり、のんびりとくつろげます。

住所: 北海道亀田郡七飯町字中野194-1【地図】

料金:大人400円、小人200円

営業時間:10:00~22:00(火曜定休)

参考:公式サイト等



駒ヶ峯温泉 ちゃっぷ林館(茅部郡森町・温泉)

駒ヶ岳の麓にある日帰り温泉施設「ちゃっぷ林館」では、弱アルカリ性の単純天然温泉が楽しめます。

露天風呂からは駒ヶ岳を眺めながら入浴することができます。

浴後は、休憩スペースや食事処「桜はな」でのんびりと過ごすことができます。

住所: 北海道茅部郡森町駒ヶ岳657-16【地図】

料金:大人430円、中人380円、小人220円

営業時間:10:00~21:00(不定休)

参考:公式サイト等

 

こもれび温泉(上磯郡知内町・温泉)

日帰り温泉施設「こもれび温泉」は、1週間ごとに男湯と女湯が入れ変わるシステムで、2種類の浴槽が楽しめます。

露天風呂からは木々の緑を見ながら入浴ができ、水着着用で入る小さなプールもあり、追加料金なしで利用できます。

浴後は、お食事処や広い畳敷きの休憩スペースがあるので、ゆっくりとくつろぐことができます。

住所: 北海道上磯郡知内町元町103-2【地図】

料金:大人350円、小人100円

営業時間:10:00~22:00 (月曜 17:00〜)

参考:公式サイト等

 

吉岡温泉 ゆとらぎ館(松前郡福島町・温泉)

日帰り温泉施設「吉岡温泉 ゆとらぎ館」は、小学生以下が無料で利用できます。

風呂は、天然温泉が楽しめる他、露天風呂が風情がり、その他、風呂の種類も豊富で楽しみながら入浴ができます。

畳敷きの休憩スペースもあるので、浴後ものんびりとくつろげます。

住所: 北海道松前郡福島町吉岡303【地図】

料金:大人400円、小人0円

営業時間:10:30~21:30 (月曜定休)

参考:公式サイト等

 

繁次郎温泉(檜山郡江差町・温泉)

日帰り温泉施設「繁次郎温泉」は福祉施設との複合施設となっていることからバリアフリー対応。

お風呂は露天風呂や炭酸泉、ジャグジー、サウナまであって充実しています。

天然温泉はアルカリ性単純温泉で、浴後はお肌がスベスベするお肌にも良い湯。

浴後は、お食事処や休憩スペースでのんびりと過ごせます。

住所:北海道檜山郡江差町田沢町82-7【地図】

料金:大人300円、小人120円

営業時間: 17:00~22:00(土日 12:00~)

参考:公式サイト等

 

今金町交流促進センター あったからんど(瀬棚郡今金町・温泉)

日帰り温泉施設「あったからんど」の館内は道南杉をふんだんに使用していて居心地が良い空間。

こちらでは、海水の1.2倍の塩分濃度という「塩化物強塩泉」の天然温泉が楽しめるのが魅力です。

その他、水風呂、サウナもあり充分に癒されます。

住所:北海道瀬棚郡今金町今金435-270【地図】

料金:大人440円、小人140円

営業時間:10:00~22:00(土日祝 9:00~、水曜 13:00~、不定休)

参考:公式サイト等

 

みなぴりかの湯(旭川市・スーパー銭湯)

「ホテルWBFグランデ旭川」の中にあるスーパー銭湯「天然温泉 みなぴりかの湯」は、ホテル宿泊者は無料で利用できますが、日帰り利用もOKで人気の施設で、タオル・館内着がついているので手ぶらで行けます。

風呂は、種類も豊富で、6種類の湯船とサウナがあり、湯巡りが楽しめます。

内湯には、人気の炭酸泉や「やせがまんの湯」など、露天エリアには、天然温泉や電気風呂、壺風呂があります。。

ホテル内のレストランでは、館内着を着たままランチブッフェが頂けるほか、入浴とランチがセットになったお得なプランもあり、平日2300円、土日2500円で楽しむことが出来ます。

住所:北海道旭川市宮下通10丁目3-3【地図】

料金:大人1250円、小人700円

営業時間: 10:00~23:00

参考:公式サイト等

 

オスパー(旭川市・温浴施設)

「オスパー」は、24時間営業で、ビジネスホテルも併設している施設です。

風呂は薬湯、うたせ湯、寝湯、ジェットバスなど6種類の浴槽と遠赤外線サウナが楽しめます。

浴後は、リクラインニングシートのある部屋や男女別の仮眠室でのんびりと過ごせます。

住所:北海道旭川市宮下通16丁目3-1【地図】

料金:大人1100円、学生500円

営業時間: 24時間営業

参考:公式サイト等

 

フィットネススパ アルパ(旭川市・温浴施設)

「フィットネススパ アルパ」は、アートホテル旭川の地下1階にあります。

フィットネスマシンを完備したジムがあり、利用者は無料で使用することが出来ます。

お風呂は広々、ジャグジーやジェットバスなどで、高温サウナとミストサウナの2種類のサウナを完備。

浴後は、ラウンジでのんびりと過ごすことができます。

住所:北海道旭川市7条通6丁目【地図】

料金:大人2260円、小人1500円

営業時間:11:00~24:00

参考:公式サイト等

 

杜のSPA 神楽(旭川市・スーパー銭湯)

スーパー銭湯「杜のSPA 神楽」の風呂は広々としていて、露天風呂などバラエティ豊富な浴槽があるのが特徴です。

珍しい「不感湯」は、人間の体温に近い湯温で、やや冷たく感じますが、長湯することで副交感神経が働いてリラックスでき、快眠効果があります。

その他、超音波で微細な泡を発生させる「シルクの湯」、男湯は低温・高温のサウナ、女湯は美肌効果のある美塩・エステのサウナを完備しています。

浴後は、休憩スペースがあり、食事をしたりマンガを読んだりとくつろぐことができます。

住所:北海道旭川市神楽3条12丁目1-5【地図】

料金:大人650円、小人300円

営業時間:10:00~24:00

参考:公式サイト等

 

北彩湯処 御料乃湯(旭川市・スーパー銭湯)

スーパー銭湯「御料乃湯」は、バラエティ豊富な浴槽が楽しめると人気のお店です。

特に人気なのが「高濃度炭酸泉」で泡付きが良く、10分以上入浴していると血行がよくなり健康増進にも期待できるお風呂です。

露天風呂にある「絹の岩風呂」は小さい気泡が、シルクのようになめらかで、毛穴の老廃物を取除いてくれます。

浴後は食事処や休み処で、まったり過ごすことができます。

住所:北海道旭川市西御料5-1-2-14【地図】

料金:大人600円、小人250円

営業時間:10:00~23:00

参考:公式サイト等

 

湯らん銭 旭川店(旭川市・スーパー銭湯)

温浴施設「湯らん銭 旭川店」は、地元民に愛される老舗スーパー銭湯という趣。

お風呂は、日替わりで薬湯が楽しめる露天風呂を筆頭に、ジャグジー風呂や高温・低温2種類の超音波風呂、マッサージ風呂、ドライサウナなどがあり、湯巡りが楽しめます。

また、全10室の家族風呂があります。

浴後は、休憩スペースやお食事処で、のんびりとくつろぐことが出来ます。

住所:北海道旭川市忠和3条7丁目2-1【地図】

料金:大人450円、小人150円

営業時間:12:00~23:30

参考:公式サイト等

 

高砂温泉(旭川市・温浴施設)

「高砂温泉」は、宿泊施設もある4階建ての建物で、露天風呂からは眼下には旭川の市街地を見渡せます。

内湯には、珍しいお風呂が多く、美肌に良いとされるオゾン風呂や疲労回復に効果のあるというラジウム低周波磁気風呂、中国薬湯などがあり湯めぐりが楽しめます。

浴後は、休憩スペースでのんびりと過ごせます。

住所:北海道旭川市高砂台8丁目235-1-5【地図】

料金:大人630円、小人250円

営業時間:9:00~23:00

参考:公式サイト等

 

旭川高砂台 万葉の湯(旭川市・スーパー銭湯)

スーパー銭湯「旭川高砂台 万葉の湯」は、ほぼ24時間営業の、人気の健康ランドです。

風呂は広々としていて、二股ラジウム温泉が堪能でき、露天風呂やサウナ・水風呂も完備されています。

浴後は、TV付きリクライニングシートやマンガコーナーがあり、のんびりと過ごせるようになっています。

お食事処では豊富なメニューを頂け、その他、あかすり、マッサージ、カラオケなど付帯施設も充実しています。

住所:北海道旭川市高砂台1丁目1-52【地図】

料金:大人1200円、小人600円(マル得セット)

営業時間:10:00~翌朝9:00

参考:公式サイト等



森のゆ 花神楽(上川郡東神楽町・温泉)

「森のゆ 花神楽」は、観光の拠点として宿泊に利用したり、日帰り温泉施設としても楽しめます。

露天風呂からは、大雪山連峰が一望でき、人気の炭酸泉やサウナも完備されています。

浴後は、大きな休憩スペースや食事処があり、のんびりと過ごせます。

住所:北海道上川郡東神楽町25号【地図】

料金:大人650円、小人300円

営業時間:10:00~22:00

参考:公式サイト等

 

ヘルシーシャトー(上川郡当麻町・温浴施設)

日帰り温泉施設「ヘルシーシャトー」の湯は、本格的なラジウム泉質を再現しており、天然ラジウム鉱石を敷き詰めた浴槽で、お湯に入れると温泉成分が溶け出し、皮膚から体内に成分が浸透します。

その他、サウナ・水風呂も完備しているので、体の疲れも吹っ飛びます。

浴後は、休憩スペースやお食事処でのんびりと過ごせます。

住所:北海道上川郡当麻町6条西4丁目【地図】

料金:大人700円、小人400円

営業時間:10:00~22:00(不定休)

参考:公式サイト等

 

岩尾温泉 あったま~る(増毛郡増毛町・温泉)

日帰り温泉施設「岩尾温泉 あったま~る」は、高台にあるため露天風呂から日本海が一望できます。

天然温泉は肌がしっとり、よく温まります。

浴後は休憩室があり、ゆっくりとくつろげます。

住所:北海道増毛郡増毛町岩老109-1【地図】

料金:大人500円、小人250円

営業時間:11:00~21:00(第3木曜定休、12月~3月冬期休業)

参考:公式サイト等

 

稚内温泉 童夢(稚内市・温泉)

日帰り温泉施設「稚内温泉 童夢」は日本最北の温泉施設で100円を出せば「入湯証明書」も発行しています。

こちらの施設は、露天風呂・浴室から利尻島や礼文島や綺麗な夕日を見ることができます。

お風呂の種類も11種類と豊富なバリエーションを楽しむことが出来ます。

浴後は、休憩スペースがあり、まったり過ごせます。

住所: 北海道稚内市富士見4-1487【地図】

料金:大人600円、小人300円

営業時間:9:45~22:00(第1月曜定休)

参考:公式サイト等

 

豊富温泉 ふれあいセンター(天塩郡豊富町・温泉)

日帰り温泉施設「ふれあいセンター」がある「豊富温泉」はアトピーに効く温泉として全国各地から多くの方が湯治目的で滞在される温泉として有名です。

ここ「ふれあいセンター」でも、一般浴室と湯治浴室に分かれており、湯治浴室の方が温度がぬるく、長湯できるように配慮されています。

温泉は油分を多く含んでいるのが特長でかなり変わった温泉なので、アトピーの方以外にも温泉好きの方にもオススメできる施設です。

また、食堂ではジンギスギスカンも食べることができます。

住所: 北海道天塩郡豊富町豊富温泉【地図】

料金:大人510円、小人250円

営業時間:8:30~21:00

参考:公式サイト等

 

くつろぎ湯処 紋太の湯(紋別市・温浴施設)

スーパー銭湯「紋太の湯」の風呂は、紋別大山から流れる天然の伏流水を使った沸かし湯で、まろやかに優しく体を包んでくれます。

サウナと水風呂、外気浴スペースも完備しており、サウナ好きの人でも満足できるかと思います。

浴後は、大きな休憩スペースでのんびりと過ごせます。

住所: 北海道紋別市幸町4丁目1-1【地図】

料金:大人650円、小人330円

営業時間:13:00~21:30(水曜定休)

参考:公式サイト等

 

北見湯元 のつけ乃湯(北見市・スーパー銭湯)

スーパー銭湯「北見湯元 のつけ乃湯」は、大人440円と安いですが、シャンプー・ボディーソープ等の備え付けはないので、タオルと一緒に持っていきましょう。(販売はあります)

天然温泉は、にごりのある「硫酸塩・塩化物泉」で、かけ流しの新鮮な湯が堪能でき体の芯からよく温まります。

露天風呂や電気風呂、立ちジェット風呂、サウナなど、浴槽の種類も多く、楽しみながら湯巡りできます。

浴後は、休憩スペース兼お食事処で、のんびりと過ごせます。

住所: 北海道北見市ひかり野3丁目2-4【地図】

料金:大人440円、小人140円

営業時間:11:00~23:00

参考:公式サイト等

 

のんたの湯(北見市・温泉)

日帰り温泉施設「端野温泉 のんたの湯」の天然温泉は「硫酸塩・塩化物温泉」で、源泉温度19.3℃を加温したもの。

アルカリ性の湯で、ツルツル浴感ある湯です。

休憩スペースは、広くて眺めもよく、テレビや漫画があり、のんびりとくつろぐことができます。

麺類など軽食やソフトクリームなども売っています。

住所: 北海道北見市端野町2区792-1【地図】

料金:大人500円、小人300円

営業時間:10:00~22:00(金曜定休)

参考:公式サイト等

 

北見温泉 金の湯(北見市・温泉)

「北見温泉 金の湯」は、「ノーザンアークリゾート」内にある施設で、ホテルやスキー場、ゴルフ場などを備えた大きな施設です。

「北見温泉 金の湯」は、ホテルのフロントとは別に、専用の受付がありますので、日帰り利用の方でも、気兼ねなく利用することができます。

風呂は赤茶色の天然温泉で、日本三名泉の一つ兵庫県の「有馬温泉」の金泉と似た泉質です。

しかも、加温・加水なしの「源泉かけ流し」ですので、温泉本来の良さをじっくりと堪能することが出来ます。

高温サウナやミストサウナ、クールダウン用の水風呂も完備しています。

住所: 北海道北見市端野町二区829【地図】

料金:大人800円、小人400円

営業時間:11:00~22:00

参考:公式サイト等

 

峠の湯 びほろ(網走郡美幌町・温泉)

日帰り温泉施設「峠の湯 びほろ」の館内は天井が高く、開放的な雰囲気。

天然温泉は薄茶色「アルカリ性単純温泉」で、浴槽の種類も豊富、露天風呂や薬湯、サウナなどが楽しめます。

浴後は、休憩スペースでのんびりと過ごせます。

また、レストランもあり、入浴料金とお食事がセットになったお値打ちメニューもありますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

住所:北海道網走郡美幌町都橋40-1【地図】

料金:大人500円、小人250円

営業時間:10:00~22:00(第2水曜定休)

参考:公式サイト等



マウレ山荘 ポッケの湯(紋別郡遠軽町・温泉)

日帰り温泉施設「マウレ山荘 ポッケの湯」は、「マウレ山荘」というリゾートホテルの敷地内に新たに造られた施設です。

風呂では、青森ヒバを贅沢に使った源泉かけ流しの露天風呂が堪能でき、木の芳香が心地よく、疲れを吹き飛ばしてくれます。

サウナは、北海道でも珍しい「フィンランド式薪サウナ」を採用していて、薪を燃やして熱した石に水をかけ、発生した蒸気を浴びる「ロウリュ」を楽しむことができます。

住所: 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利172【地図】

料金:大人600円、小人300円

営業時間:12:00~18:00

参考:公式サイト等

 

おけと勝山温泉 ゆうゆ(常呂郡置戸町・温泉)

日帰り温泉施設「おけと勝山温泉 ゆうゆ」は、2017年4月にリニューアルオープンし、従来の石ぶろや陶器風呂に加えて、「寝ころび湯」を増設し、露天風呂が広くなりました。

天然温泉は「塩化物・硫酸塩泉」で、保湿効果が高く、湯冷めしにくいお湯です。

浴後は、休憩スペースでゆっくりと休むことができ、その他、お食事処やカフェコーナー、宿泊もできるコテージも備えております。

住所: 北海道常呂郡置戸町常元1-5【地図】

料金:大人500円、小人300円

営業時間:10:30~22:00

参考:公式サイト等

 

オベリベリ温泉 水光園(帯広市・温泉)

スーパー銭湯「オベリベリ温泉 水光園」は、低料金で気軽に温泉が楽しめると、地元の方を中心に人気のある施設です。

温泉は、茶褐色のモール泉で、ヌルヌルとした浴感、湯上がり後はお肌がしっとりとする「美肌の湯」です。

内風呂・露天風呂ともに広々としていて、サウナは高温サウナと薬草サウナの2種類を備えています。

浴後は休憩スペースでのんびりとくつろげるほか、ソフトクリームやアイス、生ビールをも販売しています。

施設の隣には、系列のお蕎麦屋さんがあり、美味しいと評判です。

住所: 北海道帯広市東10条南5丁目6【地図】

料金:大人450円、小人140円

営業時間:11:00~23:00

参考:公式サイト等

 

ひまわり温泉 森の郷(帯広市・温泉)

温泉施設「ひまわり温泉 森の郷」のモール温泉は、植物由来の有機物を多く含んで琥珀色に色づいた本格的な湯で、天然の化粧水とも称される「美人の湯」。

街中にあるにも関わらず露天風呂があり、フィンランドサウナでは、セルフロウリュが可能です。

浴後は、休憩スペースやお食事処でのんびりと過ごせます。

食事処は、人気カフェ「Cake&Cafe tane」の姉妹店で、手づくりにこだわった体に優しい料理が頂けます。

住所: 北海道帯広市西11条南32丁目7-2【地図】

料金:大人450円、中人300円、小人140円

営業時間:11:00~23:00 (土日祝 ~23:30)

参考:公式サイト等

 

天然温泉 やよい乃湯(帯広市・スーパー銭湯)

スーパー銭湯「天然温泉 やよい乃湯」はリーズナブルな料金ですが、シャンプー等の備え付けがありませんので、持参するか購入する必要があります。

地下1600mから湧き出す「塩化物泉」は、やや茶色に色付いた見た目の湯で、源泉かけ流しで堪能出来ます。

お風呂・サウナの種類も豊富で、楽しみながら湯巡りが出来ます。

浴後は、お食事処兼休憩スペースでのんびりと過ごすことが出来ます。

住所: 北海道帯広市西18条南2丁目5-32【地図】

料金:大人450円、小人140円

営業時間:10:00~23:00

参考:公式サイト等

 

自由ヶ丘温泉(帯広市・温泉)

日帰り温泉施設「自由ヶ丘温泉」では、加水なしのアルカリ性単純温泉がかけ流しで楽しめます。

ウーロン茶色の見た目で、仄かにモール臭がし、つるつるとした浴感と発汗性が非常に強いのが特徴。

すぐ隣にラーメン屋が併設されていて、なかなか美味しいのでオススメです。

住所: 北海道帯広市自由が丘4-4-19【地図】

料金:大人450円、小人140円

営業時間:10:30~24:00

参考:公式サイト等

 

日帰り健康ランド 華のゆ(中川郡幕別町・スーパー銭湯)

スーパー銭湯「華のゆ」は、「グランヴィリオホテル」に併設された施設で、宿泊者は無料で利用できます。

料金にはタオルや館内着、アメニティの料金が含まれているので、手ぶらでOK。

お風呂の最大の特徴は、北海道遺産に指定されている十勝幕別の「モール温泉」が楽しめるところ。

露天風呂・内湯とも広々としており、、サウナ・水風呂も完備しており、体の疲れも吹っ飛びます。

また、休憩室も充実していて、その他、お食事処やマッサージ、岩盤浴、卓球ルームなど付帯施設も充実しています。

住所: 北海道中川郡幕別町依田384【地図】

料金:大人950円、小人520円

営業時間: 11:00~23:00(土日祝 10:00~24:00)

参考:公式サイト等

 

札内ガーデン温泉(中川郡幕別町・スーパー銭湯)

スーパー銭湯「札内ガーデン温泉」の料金にはタオルやアメニティの料金が含まれているので、手ぶらの来館でOKです。

お風呂は、和風と洋風の異なったおもむきの2種類があり、男湯と女湯が1週間ごとに入れ替わるシステム。

天然温泉は、茶褐色に色付いたかけ流しの「モール温泉」で、湯に浸かっていると、お肌がツルツルになる「美人の湯」としても知られています。

浴後は、休憩スペースが充実していますので、のんびりと過ごすことが出来ます。

入会金300円で会員のみが利用できる12,000冊の蔵書を誇るコミックコーナーやインターネットブース、女性専用ラウンジ、女性専用フィットネスルームが利用できます。

お食事処は、お座敷・テーブル席など、52席があり、ゆったりとくつろげます。

住所:北海道中川郡幕別町札内北町55【地図】

料金:大人640円、小人370円(土日祝 大人690円、小人420円)

営業時間: 10:00~24:00

参考:公式サイト等

 

十勝ナウマン温泉 ホテル アルコ(幕別町忠類・温泉)

ナウマン象化石の発掘の地「忠類」にある温泉施設「十勝ナウマン温泉 ホテル アルコ」は宿泊施設ですが、日帰り温泉としての利用も人気があります。

天然温泉はPH9.5のアルカリ性単純温泉で、サウナと水風呂もあり、疲れをとるのには申し分ありませんでした。

浴後は、広い休憩スペースやレストランがあり、のんびりと過ごすことができます。

道の駅や公園なども隣接してており、ドライブスポットとしてもオススメです。

住所: 北海道幕別町忠類白銀町384-1【地図】

料金:大人500円、小人250円

営業時間:5:00~8:00、11:00~23:00

参考:公式サイト等



道の駅 ガーデンスパ十勝川温泉(河東郡音更町・温泉)

「ガーデンスパ十勝川温泉」は、水着着用の混浴での利用となるため、ファミリーやカップルでも一緒に楽しむことができます。

水着の用意がない場合でも「湯あみ着」とバスタオルが料金内でレンタルできるため、手ぶらで来店しても問題ありません。

天然温泉は、植物性の有機物を多く含む「モールの温泉」で、、内湯、露天の他にも温泉ミストサウナや室外プールなどバラエティ豊富、シャワーブースもあるので、髪の毛を洗ったりすることもできます。

温泉以外にも、十勝の農産物や雑貨が揃うマルシェやいろいろな種類の飲食店、生ハムやチーズ作りなどの体験工房などがあり、1日たっぷりと楽しめる施設になっています。

住所:北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目1【地図】

料金:大人1500円、小人600円

営業時間:9:00~19:00(金土日祝 ~21:00、第2火曜定休)

参考:公式サイト等

 

ふみぞの湯(釧路市・スーパー銭湯)

「フレスポ釧路文苑」という施設の一角にあるスーパー銭湯「ふみぞの湯」。

館内はとても大きくて開放的、露天風呂やマッサージバス、サウナなどが楽しめます。

天然温泉はやや黄緑色の「塩化物泉」で、体の芯からポカポカとよく温まります。

お食事処やマッサージ、ヘアカットなど付帯施設も充実しています。

住所:北海道釧路市文苑2丁目48-29 フレスポ釧路文苑内【地図】

料金:大人450円、小人140円

営業時間:10:00~23:00

参考:公式サイト等

 

大喜湯 昭和店(釧路市・スーパー銭湯)

「イオンモール釧路昭和」の隣に位置するスーパー銭湯「大喜湯 昭和店」では、敷地内で湧出した天然温泉を楽しむことができます。

見た目は黄緑色で、体の芯からポカポカと温まるいいお湯で、露天風呂、内湯とも広くて、ゆったりと入浴出来ます。

また、2階が湯治客用の浴室になっていて開放されているので、自由に入ることが出来ます。

お食事処は「もりそば」が美味しいと評判です。

住所:北海道釧路市昭和中央5丁目11-8【地図】

料金:大人450円、小人140円

営業時間: 12:00~23:00(土日祝 6:00〜24:00)

参考:公式サイト等

 

大喜湯 春採店(釧路市・スーパー銭湯)

春採湖のすぐそば「春採ショッピングセンター」内にあるスーパー銭湯「大喜湯 春採店」の源泉は、釧路市内新富町の系列旅館「大喜館」の敷地内から毎日タンクローリーで輸送した運び湯です。

泉質は塩分濃度の濃い「塩化物泉」で、体の芯からポカポカと温まる良いお湯。

温泉には、アトピー性皮膚炎の治療に役立つ成分も豊富に含まれているそうなので、アトピーでお悩みの方も試してみてはいかがでしょうか。

住所:北海道釧路市春採7丁目1-45【地図】

料金:大人450円、小人140円

営業時間: 12:00~23:00(土日祝 6:00〜24:00)

参考:公式サイト等

 

霧多布温泉 ゆうゆ(厚岸郡浜中町・温泉)

日帰り温泉「霧多布温泉 ゆうゆ」浜中町は漫画家「モンキー・パンチ」先生の出身地ということもあり、館内にはルパン三世に関連するものが一杯で、グッズを購入することも出来ます。

天然温泉は、地下2000mから湧き出る「塩化物泉」で、湯冷めしにくいのが特徴の素晴らしい湯。

サウナは高温サウナとミストサウナの2種類があり、男湯と女湯が入れ替わるシステムですので、こだわりたい人は事前に問い合わせるのが良いかと思います。

浴後は、休憩スペースやお食事処でのんびりと過ごすことが出来ます。

住所:北海道厚岸郡浜中町湯沸432【地図】

料金:大人500円、小人250円

営業時間:10:00~22:00

参考:公式サイト等




【関連記事】

北海道 日帰り温泉・スーパー銭湯128選 ★ キャンプ、ツーリング、ドライブで寄りたい温泉

北海道・東北 道の駅ランキング 35選 ☆ 道の駅で地元グルメを食べつくそう!

北海道・札幌 日帰り温泉&スーパー銭湯25選 ~ キャンプやツーリングで利用したいお風呂

北海道・道央 日帰り温泉&スーパー銭湯55選 ~ キャンプやツーリングで利用したいお風呂

東北・北海道 冬でも使えるオートキャンプ場12選 ~ 通年営業のオートキャンプ場

北海道 バイクで行きたいキャンプ場 ★ 5000円以下で行けるオートキャンプ場50選

冬キャンプはバンガローがおすすめ ☆ 東北・北海道の格安バンガロー&ケビン6選



-キャンプ、旅行, バイク、ツーリング
-, , , ,

© 2022 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。