バイク、ツーリング

バイクのタンクにできた小キズの補修 ☆ タンクバックのマグネットでやっちまった

今回は、バイクのタンクに付けてしまったキズを消す方法についてお話します。

 

先日、日光に一泊ツーリングに行った際、タンデムシートにコンテナを積んでいたため、普段は使わないタンクバッグを使いました。

日光での2日目は、ほぼ終日雨天で、時折土砂降りの激しい雨がふりました。

「コンテナにして正解だったな」

そう、コンテナなら中の荷物が濡れる心配はほとんどありません。

帰宅してバイクを見ると泥だらけ・・・。

コンテナも泥で汚れていましたが、こちらは雑巾で拭けばOK。

時間も遅かったのでとりあえずバイクにザっと水をかけて洗車は次の週末にすることにしました。

 

次の週末

この激しい汚れ・・・。

チェーンもエキパイもシコシコ綺麗にして、元の美しい姿のはずが。

タンクバッグのマグネットで見事なひっかき傷がついていました。

とくに左側は少し深そう・・・。

タンクバッグを地面に置くとマグネットに砂がついてタンクを傷つけるので気をつけていたのですが、

タンクのほうに泥はねで砂がついていたので傷がついたのです。

 

すぐに「ピカール」で磨こうかとも思いましたが、他に良いアイデイアが無いかとTwitterで書き込んだところ、

いくつかのオススメアイテムを教えてもらいました。

 

そのうちの一つは塗装の仕上げにつかうクリアスプレーでした。

これだとおそらく綺麗になると思いますが、部分的ではムラになるような気がしますし、

全体となるとタンクを外さなくてはいけませんし、塗装の腕に自信がないので失敗するリスクが心配。

 

そして、他の人が勧めてくれたアイテムをAmazonで注文して使ってみたのです。

 

 

KURE LOOX 表面仕上げ剤

それが、こちら。

呉工業が出しているクレ・ルックス表面仕上げ剤です。


こちらは研磨剤が入っていてワックス効果もあるもので小傷を消したり目立たなくするためのアイテム。

さっそく使ってみました。

 

使い方は簡単。

使いたい部分にルックスを吹きかけ、ウエスでこする。

傷が消えないときには、この作業を繰り返すというものです。

私は、コストコで売っている便利なペーパータオルを使いました。

ちなみに、このペーパータオルは洗車や拭き掃除のときなど、万能に使えてメチャクチャ便利なので、家には常に常備しています。


なお、スプレーをするときはウエスなので押さえながら少量ずつやらないと飛び散ったところに白くついてしまうので気をつけて下さい。

(拭けば落ちます)

 

左側の傷は少し深めだったので、先にピカールで少し磨いてから、ルックスを使用しました。

そして・・・ルックスを付けてこする。

付けてはこする・・・。

この作業を片側10回以上地道にしていきました。

すると。

写真ではわかりませんが、まだ少しキズが残っています。

でも、ほとんど気にならないくらい綺麗になりました。

ワックス高価もあるのでツルンツルンになっています。

 

クレ・ルックスはなかなか使えるアイテムでした。

Twitterのフォロワーさんに感謝、感謝です。

小傷を簡単に落としたいとお考えの方。

地道な作業はあtりますが、このKURE LOOXはなかなか優れものですし、お手頃価格なので是非お試し下さい。

 

 

【関連記事】

パンク修理キット積んでて良かった!☆ パンク修理キットの使い方を解説

 

ふとんクリーナーはレイコップ
医師として働いていた時“アレルギー症状を根本的に予防できるようにしたい”そんな思いからレイコップが生まれました。
◆日本の生活習慣、ふとん環境におススメ!
・ダニ、ハウスダストが気になる方
・妊婦や小さいお子様がいて寝具に不安な方
・布団干しが重労働と感じる方
・質の高い睡眠にこだわりを持つ方

 

 

-バイク、ツーリング
-, , , ,

© 2021 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。