グルメ、料理レシピ

国産牛すじカレー(キャニオンスパイス)~ レトルトカレーだけど鉄板の美味しさ!

レトルトカレーと言えば昔はボンカレーなどが定番でしたが、最近はご当地もののカレーや、高級本格カレーなど多くの商品が出回っています。

レトルトだと思って軽んじるなかれ、中にはカレー専門店の本格カレーにも勝るとも劣ることの無い美味しいカレーがいくつもあります。

今回は、そのなかでも我が家で買い置きしている「国産牛すじカレー」をご紹介しましょう。

 

 

カレーと言えば、作った日より翌日のほうが美味しいという説があります。

それもそのはずで、カレー専門店のものでも具材が溶けてしまうほど長時間煮込むものも多いからです。

その点で、カレーはレトルト食品に向いています。

 

丼もの、例えば「牛丼」などもレトルトのものがありますが、玉ねぎなどの具材が溶けてしまっては、少し寂しい牛丼になってしまいます。

その点、カレーは具材が溶けてしまうことで、カレーソース自体が美味しくなりますし、本格的な感じもします。

なので、多くのレトルトカレーは肉以外の具材はソースに溶けていて混然一体となっているものが多いのです。

 

牛すじカレー

「牛すじ」は、関西で良く使われる食材です。

関西風の「おでん」に「牛すじ」は付き物ですし、「煮込み」も定番のグルメです。

「牛すじ」の注目すべき点は栄養面。
この「牛すじ」、実は低カロリー食品なのです。

和牛バラ肉100gのカロリーは517kcalで、輸入バラ肉が371kcalとなっています。

ところが牛すじ100g当りのカロリーは、たったの155kcalです。

しかも、高タンパクで、コラーゲンなどが豊富なため美肌にたいする効能効果も十分期待できます。

「牛すじ」は、牛のアキレスケンなので、とても固い食材。

多少煮込んだくらいでは、固くて食べるのが大変です。

柔らかくなるまで良く煮込んで調理されることが多いので、カレーにはピッタリの食材と言えます。

でも、調理に時間がかかるため、ご家庭で作るのはなかなか手間がかかります。

そこで、今回ご紹介するのは、株式会社キャニオンスパイスが製造する「国産牛すじカレー(レトルト)」です。

キャニオンスパイスってどんな会社

キャニオンスパイスは、大阪の泉南市にある会社です。

やはり牛すじの本場である大阪の会社でした。

創業は、昭和55年、現在の名称・会社形態になったのは平成11年です。

キャニオンスパイスは、香辛料を専門に研究、販売しておりました。

現在は主に、オリジナルブレンドのカレーパウダーを使用したカレールウとレトルトカレーを製造、販売しております。

近年、健康を害してしまうような添加物の使用が増えたり、アレルギーをお持ちのお子様が増えている中、できる限り安心、安全な食材を使用し、体に優しいものを提供していたいと考えております。

引用元:キャニオンスパイス公式サイト

キャニオンスパイスは、人の健康を願って商品開発をしているそうです。

昔とは違い現代では、さまざまな加工食品が世に出回り、流通のために食品添加物(化学調味料など)の使用が 活発になっていて、食品添加物によっては、発ガン性のあるものなど、人の健康を脅かすものもあります。

また、そのことにより、アレルギー、肥満、生活習慣病などの病気にかかる人が増えているのも現実です。

これらを改善するには食生活の見直しが不可欠になると考え、キャニオンスパイスではできる限り 安心な食材を使い、体に優しいものを消費者の方に提供していきたいという理念をもって食品の製造を行っているのだそう。

もともとスパイスを扱っている会社だけあって、提供している商品は「レトルトカレー」がメイン。

しかし、公式サイトを見ると、その商品ラインナップの多さに驚きます。

また、OEM商品として「小川軒のカレー」「上等カレー」や「得正のカレーうどん」の製造も手掛けます。

「国産 牛すじカレー」が美味い

そんな、キャニオンスパイスが製造するカレーのなかで、こんかいおすすめしたいのは、「国産牛すじカレー」です。

この、国産牛すじカレー。

美味しいので我が家ではネットで買ってストックしているほど。

このように製造元はキャニオンスパイス。

注目すべきは、そのカロリーです。

一食分でわずか203kcalと、カレーの中ではかなりの低カロリー。

カロリーが気になる方でもこれなら大丈夫。

実際に食べてみましょう。

具材は、牛すじ以外すべてカレーソースに溶けています。

こちらは中辛ですが、カレーソースはまろやかで深みのある美味しさ。

これも時間をかけて食材が溶けるまで煮込んだからこそ出せる深みです。

キャニオンスパイスはもともとスパイスの会社なので、スパイスの調合にも秘密があるのでしょう。

牛すじは、やはり時間をかけて煮込まれていて、口の中でホロホロと崩れるほど。

コラーゲンの部分はカレーソースに溶けてしまっているので、牛すじのプルプルが苦手という方でも大丈夫。

もちろん、ご飯との相性はバッチリで、あっという間に完食してしまいます。

美味しくてヘルシーとくれば言うことありませんね。

それに、この「国産牛すじカレー」。

この手の本格レトルトカレーの中では比較的お手頃価格。

お求めやすいのも嬉しいところです。

ネット通販で簡単に入手できるので、皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

タフ・グミは仕事や勉強中の睡魔に効く!~ 酸っぱい刺激とハードな食感が病みつき!

美味しいスリランカカレー(スパイスカレー)~ 東京 水天宮前「すなが」はオススメ!

丸亀製麺で食べるべき隠れメニュー ~ いつも「うどん」ばかりでは飽きませんか?

和牛入れすぎカレー(牛長・秘伝)★ こりゃレトルトの枠を完全に超えて「美味い!」

最新大阪グルメスポット ☆ 大阪・肥後橋には隠れた名店がいっぱい

元祖ニュータンタンメン本舗 ~ 人気のタンタンメンだが改善の余地があると思っている

カレーラーメン「楽山」★ 大阪・本町で カレー×ラーメン 禁断の一杯

全国 ご当地ラーメンまとめ ☆B級グルメにこそ地元愛が詰まっている

ダイショー「ミネストローネスープ」が旨い ~ 冬キャン料理にはコレが最高!

クアトロチーズ鍋スープ(ダイショー)☆ 最高に美味しい!人気の鍋スープ!

-グルメ、料理レシピ
-, , ,

© 2023 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。