バイク、ツーリング

奥多摩 満腹ツーリング ★ カフェかなかな⇒多摩里場⇒へそまんじゅう

11月の祭日、ツイッターのフォロワーさんたちと奥多摩ツーリングに行ってきました。

愛機 MT-09 SP は、スパークプラグとエアクリーナエレメントを交換して絶好調。

 

朝7:30に家を出て、待ち合わせ場所である「ファミリーマート東青梅5丁目店」へ。

朝はかなり冷えるのでグリップヒーターをHIGHにして出かけました。

 

待ち合わせ10分前に集合場所に到着。

ほぼ時間通りに、他2名も到着しました。

この日はボンレスさん夫妻と3台でのツーリングです。

奥様はSwish、ボンレスさんはいつものバンディットではなく最近入手したCRM250での参戦でした。

奥多摩はボンレス夫妻の庭みたいなものなので、私は付いていくだけのお任せツーリング。

気が楽ですw

 

カフェかなかな

まず向かったのは檜原街道沿いにある「カフェかなかな」さん。

秋川渓谷を経由して、向かいました。

山間部に入ると少し気温が下がりますが、新調したグローブ(elf ストラーダ・カーボングローブ)は、グリップヒーターの使用もあって至って快適です。


ほどなく「カフェかなかな」に到着。

まず目につくのは、海外の映画に出てくるような丸みを帯びたトレーラーハウス2台。

手前のトレーラーはテラス席がついていて、カフェになっています。

奥のほうは、宿泊用に提供されています。

以下、公式サイトよりかなかなの紹介。

Travel trailer

カフェかなかな

檜原村のカフェ。自然の中にある、レトロな雰囲気のトレーラーは女性に人気です。

スローな提供の店ですので、3名様以上はメニューまとめにご協力ください。繁忙期の多人数のご来店時は席確保の為事前連絡をくださいませ

。定休日は月曜か火曜の天気の悪い日。月曜祝日であれば火曜か水曜のどちらかがお休みです。

グーグルスケジュール若しくは、お電話にてご確認をお願いいたします。朝は7時頃から夜6時頃まで営業しています。

MENU:ハンバーガー、かなかなサンド、スイーツ、コーヒー、コーラetc...

引用元:カフェかなかな公式サイトより

かなかなは、カフェを中心として、宿泊可能なトレーラーハウスとタイニーハウス、オートキャンプ場からなる個人経営の複合カフェです。

カフェの外では「天空の城ラピュタ」に登場するロボットが出迎えてくれます。

 

この日は、寒かったこともあってテラス席ではなく、1つしかないトレーラー内部の席を陣取りました。

良い雰囲気です。

窓の外には、私たちのあとに到着したハーレー5台のチームが到着したのが見えます。

主なメニューはこちら

3人ともにチーズバーガーとホットコーヒーを注文。

この日は他にも数組の来店客がいたので、注文が届くのに少し時間を要しましたが、これも含めてゆったりしていて、まったりと休日を過ごすにはぴったりのカフェです。

こちらがチーズバーガー1,500円。

厚みがすごいことになっています。

ふかふかのバンズは少し小ぶり、ビーフパテは香ばしく焼かれていてバンズからはみ出しています。

そこにフレッシュなレタスがたっぷりと厚切りのトマト、そしてチーズがサンドされています。

そして自家製?ピクルスとポテトチップスが添えられています。

とにかく具が多くて美味しいハンバーガーでした。

淹れたてのコーヒーも美味しかったです。

 

なかなか雰囲気があって寛げるカフェですので一度訪れてみてください。

 

【カフェかなかな 概要】

住所:東京都西多摩郡檜原村南郷6209

電話:090-4746-9087

営業時間:7:00~18:00

定休日:雨の月曜日または火曜日(要確認)

公式サイト:カフェかなかな

 

 

 

 

奥多摩周遊道路

お腹もいっぱいになって「かなかな」オリジナルの希少なステッカーも頂いたので(ボンレスさんのおかげで)、奥多摩周遊道路に向かいました。

かなかなさんを出て少し走ると、対向車がパッシングで「スピード違反の取り締まり」をやっていることを教えてくれました。

前にゆっくりペースの自動車が走っていたので問題はなかったのですが、少し行くと案の定「ネズミ捕り」をやっていました。

 

前に奥多摩にソロで来た時も周遊道路で「取り締まり」をやっていたので、2/2の確率(100%)で取り締まりに遭遇したことになります。

詳しい人は、ある程度取り締まりのポイントがわかっているようですが、奥多摩に行かれる際はご注意ください

 

前日に雨が降ったこともあって奥多摩周遊道路はところどころウエットで、落ち葉もありました。

この時期は注意が必要ですね。

 

周遊道路を3台で気持ちよく走り「大ムソ山」近くの「月夜見第一駐車場」で景色を見るために休憩。

眼下には奥多摩湖を見下ろすことができ、なかなかの絶景でした。

さきほどの「かなかな」で10℃ほどあった気温も、ここまで来ると6℃に下がっていました。

バイクを降りて、ヘルメットとグローブを外すと寒い!

 

ライダーズカフェ多摩里場

その後、奥多摩周遊道路を奥多摩湖まで降り、大菩薩ラインに入って次の目的地である「ライダーズカフェ多摩里場」を目指します。

大菩薩ラインに入ると、車の通行量も減り気持ちよく走ることができます。

気持ちよく走っていると、左手に多摩里場さんが見えてきます。

こちらも店内はそれほど広くないのですが、外にテラス席があります。

この日は寒かったので店内の席につきました。

店内は明るく、まさにライダーズカフェの雰囲気。

オーナーが気さくな方で、すごくフレンドリーな雰囲気です。

ここは料理にかなり拘りがあるようで、鹿肉とクジラ肉のキーマカレーなど珍しい料理を味わうことができます。

かなかなでチーズバーガーを食べてから、まださほど時間がたっていなかったのですが、

ボンレスさんに合わせてオーナーお勧めのメニューをいただくことにしました。

赤ワイン牛すじハヤシライスと蟹クリームコロッケがワンプレートに盛り付けられたものです。

そのほかにも、素揚げした野菜やフライドポテトがトッピングされています。

ハヤシライスも蟹クリームコロッケも、洋食屋さんの味。

とても本格的なもので美味しかったのですが、さすがに満腹。

全部平らげましたが、おなかがキツイ・・・。

 

情報として、多摩里場さんでは年に2回ほど「トライアンフ・バイク」の試乗会が催されるそう。

次回は5月ごろの予定らしいです。

 

最後に、オーナーと一緒に記念撮影までしてもらいました。

人気があるライダーズカフェのようなので、機会があれば訪問してみてはいかがでしょうか?

 

【ライダーズカフェ多摩里場 概要】

住所:山梨県北都留郡丹波山村3653-1

電話:0428-88-0889

営業時間:〔月・水~金〕10:00~18:00〔土・日・祝〕8:00~18:00

定休日:火曜日

公式facebook:ライダーズカフェ多摩里場

 

かなりの満腹状態でライダーズカフェ多摩里場をあとにしました。

記事に書くとあっさりしていますが、実際には1か所1か所でかなり時間をかけているので、このころには少し日が傾きかけていました。

 

しして、最後に「へそまんじゅう」で締めることになりました(まだ食べるのw)。

 

へそまんじゅう本舗

へそまんじゅう本舗は、青梅市日向和田の青梅街道沿いにあります。

私は知りませんでしたが、かなり有名なようで、伺った時にはお土産にまんじゅうを買う人が多く立ち寄っていました。

私もお土産に8個入りを1つ購入。

皮は黒糖と白砂糖(黒と白)の二種類があってお土産はミックスのものにしました。

お土産を購入すると、もれなく蒸かしたてのお饅頭が1つ付いてきます。

このオマケが熱々でめちゃくちゃ旨い!

薄い皮のなかに、粒あんがギッシリ。

熱いうちは餡がトロトロで、火傷しそうになりながら美味しくペロッと頂けてしまいます。

あっさりとした甘さなので、お腹はいっぱいでしたが、もう一つ頂きたくなりました。

 

【へそまんじゅう本舗 概要】

住所:東京都青梅市日向和田3-863

電話:0428-24-6064

営業時間:9:00~18:30

定休日:無休

参考:一般社団法人青梅市観光協会公式サイト

 

へそまんじゅう本舗で16時位になっていました。

渋滞も予想されるので、ここで流れ解散とすることにしました。

 

青梅市街を抜けたところで、ボンレスさんたちと別れ、一般道を走って約1時間半で横浜の自宅に無事到着。

この日、家に帰ってもお腹が空かず、夕食はご飯抜きにしました。

 

ボンレスさんたちとの奥多摩ツーリングで、未知のスポットをいくつも満喫することができ、大変楽しいツーリングになりました。

所々で奇麗な紅葉を眺めることもできましたし、大満足のツーリングになりました。

 

最後に、いろいろ教えてくださったボンレスさん、コトミさん、ありがとうございました。




【関連記事】

冬でもバイクに乗りたい ★ 冬ツーリングの注意点とおすすめ装備

エルフ ストラーダ・カーボングローブ ★ 使い勝手が良いウインターグローブ

浅間山⇒万座⇒志賀草津道路⇒八ッ場ダム ★ 会社の同僚と快走・絶景ツーリング

バイカーズパラダイスから絶景の石廊崎へ ★ 南伊豆日帰りソロツーリング



-バイク、ツーリング
-, , ,

© 2021 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。