お役立ち情報 バイク、ツーリングなど

「車検対応公認フルエキマフラー」~ どれにする? YAMAHA MT-09 SP のマフラーカスタム

2020年9月に納車になったYAMAHA MT-09 SP。

とりあえずツーリングでの実用性重視でカスタムをしてきました。

マフラーはしばらくノーマルで良いかと思っていましたが

 




いつかは変えたいと考えていましたのでネットでマフラーの情報収集をしていました。

動画もいくつかあったので「排気音」も聞けるのはありがたいですね。

 

車検対応のマフラーは少ない

今は単身赴任中で賃貸マンション暮らしなので、ガレージも作業スペースもないため

少し時間がかかるような作業やスペースを必要とする作業はしずらいのが現状。

マフラーを外したり取り付けたりはあまりできないため車検対応のものを探していました。

爆音はあまり興味がないし、近所に気を使うということもあります。

 

探してみると「車検対応」のフルエキマフラーが意外と少ないのがわかりました。

「Webike」さんのwebページを見てみると、商品自体は結構でてきます。

しかし「輸入品」で車検対応のものはほとんど無く、国産えお含めても私が探した限りは以下の6種類位でした。

(Webikeさんの情報はありがたいのですが、商品ページまでいかないと政府公認かどうかが判らないのは改善して欲しいところです。)

 

・AKRAPOVIC レーシングライン

・ヨシムラ R-77-S サイクロンカーボンエンド

・r’s gear ワイバンリアルスペック

・TRICK STAR IKAZUCHI ショート

・SP忠男 パワーボックス FULL SS

・OVER TT-Formula RS フルチタン 3-1

 

などが政府公認と言われるものでした。

 

MT-09というバイクは軽さが信条。

純正のマフラーもショートタイプです。

「あまりロングタイプのマフラーを付けるのはなんとなくMTらしさが無くなってしまいそう。」

と思いながらと幾つかのマフラーを見ていて興味があったのが、

「ヨシムラ」「SP忠男」のフルエキでした。

(AKRAPOは付けている人が多いので除外しました。)

 

結果的にはショートタイプということで、ほぼSP忠雄に決めかけていました。



 

南海部品(梅田本店)さん訪問

その後、Youtubeで「SP忠雄」の排気音を聞いてみたり、ユーザーレビューを見てみました。

「音に関しては少し物足りないかな?」

「低回転域のトルクが改善されるらしい」

「ステンレスとチタンがあるが、チタンは20万円超えで少しお高い」

ということがわかりました。

 

今回のマフラー交換に関しては、ネットで商品を購入して自分で取付けるつもりでいましたので、場合によって工具を追加で揃えなければいけないと考えていました。

 

「ネットで買うにしても実店舗で見積もりをしてもらえば参考になる」

と考え「SP忠雄」取扱店を探すと、近くの「南海部品」の名前があったので言ってみることに。

「南海部品」で「SP忠雄」のマフラーについて取扱いがあるかどうか聞くと、車種を聞かれたので「MT09」と答えると。

「取り寄せになりますね。今なら取寄せでも15%割引になります。」

 

「・・えっ!(もしかしてすごくタイミング良かったかも)」

 

南海部品ではちょうど「秋のキャンペーン」の最中だったのです!

「・・・(これは神様、買ってしまえと言っているのでは)」

 

とりあえずステンレスで見積もってもらうと、

工賃・バッフル・消費税込みで 151,030円

 

商品の定価は税別152,000円(税込167,200円)

(Webike でsale対象になっていてその価格は税込151,487円)

 

ネットで購入してバッフルや工具購入で出費した上に苦労して取付けることを考えたら・・・。

 

「それでお願いします!」

 

という言葉が自然に口から出てしまいました。

 

商品在庫は?

その後「南海部品」さんにメーカーの在庫確認をして頂くと、

 

「1つだけあるそうで、確保できました」

との事で製品も確保!

 

すぐに取り寄せてもらうようにお願いしました。

 

「商品が届いたら連絡します」

ということだったのでお願いして帰りました。

 

決めたらすぐに欲しい性格

マフラー交換に関しては、しばらく先と考えていたのにこんなに早く決めてしまうとは・・・。

 

私は、一旦決めてしまうと今すぐに手にしたくなる性格なので、

「南海部品」さんからの連絡を心待ちにしていました。

 

連絡があったのはそれから3日後の土曜日午前中。

 

その日は朝から生憎の雨模様だったので「水曜日の夕方」に取付の予約をしました。

 

その後「ウェザーニュース」で確認すると、夕方18時位に雨が止みそうな予想。

 

一刻も早く「SP忠雄」を手にしたい気持ちを抑えきれず。

 

再度「南海部品」さんにTEL。

取付の受付は16時までと聞いていたので

「今日の夕方16時から取付お願いできますか?」と聞くと

「大丈夫です。」とのことだったので予約時間を変更しました。

 

残念ながら雨は止む気配がなかったので雨具を着こんで家を出ました。

まあ、バイクなら5分あまりで着いてしまう距離なのですが。

 

「SP忠雄 パワーボックス」取付け完了

バイクを預け、待つこと1時間と少々。

問題なく取付完了!(問題があるわけないw)

 

イグニッションをONにすると

思ったより「良い音」しています。

低音がかなり増幅されたパンチのある音になりました。

 

実際の音はこちらのリンクから

 

走行性能や特性など

エキサイティングでスリリングなこのMT-09に。
3000rpm-4000rpmの回転域を丁寧に丁寧に仕上げることであらたな一面が顔をのぞかせる。
さらにパワフルなのに緊張を伴わせない。
広く引き出したパワーバンドは軽快で、パワフルで、しかもおおらか。
丸一日思いっきり楽しく走り回った時に神経の疲れ方が全く違う。
軽々フロントを上げるパワーも常にライダーのコントロール下における秀逸な出力特性。
YAMAHA3気筒のチューニングポイントを走っていじって徹底的に探求して出来上がった。

MT-09をさらに最高に楽しくて、最高に気持ちイー!
走りに変える。

引用元:Webiku(メーカー紹介ページはこちら

アイテム詳細

2017~ MT-09/SP ABS(2BL-RN52J)POWERBOXFULL"SS"

適合車種  2017~ MT-09/SP ABS(2BL-RN52J)
製品    POWERBOXFULL"SS"
価格    ¥152,000(税別)
JANコード  4571117958578
商品コード  MT9-PB-22
政府認証  1117021186
YAMAHAコードQ5KSPT958578
音量    95dB(近接) 80dB(加速)
素材    超軽量ステンポリッシュサイレンサーアウター/超軽量ステンレスサイレンサーインナー
オイル系  ドレンボルト◯/フィルター◯

MADE IN JAPAN
*この製品は公道走行可能です(適合車種へ装着の場合に限ります)

引用元:SP忠男公式HP

 

「SP忠男パワーボックス」を装着した後、一度日帰りツーリングに行きました。

タンデムだったのでかなり安全運転。

走行性能の違いを感じるような走りはできませんでした。

 

次回のツーリングは次の週末の「九州ロングツーリング」です。

走行性能の変化についてはまた改めて追記させて頂きます。

 

リムステッカー貼ってみた

「ちょっと見た目が地味かな。」

という感じがあったので「リムステッカー」貼ってみました。

耐久性のほどはわかりませんが、施工も簡単で見た目がずいぶん変わります。

まだの方は検討してみてください。

 

九州ツーリングに行ってきた

SP忠男のマフラーに変えて初めてのロングツーリングは「九州ツーリング」でした。

MT-09は唐突なパワーの出方から「じゃじゃ馬」などと言われますが、

今回のツーリングで「すごくコントロールしやすくなった」と感じました。

Aモードでスロットルを開けた時の怖さもなくなりました。

別にトルクやパワーがダウンしたと言うことは無いと思いますが、

運転していて疲れが少なく楽しさが増した気がします。

サウンドもかなり良くなります。

MP-09を車検対応マフラーでカスタムしたいとお考えの方に素直にオススメできるマフラーだとと思います。

 





 

 

 

 

 

 

 

-お役立ち情報, バイク、ツーリングなど
-, , , , ,

© 2020 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。