キャンプ、旅行 バイク、ツーリング

ソロキャンで重宝する固形燃料 ☆ その使い方とオススメの固形燃料ストーブ

バイクでのソロキャン、ソログルキャンにすっかりハマっている私です。

キャンプギアは、見ているだけでも面白いのですが、見ているとついつい欲しくなってしまいますね。

ただ、バイクで行くキャンツーの場合、積載量が限られているので、あまりギアを増やすわけにもいきません。

ギアはなるべくコンパクトに、何かを足したら何かを引く。

そんな工夫が必要になります。

 

 

さて、今回はキャンプの調理器具に関してのお話です。

私の場合、焚火台とコンパクトバーナーが主な調理器具となります。

大概はこの2つで事足りるのですが、足りない場合もあります。

 

例えば、雨が降っていて焚火ができない。

朝から火を起こすのは面倒だが、もう一つ調理器具が欲しい。

など、想定されることです。

 

そんなときのために、私が携帯しているのが荷物にならない固形燃料。

旅館などの夕食で小鍋に使われる青いやつですね。

100均に行くと3個入りなどで売っています。

燃焼時間は通常のもので15分程度、20分燃え続けるものもあります。

この15分というのは、丁度メスティンで1合のご飯を炊くことができる時間なんです。

 

この固形燃料がひとつあれば、

固形燃料でご飯を炊きながら、コンパクトバーナーでおかずを調理することができるので、とっても便利、重宝するのです。

 

固形燃料のメリット

  • 着火が簡単
  • 持ち運びに便利
  • 卓上で使える
  • 燃料漏れの心配が少ない

ほかの燃料と比較したときのメリットとしては、固形のため手軽に持ち運びできる点や、ライターやマッチなどで火をつけるだけで着火し、卓上でも使いやすい点が挙げられます。

さらに、オイルやガスと比べて燃料漏れの心配は少ないので、アウトドア初心者でも扱いやすいでしょう。

 

なお、火力調整ができない。風に弱いなどのデメリットもあります。

風に弱いので、風除けや風除け兼用のストーブが必要になります。

 

固形燃料ストーブ(コンパクトストーブ)

固形燃料を調理器具に使うためには、そのための台が必要になります。

それが「固形燃料ストーブ」です。

 

固形燃料ストーブは様々なものがネット等で売られていますが、キャンツーにはコンパクトに畳めるものが良いですね。

ネットで売られているものの殆どが中国製で、一流ブランドのものはあまり無いと思います。

まあ、お安いものなので耐久性には目をつぶったほうが良さそうです。

 

 

OUT-D アウトドア アルコールストーブ台

そんな「固形燃料ストーブ」のなかで私が使っているのがこちらの製品。

コンパクトで安いわりにしっかりしているのでオススメです。

 

組み立てるとこんな感じで、メスティン調理にはちょうど良い大きさです。

しかも結構しっかりしています。

アルコールストーブ台と書いてありますが、固形燃料台として使えます。

当然のことながら中華製。

組み立てる前はこんな感じ。

専用のケースが付いていて、ケースに仕舞えばポケットに入るくらいコンパクトで荷物になりません。

これなら、バイクでのキャンツーでも邪魔にならないので、使わなくても常に携帯しておくことができます。

 

【製品概要】

ブランド:OUT-D

素材:ステンレス鋼

製品サイズ:‎7.5 x 7.5 x 7 cm(組み立て時)

重量:102 g

Amazon購入価格:975円(税・送料込)

固形燃料の注意点

  • 直火料理はしない
  • 素手で直接触れない
  • 室内で使う場合はしっかり換気する

 

固形燃料の主成分であるメタノールは人体に有毒な物質であり、直火や網越しに火を当てた食材を食べると、体に害を及ぼす可能性があります。

食材を焼く場合は必ず鍋やメスティンなどの調理器具を使用して、直火では料理しないようにしましょう。

 

また、固形燃料に使われるメタノールは人体に有毒であるため、基本的に素手で触れないようにしてください。

ほとんどの固形燃料は直接素手で触れずに済むような作りになっていますが、どうしても触る必要がある場合は製品の注意書きなどを確認したうえで、必要に応じてゴム手袋などを使用しましょう。

 

固形燃料の保存方法

固形燃料は直射日光が当たる場所や高温な場所、湿気の多い場所などを避け、涼しく風通しが良いところに保管するのが基本。

特に卓上タイプの固形燃料は、外袋を開けたらなるべく早めに使用しましょう。

ジップロックなどに入れて密閉しておくのもおすすめでが、それでも長期間経過するとこんな感じになって使い物にならなくなります。

100均で購入すれば1個25~33円程度なので惜しくはないのですが、こうなる前に使いきりたいものです。

 

固形燃料とコンパクトストーブがあれば、ソロキャンの調理が一段と楽しくなります。

知っていたけどまだ使ったことが無いという方、これを機会に是非使ってみて下さい。

 





【関連記事】

キャンプ関連記事まとめ ~ おすすめキャンプ場、おすすめキャンプギア、キャンプ飯、キャンプレポートなど

初めてキャンプを始めるなら準備は冬か夏から ~ キャンプツーリングで充実したオフタイムを

D.B.J タープ延長ベルトはタープ設営の強い味方 ~ コイツがあれば小川張りは簡単にできる!!

全国の美味しいご当地鍋選 ★ キャンプでも是非!寒い冬は「ご当地鍋」が最高!

トレファクスポーツを知らないと損 ~ アウトドア好きならたまに覗くべき

iClimbのミニローテーブル ~ 使い勝手の良い軽量ソロキャン用テーブルならコレ!

キャンプで是非持っていきたいノコギリ ~ 折り畳みのノコギリが1本あるととても便利!

モーラナイフを買ってみた ~ この万能ナイフでキャンプがグッと楽しくなる!

キャンツーで使うバーナーどれにする ~ やっぱりオススメは信頼の定番!

新キャンプギア実装レポート ~ 大型メスティン、鉄板、枕、など

キャンプのクッカーなど ~ 積載が限られたキャンツーのクッカーと焚火装備

焚火に一発着火 ~ これはすごい!簡単に着火できる究極のキャンプギア

焚火の必需品「風防」を買ってみた ~ 「キャンプグリーブ」のアルミ風防はおすすめ!

NANGAなのにお手頃価格の冬用シュラフ ★ NANGA 別注 アルピニスト800 レビュー

このコットもしかして最高かも ~ iclimb(アイクライム)軽量コンパクトコット



-キャンプ、旅行, バイク、ツーリング
-, , , , ,

© 2022 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。