この記事にはアフィリエイト広告を利用しています

広告

カフェレーサーはお洒落でかっこいい ☆ ストリートシーンで注目されるバイクはコレ!

数年前からバイク界で始まった「ネオクラッシック」ブーム。

Kawasaki Z900RS や YAMAHA SRX900 が発売され人気となっています。

そのなかで「カフェレーサー」というスタイルも近年脚光を浴び、日本のメーカーでも「カフェレーサータイプ」のモデルを販売しています。

今回は、バイクのジャンルの中で「カフェレーサー」についてお話ししましょう。

カフェレーサーとは

1960年代のイギリス・ロンドンで当時24時間営業を行っていた「エースカフェ」に改造したバイクに跨り「ロッカーズ」と呼ばれる若者たちが毎晩のように集まっていました。

彼らの間では、ジュークボックスにコインを入れ、曲が始まるとともにバイクでスタートさせて、曲が終わるまでにカフェに戻ってくるという公道レースが流行していました。

当時彼らが改造して乗っていたバイクは、TRIUMPH(トライアンフ)・Norton(ノートン)・BSA(ビーエスエー)などのネイキッドバイク。

それらのバイクを、ハンドルはセパレートハンドル(セパハン)など低く幅の狭いものに変更し、車体後方寄りのシングルシートなどを取付け、状態を伏せて乗車することで空気抵抗を少なくし、車体をコントロールし易くするためなどのカスタムが主流でした。

当時のカフェレーサーカスタムは、快適性や利便性よりも公道レースに勝つための速度や旋回性能を追求し、’60年代当時のグランプリロードレース車両を模倣したものでした。

そんなレースに熱中する「ロッカーズ」を「カフェレーサー」と呼ぶようになりましたが、いつしか彼らのバイクの改造スタイルを指す言葉となったのです。

現在では、上記のようなカスタムスタイルを「カフェレーサー」と呼び、バイクメーカーからも多くの「カフェレーサー」が販売されています。

引用元:モトコネクト コラムより

「カフェレーサー」とは、イギリスの若者の間で1960年代に始まった、公道レース用にネイキッドバイクを改造したスタイルが起源だったのです。

どんな車種があるのか

それでは、実際にどんなバイクが「カフェレーサー(カフェ)」として販売されているのでしょうか?

本場のトライアンフやロイヤルエンフィールドなどの選択肢もありますが、今回は日本のメーカーが発売しているモデルのなかで「カフェレーサーテイスト」のモデルも含めてご紹介しましょう。

Kawasaki W800cafe

2011年2月に発売されたW800は、Wの車名の由来ともなっている「直立した2気筒エンジン」はじめ、オーソドックスなダブルクレードルフレーム、前19インチ・後ろ18インチの大径スポークホイールなど、車体の構成はW650の発展モデルそのものでした。

空冷エンジンゆえ、排出ガス規制をクリアするのは困難かと思われたが、W800ストリートとW800カフェの2スタイルで日本でも、2019年3月に発売されました。

2022年モデルでは、平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、燃費表示が若干変更となったが、諸元・性能に変更はありませんでした。

【諸元概要】

エンジン空冷並列4気筒
排気量773cc
重量223kg
シート高790cm
最高出力52PS
最大トルク6.3kgf・m
変速形式リターン式・5段変速
燃費20.9km/L(WMTCモード値)
新車価格124万3000円(税込)

Kawasaki Z900RS cafe

2017年10月の東京モーターショーに出展され、その年の12月から市販されたZ900RSは、Z1が蘇ったかのようなモデルとして、一躍トップセラーモデルとなりました。

その勢いをかって、2017年11月のEICMA(ミラノショー)に登場したのが、Z900RS初のバリエーションモデル、Z900RS CAFEです。

発売開始は2018年3月で、水冷4気筒エンジンはじめ、基本的な構成はネイキッドスタイルのZ900RSと同じだが、カフェレーサーらしくレトロなビキニカウルやローポジションハンドル、段付きシートなどを装備してます。

2023年モデルで、平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合しています。

【諸元概要】

エンジン水冷並列4気筒
排気量948cc
重量217kg
シート高820cm
最高出力111PS
最大トルク10kgf・m
変速形式リターン式・6段変速
燃費18.8km/L(WMTCモード値)
新車価格146万3000円(税込)

HONDA CB1000R

はじめ、ストリートファイタースタイルのハイパーネイキッドとして2000年代に登場したCB1000R。

その後、ネオレトロ人気の高まりとともに、2017年のEICMA(ミラノショー)で発表されたフルモデルチェンジ版は、往年のカフェレーサーテイストを取り入れたスタイルとななり、2018年4月から日本でも販売されました。

搭載されたエンジンは、CBR1000RR用をネイキッド向けに精セッティングしたもので、6速ミッションのギア比も、市街地やワインディングでのファンライドのためにローレシオ化。

アクセルワークを電気信号で送るスロットルバイワイヤを備え、走行シーンにあわせて4種のライディングモードを選ぶことができ、クイックシフターは、アップ/ダウン両方に対応し、ペダル操作のみでシフトチェンジが可能となっています。

スイングアームは片持ち式のプロアームで、これは前モデルと同じ形式。

日本市場へは、CB125Rが2018年3月から、CB300Rの排気量を軽二輪規格としたCB250Rが同年5月から導入されました。

【諸元概要】

エンジン水冷並列4気筒
排気量998cc
重量213kg
シート高830cm
最高出力145PS
最大トルク10.6kgf・m
変速形式リターン式・6段変速
燃費17.2km/L(WMTCモード値)
新車価格167万900円(税込)

SUZUKI SV650X ABS

2017年の東京モーターショーに参考出品され、同年のミラノショー(EICMA)にて、市販予定車として発表された、「ネオレトロ」スタイルのスポーツバイク

645ccVツインエンジンを搭載したスタンダードスポーツのSV650をベースに、ビキニカウルルックのヘッドライトカウルや、タックロールシート、セパレートハンドルなど、往年のカフェレーサースタイルを取り入れたメーカーカスタマイズドモデルという位置付けです。

2018年初頭からヨーロッパを中心に販売が開始され、同年1月26日からは日本での販売も開始されました。

2022年モデルで、欧州ユーロ5に相当する平成32年(令和2年)排出ガス規制に対応しています。

【諸元概要】

エンジン水冷V型2気筒
排気量645cc
重量199kg
シート高790cm
最高出力72PS
最大トルク6.4kgf・m
変速形式リターン式・6段変速
燃費24.4km/L(WMTCモード値)
新車価格84万7000円(税込)

YAMAHA XSR900

XSR900は、2016年4月に新発売された「ネオレトロ」スポーツモデルで、ベースになっているのは、水冷直列3気筒845ccのエンジンを搭載したMT-09。

その基本性能はそのままに「中身は先進、見た目はレトロ」というキャラクター設定が与えられていたのが、XSR900。

ABS、トラクションコントロール、アシスト&スリッパークラッチを標準装備されています。

2018年モデルでは、平成28年排出ガス規制に適合し、型式が変更されるとともに、エンジン出力が向上(+6ps)し燃費も良くなっていました。

ベースモデルのMT-09が2021年モデルでフルモデルチェンジを受けると、XSR900も2021年11月に新型モデルを登場させました。

MT-09同様に、3気筒エンジンのピストンストローク延長によって排気量を888ccにまで拡大し、フレームも新型のアルミ製デルタボックスを採用。

クイックシフターはアップシフトだけでなくシフトダウンにも対応し、クルーズコントリールも搭載しており、2022年6月から日本市場でも販売されています。

同様のコンセプトでXSR700も選択できます。

【諸元概要】

エンジン水冷並列3気筒
排気量888cc
重量193kg
シート高810cm
最高出力120PS
最大トルク9.5kgf・m
変速形式リターン式・6段変速
燃費20.4km/L(WMTCモード値)
新車価格121万円(税込)

HONDA HAWK 11

HAWK11(ホークイレブン)は、特徴的なロケットカウルを備えたカフェレーサースタイルのロードスポーツとして、2022年4月に発表され、同年9月に発売されました。

搭載しているのは、CRF1100Lアフリカツインやレブル1100、NT1100と同系の並列2気筒1,082ccエンジンで、ロケットカウルという古風なスタイルを持つバイクとして、このエンジンは、セミダブルクレードルフレームに搭載されています。

先に挙げた3機種は、6速マニュアルミッション(6MT)と自動変速のDCTをラインナップしました(NT1100の日本向けはDCTのみ)が、ホーク11は、6MTのみをラインナップ。

電子制御スロットル(ライドバイワイヤ)、エンジン出力やエンジンブレーキなどを制御するライディングモード選択(4タイプ)などのエレクトロニクスデバイスも装備しました。

【諸元概要】

エンジン水冷並列2気筒
排気量1082cc
重量214kg
シート高820cm
最高出力102PS
最大トルク10.6kgf・m
変速形式リターン式・6段変速
燃費21.2km/L(WMTCモード値)
新車価格139万7000円(税込)

いかがでしょうか?

その他のネイキッドバイクをカフェ風にカスタムするのも良いですが、日本のメーカーが現行で販売しているものでもこれだけ選択肢があります。

イギリスから始まったストリートレーサーである「カフェレーサー」は、街中で目立つお洒落なバイクです。

皆さんのバイク選びの選択肢にカフェレーサーを加えてみてはいかがでしょうか?


【関連記事】

コスパ最強のバイク用レザージャケット&パンツはコレ ~ このお値段でプロテクター入りは最高!

バイクにスロットルアシストを付けてみた ~ ロングツーリングで右手が疲れる方必見

SHOEI Z8 はツーリングに最適なヘルメット ~ SHOEI Z8 ユーザーインプレッション

超簡単 バイクカスタム ~ バイクを手に入れたら一番にやりたいカスタム

スズキ Vストローム1050DE発売開始 ~ 悪路走破性を高めた最新アドベンチャー

バイクタイヤ専門ショップSPEEDSTAR ★ バイクのタイヤ交換でおすすめのショップ

ストリートファイターが熱い!★ 高い運動性能を秘めたストリート最強バイク

オールラウンドに使えるおすすめ大型バイク21選 ~1台に絞るならどのバイクが良い?

女性や小柄な人におすすめの21車種 ★ 足つきが良さそうな中型・大型バイク

原付二種バイクが欲しい!★ セカンドバイクにしたい原付二種10車種

これぞバイク!大型ネイキッドおすすめはどれ?☆ 国産現行19台の魅力を徹底比較

国産大型ツアラーバイク13台を比較!☆ ロングツーリングに最適な相棒はどれ?

ホンダ レブル、ヤマハ ボルト、カワサキ バルカンS ☆ 人気の国産クルーザーバイクを徹底比較

バイクのスマホホルダーはこれで十分 ~ Kaedear(カエディア) スマホ ホルダー



-バイク、ツーリング
-, , ,