この記事にはアフィリエイト広告を利用しています

広告 キャンプ、旅行

UCO(ユーコ)フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット ★ 人気の焚火台を買ってみた

ソロキャンプ用の焚火台はどれが良いのか?

バイクでのツーリングキャンプだとあまり重すぎたり大きなものは積載するのが大変です。

それでも見た目にも拘りたい。

ということで、今回私が購入したのは「UCO フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」。

届いたので早速ご紹介します。

今まで使っていた焚火台(ストーブ)

私が今まで使っていた焚火台はノーブランド品。

最近では多くの方が使っている形状のものだと思います。

価格は確か3,000円程だったと思いますが、コンパクトに畳めて割と使いやすいものでした。

ソロキャンの焚火装備 ★ キャンプツーリングでBBQにも使える焚火台(ストーブ)

耐久性としてはまだまだ使える感じですが、キャンプを重ねるとこういったギアにも少し拘りたくなってきます。

何か良いものは無いかと思ってネット上でたまに眺めていたなかで気になったのが「UCO フラットパック」でした。

UCO(ユーコ)とは

UCO(ユーコ)は、アメリカのワシントン州で1973年に生まれたIndustrial Revolution社の代表ブランド。

「灯り」をキーワードにしたブランドで、キャンドルランタンを中心に、LEDランタンや、最近では焚き火関連アイテムからカトラリーまで、アウトドアで使える灯り関連アイテムを取り扱っています。

UCOでもっとも有名なアイテムがキャンドルランタンです。

キャンドルランタンというのは、ろうそくで灯りを灯すランタンのこと。

キャンプのメインランタンとして使えるほど明るくなく、LEDランタンほど使いやすくもないけれども、手元灯として、揺らめく炎の雰囲気に癒される、というのが人気の理由です。

UCO フラットパック

そして、キャンパーの間で人気上昇中なのが、UCOの焚き火台「フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」。

たったの30秒で組み立てられる、設営簡単なアイテムです。

そして収納時には厚さ約3.5cmと非常にコンパクトになり、持ち運びも簡単。

ステンレス製で錆びにくいため、メンテナンスが楽で長持ちすることも魅力ポイントです。

もちろん、燃焼効率もよく、熱を逃がさず調理できる機能性も備わっています。

価格的にも比較的リーズナブルなので、コチラを選んだのですが、商品を見ていると微妙に大きさが違うものが複数ありました。

私が購入したのはフラットパックグリル Mと言う商品(品番27175)でサイズは25×33cm。

価格は8,000円前後といったところ。

欧米規格の30cmの薪なら切らずにそのまま入る大きさです。

他に品番27173という商品がありますが、そちらのほうが少し小さいようです。

また、フラットパックグリル Sはもう一回り小さいので選ぶ際には大きさに注意してください。

UCOフラットパックグリル Mの実物

商品が届いたので早速箱から出して組み立ててみました。

箱からしてカッコイイです。

裏面には取り扱い説明がかいてあります。

中身は

中身はこちら。

UCOのロゴがカッコイイ!

組み立ては至って簡単30秒といいますが、そんなにかかりません。

内側の横の長さ(長いほう)を測ってみると約33cmでした。

これは表示通り。

そしてケースもピッタリしていて安っぽく無いのが良いです。

ケースにもUCOのロゴが入っているので所有欲を満たしてくれますね。

実は、UCOのフラットパックに同封されているステンレス製の網の目が少し粗いというコメントを観るのですが、実際に少し粗く、小さなものを焼くときに落としてしまう可能性があります。

でも、UCOフラットパック用のステンレス網が売っていて、私はすでに使っていたのです。

右がフラットパックにセットになっている焼き網で、左のものが別に販売していた網の目の細かい焼き網です。

大きさは全く一緒なので左の網もフラットパックにピッタリ収まりました。

こちらも買っておいたほうが良いかと思います。

UCOフラットパックの特徴と欠点

UCOフラットパックは、とてもコンパクトにたためて持ち運びに便利。

組み立てもとても簡単なのでソロキャンプには持って来い。

2~3人のキャンプでも十分に活躍してくれるでしょう。

そして、側面が風を受けてくれる作りなので、少しくらいの風ならへっちゃらです。

それに、燃焼効率も良いそうで、これらの理由で人気があるようです。

反対に欠点は、網を乗せた状態だと薪をくべることができない点。

薪を足すには網を持ち上げる必要があります。

UCOフラットパックユーザーのレビューを見ていると、網を半分に切って薪を足すことができるようにしたり、工夫して本体と網の間に薪を入れるスペースを作ったりしているようです。

引用元:焚き火台UCOフラットパックの使い勝手を格段によくする7つのアイテム!100均で揃うものを中心に紹介!

参考:UCO(ユーコ)フラットパックの簡単加工 ~ 30分で使い勝手を格段に向上させる方法

そんな工夫や手間をかけてもUCOのフラットパックを使っているということは余程気に入っているのでしょう。

私はとりあえずこのまま使って、不便があれば工夫をしてみようかと考えています。

(私も簡易改造しましたw)

実際につかってみた

私がした改善方法は焼き網に薪を足すための穴をつけること。

実際に使ってみて思ったのは、設営がめっちゃ簡単。

そして、このキャンプ場の薪は長さ30cmだったので薪を切らなくても問題なく使えました。

改造した焼き網のお陰で調理しながらの薪足しも可能になりました。

かなり使い勝手が良く気に入りました。

そして使い終えたあとは色が変わって風合いがでました。

チタンでもないのにこんなに良い感じの色になったのは少し意外でした。

UCOの焚き火台にして良かったと感じています。

 

これからソロキャンプを始める方、UCO(ユーコ)フラットパック ポータブル グリル&ファイヤーピットは格好よくておすすめです。

 

後日談

UCOのフラットパックは表面と裏面に空気穴がないため酸素不足になって薪が良く燃えてくれないことがあります。

なので、表面を加工して空気穴を空けてあげたほうが良さそう・・・。

あるいはそこの部分に空間ができるようネットか何かを置いたほうが良いのかも。

空気穴をどこにどんな風に開けるか、あるいはそこの部分にどうやって空間を作るかについて思案中。

それが解決するまでUCOフラットパックの使用はお休みです。

 

【関連記事】

コンパクトバーナー用ヒーターアタッチメント ~ 焚火無しで暖を取る方法

100均セリアのミニトングがキャンプで重宝する ~ なんならカトラリーは必要ない?

安くて強くて軽いカッコイイ!ペグはコレ ~ VOFORESTステンレスペグ

キャンプツーリングのおすすめギア公開 ~ キャンツー中級者のお気に入りはコレ

ソロキャンプにホットサンドメーカーは必須!?~ 分離型を買って使ってみたところ

ニチネン缶入り固形燃料がすごく良い!~ 点火・消化も簡単なキャンプの簡単コンロ

キャンプで便利なハンギングラック ~ これがあれば焚火・テーブル周りがスッキリ

NANGOGEARステンレス製 焚き火台 ~ 4台目にして理想の焚き火台に出会えた

OneTigris COMETA ~ 軽量で広くて設営簡単、そして格好いいテント!

超薄型ランタン(虫よけ機能付) ★ キャンツーにピッタリのLEDランタンはコレ!

冬キャンプツーリングのおすすめ睡眠装備 ~ 快適・軽量・コンパクトそして割安

村の鍛冶屋 ステンレス キャンプカトラリー 3本セット ~ これカッコ良し!

スケーター(Skater) 取っ手の取れる2WAY蓋付きスキレット ~ これはカッコ良くておすすめです

西の海キャンプ場 体験レポート ~ 平日キャンパーには願ってもない癒しの空間

UCO(ユーコ)フラットパックの簡単加工 ~ 30分で使い勝手を格段に向上させる方法

初めてキャンプを始めるなら準備は冬か夏から ~ キャンプツーリングで充実したオフタイムを

トレファクスポーツを知らないと損 ~ アウトドア好きならたまに覗くべき

ソロキャンで重宝する固形燃料 ~ その使い方とオススメの固形燃料ストーブ

おすすめ!キャンプのペグ打ちハンマー ~ キャプテンスタッグのソリッドハンマー

iClimbのミニローテーブル ~ 使い勝手の良い軽量ソロキャン用テーブルならコレ!

キャンプで是非持っていきたいノコギリ ~ 折り畳みのノコギリが1本あるととても便利!

モーラナイフを買ってみた ~ この万能ナイフでキャンプがグッと楽しくなる!

バーベキュー用鉄板の塗装が剥がれる ~ 決して不良品ではなく当たり前のことです

焚火に一発着火 ~ これはすごい!簡単に着火できる究極のキャンプギア

焚火の必需品「風防」を買ってみた ~ 「キャンプグリーブ」のアルミ風防はおすすめ!

このコットもしかして最高かも ~ iclimb(アイクライム)軽量コンパクトコット

軽量&コンパクト テント11選 ☆ キャンツー向きテントは?キャンプツーリング入門②

キャンツー用におすすめのシュラフ ☆ キャンプツーリング入門④


-キャンプ、旅行
-, , ,

kouziii ちゃんねるをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む