バイク、ツーリング

女性や小柄な人におすすめの21車種 ★ 足つきが良さそうな中型・大型バイク

身長が高い人はどんなバイクでも乗れて選択肢が多いのですが、女性や小柄な人にとってシートの高さは大きな壁として立ちはだかります。

ローダウンやシートのあんこ抜きなど、あとから調整する方法もありますが限界があります。

今回は、女性や小柄な人が乗り易そうな中型・大型バイク(スクーター除く)をまとめてみます。

 

シート高800mm未満、あまり重量が重いものは非力だと取り回しが難しいため除外しています。

 

なお、原則として国産現行型車種に限定します。

 

これから免許を取ろうと考えている方、免許をとってどのバイクを買おうか悩んでいる方、是非参考にしてみて下さい。



ヤマハ ボルト

いきなり大型ですが、まずは私も乗っていたボルトから。

「ボバースタイルと市街地走行の楽しさ」をコンセプトに掲げ、2013年12月に発売されたBOLT。

空冷式の60°Vツインエンジンをフレームにリジットマウントし、心地よいアメリカンスタイルらしいパルス感をライダーに伝えてくれます。

太いトルクから予想以上の加速性能をみせてくれる楽しいバイク。

重量は少し重いのですが、低重心なので安定感は抜群。

小柄な人にはハンドルが少し遠いので交換をおすすめします。

シート高 690mm
重量 252kg
排気量 941cc
最高出力 54ps
最大トルク 8.2kgf・m
詳細情報

 

ホンダ レブル 250、500、1100

2017年4月発売のレブル250は、「素材感」の強いシンプルスタイルが特徴的。

姉妹モデルとして471cc水冷2気筒DOHCを搭載したレブル500、2021年にはレブル1100も登場。

中でもレブル250は、女性ライダーからの根強い支持を得る人気モデルとなっています。

【レブル250】

シート高 690mm
重量 170kg
排気量 249cc
最高出力 26ps
最大トルク 2.2kgf・m
詳細情報

 

【レブル500】

シート高 690mm
重量 190kg
排気量 471cc
最高出力 46ps
最大トルク 4.4kgf・m
詳細情報

 

【レブル1100】

シート高 700mm
重量 223kg
排気量 1082cc
最高出力 87ps
最大トルク 10kgf・m
詳細情報

 

 

カワサキ バルカンS

2016年モデルに新登場したバルカンS(650cc)は、伝統的なアメリカンクルーザーの枠を軽々と越えたデザインとコンセプトで、カワサキ曰く「ファンライディングアーバンラインナー」。

人気では、レブルやボルトに水を開けられた形となっていますが、人と違うバイクに乗りたい人にはおすすめです。

シート高 705mm
重量 229kg
排気量 649cc
最高出力 61ps
最大トルク 6.4kgf・m
詳細情報

 

ホンダ CB400SF、CB400SB

CB400スーパーフォアが登場した1992年は、アメリカンやネイキッドなどのトラディショナルなスタイルが人気を集めていた時代。

気軽な街乗りから、ロングツーリングも快適にこなし、ワインディングでの攻めた走りまで、トータルバランスの良いバイクです。

2005年からは、ハーフカウルを装備したCB400スーパーボルドールも並行してラインナップされるようになりました。

シート高 755mm
重量 201kg(206kg)
排気量 399cc
最高出力 56ps
最大トルク 4kgf・m
詳細情報詳細情報

※カッコ内はSB(スーパーボルドール)

 

ホンダ CB1100EX

トラディショナルなスタイルのネイキッドとして登場したCB1100のバリエーションモデルとして登場したのがCB1100EX。

CB1100とはタンクの形状が異なり、シートはパターンが入った厚めのものになっています。

ワイヤースポークのホイールを採用し、マフラーは2本出しなど、より「ホンダネイキッドの伝統色」が濃い仕様となっています。

※2021年11月に発売されたファイナルエディションを以て、CB1100EXのモデルヒストリーに幕が下ろされました。

シート高 780mm
重量 255kg
排気量 1140cc
最高出力 90ps
最大トルク 9.3kgf・m
詳細情報

 

ホンダ NC750S

2012年に登場したNCシリーズの高いコストパフォーマンス、好燃費というシリーズの利点はそのまま踏襲し、マニュアルミッションのほか、ABSやDCT(有段式自動変速機)を備えたモデルをバリエーションに持つモデル。

タンク状の部分がタンクではなくラゲッジスペースというのが大きな特徴です。

シート高 790mm
重量 228kg
排気量 745cc
最高出力 54ps
最大トルク 6.9kgf・m
詳細情報

 

カワサキ Z250

Z250は、ニンジャ250のカウルレス、ネイキッドバージョンとされることが多いですが、スポーツツアラーとしてのニンジャ250に対して、Z250はストリートファイター系のパフォーマンスモデルとして、キャラクターを異にしていると言ったほうがより正確でしょう。

シート高 795mm
重量 164kg
排気量 248cc
最高出力 37ps
最大トルク 2.3kgf・m
詳細情報

 

カワサキ Z400

2019年の新型モデルとして登場したZ400は、2018年モデルで一新されたニンジャ400がベースとなっています。

欧米、アジア各国など世界市場向けのモデルとされ、海外でも人気があります。

シート高 785mm
重量 166kg
排気量 398cc
最高出力 48ps
最大トルク 3.9kgf・m
詳細情報

 

カワサキ Z650

2017年モデルとして発売されたZ650は、それまでのER-6n(輸出用モデル)に代わるミドルクラスネイキッド。

上位モデル同様に「Sugomi」デザインコンセプトを取り入れて、これまでの、どこかファニーな印象だったERシリーズからスタイルが一新されました。

シート高 790mm
重量 189kg
排気量 649cc
最高出力 68ps
最大トルク 36.4kgf・m
詳細情報

 

カワサキ Ninja250

 

2008年に登場し、日本にふたたび250ccフルカウルスポーツ人気をもたらしたニンジャ250Rがモデルチェンジし、2013年にデビューしたのがニンジャ250。

中低速域から扱いやすいところはニンジャ250R同様で、大きめのタンク容量とあいまって、ロングツーリングも難なくこなします。

シート高 795mm
重量 166kg
排気量 248cc
最高出力 37ps
最大トルク 2.3kgf・m
詳細情報

 

カワサキ Ninja400

2011年から販売されていたニンジャ400Rの後継モデルとして、2014年に登場したニンジャ400。

2018年モデルでフルモデルチェンジを受けることが、2017年秋の東京モーターショーで明らかとなりましたが、このモデルチェンジは、ニンジャ250同時に行われ、ここにニンジャ400は250と共通のプラットフォームを持つ兄弟モデルとなりました。

シート高 785mm
重量 167kg
排気量 398cc
最高出力 48ps
最大トルク 3.9kgf・m
詳細情報

 

カワサキ Ninja650

日本国内市場に、ニンジャ650という名称のモデルがはじめて投入されたのは、2017年5月発売のニンジャ650 ABSからだったが、海外向けモデルとしては、それ以前から存在していました。

2017年にモデルチェンジして、日本向けのラインナップにも加えられたニンジャ650は、ER-6シリーズ時代のイメージを一新し、同時代のニンジャシリーズに共通した、エッジの効いたシャープなデザインが与えられています。

シート高 790mm
重量 194kg
排気量 649cc
最高出力 68ps
最大トルク 6.4kgf・m
詳細情報

 

カワサキ Ninja ZX25R、ZX25R SE

2019年の東京モーターショーに参考出品され、日本市場へ導入予定も発表されていたニンジャZX-25Rは、翌2020年の9月10日から、その予告通りに日本でも2021年モデルとして発売されたました。

シート高 785mm
重量 183kg(184kg)
排気量 249cc
最高出力 46ps(45ps)
最大トルク 2.1kgf・m
詳細情報  (詳細情報

※カッコ内はZX25R SE

 

カワサキ W800

「美しいモーターサイクルを作りたい」というカワサキの思いを具現化したモデルとして登場したWシリーズ。

一時はラインナップから外れていましたが、ネオレトロブームの追い風の中、2019年3月に復活しました。

シート高 770mm
重量 221kg
排気量 773cc
最高出力 52ps
最大トルク 6.3kgf・m
詳細情報

 

ホンダ CB250R

2018年5月に発売されたCB250Rはカフェレーサーテイストのネイキッドモデル。

開発コンセプトは、「日常の移動を遊びに変える、スポーツロードスター」。

2019年モデルからは、ABSが標準装備され、サスの見直しなどによってシート高が5ミリ低くなっています。

シート高 795mm
重量 144kg
排気量 249cc
最高出力 27ps
最大トルク 2.3kgf・m
詳細情報

 

ホンダ CBR250RR

2017年に発売されたCBR250RRは、アクセル操作を電気信号で伝達する「スロットルバイワイヤ」を採用し、エンジン出力特性は3種類から任意に選択可能スーパースポーツモデル。

シート高 790mm
重量 168kg
排気量 249cc
最高出力 41ps
最大トルク 2.5kgf・m
詳細情報

 

ホンダ CBR400R

CBR250Rがそうであったように、CBR400Rもまた、同じ名称を持つバイクが時代を経て複数回登場したモデルでした。

しばらくなりを潜めていたCBR400Rでしたが、2013年4月、再びホンダの新車ラインナップに、CBR400Rが登場。

スタイルこそ同時代のスーパースポーツCBR1000RRを思わせるものながら、幅広いユーザーが楽しめるファンライドスポーツモデルとなっています。

シート高 785mm
重量 192kg
排気量 399cc
最高出力 46ps
最大トルク 3.9kgf・m
詳細情報

 

 

ヤマハ MT25、MT03

フルカウルスポーツモデルのYZF-R25をプラットフォームにした、ネイキッド仕様として2015年10月に(2016年モデルとして)国内発売されたのがMT-25。

開発のコンセプトとなったのは、「大都会のチーター」。

チーターは獲物を狩るとき、長距離を追いかけることはなく、短距離を機敏に動き回って倒すので、そのイメージは外れていません。

一方、MT03は、2015年10月に発売された(2016年モデルとして)MT-03は、YZF-R3をベースとしたネイキッドスポーツ。

【MT25】

シート高 780mm
重量 169kg
排気量 249cc
最高出力 35ps
最大トルク 2.3kgf・m
詳細情報

 

【MT03】

シート高 780mm
重量 169kg
排気量 320cc
最高出力 42ps
最大トルク 3kgf・m
詳細情報

 

ヤマハ YZF R25、R3

2013年の東京モーターショーでお披露目された「R25」。その市販タイプがYZF-R25です。

249ccの水冷4ストDOHC4バルブ直列2気筒エンジンは、36psの最高出力を毎分12,000回転時に発生させる高回転型ながらも扱いやすく、「毎日使えるスーパースポーツ」というキャッチフレーズにふさわしく乗りやすいスーパースポーツです。

一方、YZF-R3が発売されたのは、2015年4月で、世界市場に向けたグローバルモデルという位置付けでした。

【R25】

シート高 780mm
重量 170kg
排気量 249cc
最高出力 35ps
最大トルク 2.3kgf・m
詳細情報

【R3】

シート高 780mm
重量 170kg
排気量 320cc
最高出力 42ps
最大トルク 3kgf・m
詳細情報

 

 

スズキ GSX250R

GSX250Rは、2017年4月に発売されたフルカウルスポーツ。

街乗りで多用する中低速域での扱いやすさを重視していますが、キビキビと走るスポーツバイクです。

シート高 790mm
重量 181kg
排気量 248cc
最高出力 24ps
最大トルク 2.2kgf・m
詳細情報

 

スズキ SV650、SV650X

SV650は、1999年の初代登場以来、実用性と運動性、そしてコストパフォーマンスのすべてを高いレベルで両立するスタンダード車として海外では不動の地位を獲得したモデルです。

なお、SV650XはSV650をベースに、ビキニカウルルックのヘッドライトカウルや、タックロールシート、セパレートハンドルなど、往年のカフェレーサースタイルを取り入れた「ネオレトロ」スタイルのスポーツバイクです。

シート高 785mm(790mm)
重量 197kg
排気量 645cc
最高出力 76.1ps
最大トルク 6.5kgf・m
詳細情報詳細情報

※カッコ内はSV650X

 

いかがでしょうか?

気になるバイクはありましたか?

 

多少のシートの高さはローダウンで解決できるので、ショップの店員さんに聞いてみると良いでしょう。

もし現行型で気に入ったものがなければ、ラインナップから外れた車種の中古車も併せて検討してください。




【関連記事】

これぞバイク!大型ネイキッドおすすめはどれ?★ 国産現行19台の魅力を徹底比較

国産大型ツアラーバイク13台を比較!★ ロングツーリングに最適な相棒はどれ?

-バイク、ツーリング
-, , ,

© 2021 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。