バイク、ツーリング

これぞバイク!大型ネイキッドおすすめはどれ?~ 国産現行19台の魅力を徹底比較

最近はバイクの人気度が上昇中。

教習所もかなり混んでいるようです。

そんなバイクの中でも特に人気があるのが、Ninjaなどのスーパースポーツ。

確かに流れるようなフォルムを持ったフルカウルSSはカッコ良いとは思います。

 

とはいえ、セパハンで長距離ツーリングはしんどい部分があるのも事実。

ちょっとした転倒でもカウルが割れてしまうとそれなりの修理コストがかかります。

そもそもバイクは利用者の用途によっていくつかの種類に分類されます。

スポーツレプリカ、オフロード、ツアラー、クルーザー、ネイキッド、ストリートファイター、アドベンチャー、スクーターなど

多くの種類があるのはメーカー側がユーザーの好みや用途などによって相応しいバイクを作っているからです。

ツアラーは長距離ツーリングでは使い勝手が良いですが、車重が重いものが多いため普段のチョイ乗りにはあまり向かなかったり、

クルーザーは足つきが良く直線を走るのに向いていますが、タイトなカーブが連続する峠道をテンポよく走るようには作られていません。

オフロードやアドベンチャーバイクはシート高が高く作られているので足付きが不安など、どれも一長一短があります。

用途ごとに複数のバイクを所有できるのが一番良いのですが、コストの問題や駐車スペースの問題で1台に絞らなければいけないという方が多いと思います。

【関連記事】

原付二種バイクが欲しい!~ セカンドバイクにしたい原付二種10車種

女性や小柄な人におすすめ ~ 足つきが良さそうな中型・大型バイク

 

 

ネイキッドバイク

ネイキッドバイクは、本来すべてのバイクのベースになっています。

ネイキッドバイクをレース走行に向くようにカウルを付けてハンドルを低く短いものに変えたりしていった結果スポーツタイプのバイクに進化していきます。

ネイキッドバイクを自分なりにカスタムしていけば、ある程度幅広い用途に利用できるので1台持ちでいろんな用途にバイクを使いたいという方に一番おすすめなのはネイキッドバイクと言っても良いでしょう。

 

おすすめ現行大型ネイキッドバイク

ネイキッドバイクのなかでも大型になれば高速安定性も優れていますし長距離走行もお手のもの。

タイトなコーナーが連続するような山道も臆することなくこなすことができます。

高速走行で走行風がキツければ、ビキニカウルやウインドシールドを付ければある程度解決できますし、ハンドルやステップを変えることでスポーツ走行向きにすることも可能です。

ネイキッドバイクと言っても車種は様々ですが、それぞれどんな特徴があるのか?

旧車ファンも多いとは思いますが、今回は国内の正規ディーラーで新車を購入することができる現行国産車種に絞ってご紹介していきましょう。

なお、ストリートファイターと言われる車種もネイキッドとして紹介しています。

 

HONDA CB1300 SUPER  FOUR

引用元:HONDA公式サイト

ご存じホンダのフラッグシップモデルである「CB1300 SUPER FOUR」、BIG1の愛称で親しまれる大型ネイキッドバイクの代表格。

1300ccという大排気量の水冷4気筒エンジンを搭載し、抜群の安定性と力強いパワー&トルクでフラットに加速していく気持ちの良さがあります。

パーツの細部まで詰められた車体は、その名声とともに乗る人の所有欲を十分満たしてくれます。

シートも上質でニーグリップもしやすいので高速走行でもコーナリングでも快適な走りを楽しむことができる大人のネイキッドバイクと言えるでしょう。

重量が266kgと重く取り回しに少し苦労するので普段使いにはあまり向かないかもしれません。

ハーフカウルが付いたツアラーモデルの CB1300 SUPER BOLD'OR (スーパーボルドール)も選択することができます。

【諸元概要】

エンジン:水冷並列4気筒

排気量:1284cc

重量:266kg

シート高:780mm

最高出力:113ps/7750(PS/rpm)

最高トルク:11.4/6250(kgf・m/rpm)

変速形式:常時噛合式6段リターン

燃費:28.0km/h(国土交通省届出値:定地燃費値・2名乗車)

新車価格:¥1,562,000(メーカー希望小売価格・税込)~

 

HONDA CB1000R

引用元:HONDA公式サイト

ネイキッドの中でストリートファイターの部類に入る大型ネイキッドバイク CB1000R、ホンダでは「ネオスポーツカフェ」と称しています。

丸型LEDヘッドライトにボリューム感のあるタンク、マスの集中化を図った結果、凝縮されたデザインで作りも上質、大人が乗るに相応しいネイキッドバイクと言えます。

スポーツカフェと謳うだけあって、ハンドル位置は少し低めなのでポジションは少し前傾気味。

重量200kgそこそこで最高出力145ph馬力、最大トルク10.6kgを発生するところはかなり高い戦闘力を感じさせますが、お値段とシート高も少し高め?です。

取り回しはかなりし易そうで、市街地、ワインディングなど、シーンを選ばず楽しめる大型ネイキッドバイクだと思います。

 

【諸元概要】

エンジン:水冷直列4気筒

排気量:998cc

重量:212kg

シート高:830mm

最高出力:145ps/10500(PS/rpm)

最高トルク:10.6/8250(kgf・m/rpm)

変速形式:常時噛合式6段リターン

燃費:22.5km/h(国土交通省届出値:定地燃費値・2名乗車)

新車価格:¥1,670,900(メーカー希望小売価格・税込)~

 

HONDA CB650R

引用元:HONDA公式サイト

こちらも「ネオスポーツカフェ」をコンセプトにしているので、スタイルは1000Rと大きな違いはありません。

このクラスは2気筒が主流のなかで貴重な4気筒エンジンを搭載。

CB1000Rとあまり変わらないボディサイズ、重量なので性能的には少し物足りない感じもしますが、実用域では十分なパフォーマンスを発揮します。

大型ネイキッドバイクの中では、乗り味は比較的マイルドで、シート高もそれほど高くないので、女性から大型バイク初心者の方まで、乗り手を選ばず楽しめるネイキッドバイクだと思います。

 

【諸元概要】

エンジン:水冷直列4気筒

排気量:648cc

重量:201kg

シート高:810mm

最高出力:95ps/12000(PS/rpm)

最高トルク:6.5/8500(kgf・m/rpm)

変速形式:常時噛合式6段リターン

燃費:31.5km/h(国土交通省届出値:定地燃費値・2名乗車)

新車価格:¥979,000(メーカー希望小売価格・税込)~

 

HONDA CB1100

引用元:HONDA公式サイト

「ネオクラッシック」ブームの流れの中でホンダが送り出した大型ネイキッドバイク CB1100。

スタイルはホンダ伝統のレトロなスタイリングとし、フィンが美しい空冷エンジンを搭載しています。

ネイキッドにしては重めの重量ですが、シート高は低いので乗ってしまえばそれほど重さを感じることはないと思います。

現行型は6段変速が採用されていて、低回転型のエンジンは6速だと2000回転で時速80km、3000回転で時速100kmに達するため高速走行でも気負うことなく走れるエンジンに仕上がっています。

今では珍しくなった荷掛けフックなども付いているので、普段使いからツーリングのときなどに重宝するのでは無いでしょうか?

シリーズには、より質感を高めたCB1100EXやCB1100RSがありますので併せてご検討下さい。

ちなみに私も大型ネイキッドバイクを選んでいるときに一度はCB1100を検討していました。

 

【諸元概要】

エンジン:空冷直列4気筒

排気量:1140cc

重量:255kg

シート高:780mm

最高出力:90ps/7500(PS/rpm)

最高トルク:9.3/5500(kgf・m/rpm)

変速形式:常時噛合式6段リターン

燃費:31.3km/h(国土交通省届出値:定地燃費値・2名乗車)

新車価格:¥1,254,000(メーカー希望小売価格・税込)~

 

HONDA NC750S

引用元:HONDA公式サイト

大型二輪の教習者にも使われるNC750シリーズ。

最大の特徴はタンク部分にヘルメットも格納できる21リットルものラゲッジスペースがあることです。

それに大型バイクの中では圧倒的なコストパフォーマンス。

価格もさることながらレギュラーガソリン仕様で燃費も大型バイクの中では抜きんでて良いのです。

なおかつETCやグリップヒーターも標準装備というから驚きです。

スペックを見ると「えっ、大型なのに・・・」と思う方もいるかと思いますが、実用域ではとてもトルクフルな走りを見せてくれます。

多少のメカノイズが気になるという方もいますし、細部の仕様は価格なりだったりしますが、実用性が高いことも含め安心して乗れる一台です。

大型初心者の方やゆったりとツーリングを楽しみたい方、実用性重視の方におすすめです。

 

【諸元概要】

エンジン:水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒

排気量:745cc

重量:218kg(DCT:228kg)

シート高:790mm

最高出力:54ps/7500(PS/rpm)

最高トルク:6.9/5500(kgf・m/rpm)

変速形式:常時噛合式6段リターン(電子式6段変速:DCT)

燃費:42.5km/h(国土交通省届出値:定地燃費値・2名乗車)

新車価格:¥759,000(メーカー希望小売価格・税込)~

 

Kawasaki Z1000

引用元:Kawasaki公式サイト

往年の名車Z1を彷彿とさせる4本出しマフラーが印象的な大型ネイキッドバイク Z1000。

「凄みデザイン」と言われるデザインも含めストリートファイターと呼ぶに相応しい一台です。

中低速を重視したエンジンセッティングは4000回転あたりまでは至ってジェントルでフレンドリーな印象さえ感じます。

しかし6000回転あたりからの加速は強烈で生半可な気持ちだと振り落とされそうなほど、このバイクのポテンシャルを発揮させるためにはそれなりの覚悟と腕前が必要になるかも。

まさに「漢カワサキ」の大型ネイキッドバイクと言えます。

 

【諸元概要】

エンジン:水冷並列4気筒

排気量:1043cc

重量:220kg

シート高:815mm

最高出力:141ps/10000(PS/rpm)

最高トルク:11.3/7300(kgf・m/rpm)

変速形式:常時噛合式6段リターン

燃費:23.0km/h(国土交通省届出値:定地燃費値・2名乗車)

新車価格:¥1,171,500(メーカー希望小売価格・税込)~

 

Kawasaki Z900

引用元:Kawasaki公式サイト

2020年にマイナーチェンジが行われたZ900。

フロントデザインが一新され、カラー液晶を採用したメーター、トラコンやドライブモードも採用されています。

スポーティーな走りをこなす一方で、技量に関係なく誰にでも扱いやすいので市街地からツーリングまで幅広くこなす良くできた大型ネイキッドバイクです。

私も候補にいれていたバイクでした。

比較的お求めやすいプライスも含めてオススメの大型ネイキッドバイクです。

 

【諸元概要】

エンジン:水冷並列4気筒

排気量:948cc

重量:213kg

シート高:800mm

最高出力:125ps/9500(PS/rpm)

最高トルク:10.0/7700(kgf・m/rpm)

変速形式:常時噛合式6段リターン

燃費:24.0km/h(国土交通省届出値:定地燃費値・2名乗車)

新車価格:¥1,100,000(メーカー希望小売価格・税込)~

次のページへ >

-バイク、ツーリング
-, , , ,

© 2021 kouziii ちゃんねる Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。